テクテクめぐる縁がわアートin南三陸
2015年は9/20-21の2日間開催します

EngawaFlierA

出会いと交流を柱にした、小さなアートイベント。のどかな里山で民家の「縁がわギャラリー」を結ぶコースをスタンプラリーでつなぎます。
2015年のテーマは

「里山の音に耳を澄ませて」

【内容】

ウィも実行委員をつとめる「縁がわアート」ももう3度目の開催。祭り囃子をバックに、自然の音や言葉のひびき、リズムや音楽を楽しむ企画や展示がそろいました。今年はキッズプログラムも充実しているほか、町内の独自な活動を発表する場にもなっています。

 

シルバーウィークはぜひ南三陸町入谷を訪れて、テクテク歩いてみてください。

 

詳しくはこちらのプログラムをご覧ください。
縁がわアートの歩き方

 

縁がわアートとは?〜アートの力で町のタカラを再発見

縁がわは、ご近所さんが気軽に声を掛け合い、内と外とがまじわる場所。そこは、風がとおる場所でもあります。風通しの良い縁がわでは、アートを媒介に町の魅力がいっそう輝き、町内外の交流がいっそう進むきっかけを生んでいます。

 

開催地となる南三陸町入谷地区は、豊かな伝承と民話のふるさと。古くは採金、江戸時代には伊達藩の絹の産地として栄えました。田んぼと元養蚕農家の入母屋造が点在する里山をぐるり囲んで、うっそうとした森が広がっています。その光景は日本昔話の舞台さながら。

 

Engawa2

 

この地区の伝統行事入谷八幡神社大祭「入谷打囃子」(9/20)にあわせて行われます。黄金色の田んぼの中を進む飾り山車からお囃子が鳴り響く美しいお祭りは、江戸時代中期にはじまり、県の無形文化財にもなっています。
 

Engawa1

開催要項

[日時]9月20日(日)、21日(月・祝) 10:00〜16:00
[場所]宮城県南三陸町入谷地区 入谷八幡神社周辺の民家をつなぐ散歩コース
[案内所]展覧会会期中YES工房脇に設置(〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷中の町227)

 

主催:「テクテクめぐる 縁がわアートin南三陸」実行委員会(南三陸復興タコの会、NPO法人ウィメンズアイ、ほか)
後援:社)南三陸町観光協会、入谷公民館、グリーンウエーブ入谷構想促進委員会
実行委員長:榊美江(入谷八幡神社 神主)