女性たちが力をつける活動

女性たちが地域やコミュニティ、社会的事業で力を発揮するために、
必要な知識を学び、仲間とつながり、視野を広げる機会を作っています。

地域女性リーダー、
コーディネーターの育成

2015年3月、国連防災世界会議のプレイベントで世界各国の草の根コミュニティリーダーが集う「国際地域女性アカデミー」を南三陸町に誘致。 当アカデミーに参加する東北被災3県の次世代女性たちへの研修を実施しました。コミュニティ・レジリエンスを支えるネットワークを作っています。

マンスリーサポーター100人募集キャンペーン
5/16(土)〜6/30(火)

投稿日:2020年5月16日

地方で生きる女性のしあわせを作る力、震災から学んだ女性視点の大切さを全国に広げていきたい。共感し、一緒に未来をひらいてくれるマンスリーサポーター(月額定額寄付者)を100人募集します。

ウィメンズアイはこれからも活動を続けていきたい
東日本大震災復興支援の活動がウィメンズアイの始まりですが、震災から10年目のこれから、南三陸町での地域団体として、また、ここを拠点に日本じゅうの地方に暮らす女性たちをエンパワーする団体として活動を続けていく決意を新たにしました。地方の女性が生き生きすることは必ず、日本の元気につながっていきます。
復興関連の助成はほとんどなくなり、活動資金を得るために行ってきた自主事業やチャリティイベントも新型コロナウィルスの影響で軒並み中止にせざるを得なくなり、活動は困窮するばかりです。
5/16から6/30まで、寄付サイトSyncable上でサポーター100人を集めるキャンペーンを行います。
どうか、私たちをご支援ください。

  • キャンペーンサイトはこちら
  • 期間中、毎日活動報告と、メッセージを発信します。今までチャレンジしたことのない、動画での現地レポートや、メッセージ配信もFacebook動画配信で行います。
    Facebookでのシェア、Twitterでのリツイート、Instagramでの「いいね」も是非ともよろしくお願いします。

  • ウィメンズアイのFacebookページはこちら
  •  


    ローカル女子と未来をひらくプロジェクト

    投稿日:2020年5月10日

    ローカル女子と未来をひらくプロジェクト

    先の読めない時代。ウィはローカルで周りの課題にゆっくりと確実に向き合う女性たちとともに歩んできました。岩手・宮城・福島での学びとネットワーク「グラスルーツ・アカデミー東北」の経験を引き継ぎ、地域の暮らしを良くしたいと草の根活動を行う女性たちを力づける「根っこ」のエンパワーメントに取り組むプロジェクトを開始しました。コロナ危機の折、予定したプログラムの一部をオンラインに切り替えながら実施していきます。

    プレスリリース

    特定非営利活動法人ウィメンズアイ(宮城県本吉郡南三陸町、代表理事 石本めぐみ)は、2019年7月より、東北をはじめとした日本各地のローカルで活動する女性を対象とした3年間の「ローカル女子と未来をひらくプロジェクト」を開始しました。

    課題先進国といわれ、既存の構造が揺らいでいる現代日本。なかでも近年頻発している自然災害は、平時の問題をあぶり出し、課題を一歩先の困難に直面させます。
    一方、危機に際して女性がその視点を生かしてリーダーシップを発揮し、課題に取り組むケースも増えてきました。わたしたちウィメンズアイが、東日本大震災後の被災地で出会い、ともに歩んできたのも、ローカルで一歩踏み出した「日常のアントレプレナー」女性たちでした。

    行動する彼女たちは、同時に問題も抱えています。
    ローカルではジェンダー問題は根強く、今も多くの女性たちがみずからの潜在能力をいかせずにいます。また、家族をはじめとする周囲との関係性に悩むのも特徴です。

    私たちウィメンズアイは、すでにアクションを開始している若い世代(16歳〜45歳)の女性たちを支援するプログラムとして、

    *自ら導く力
    *影響を与える力
    *レジリエンス

    を身につける「根っこ」のエンパワーメントに取り組みます。具体的には、

    1:2019年7月〜2022年6月にかけて3年間にわたるエンパワーメント・プログラム実施
    2:これまでの活動から得た知見を整理し、webコンテンツとして発信
    3:ロールモデルの発信と、次世代へつなぐため子どもたちへの出前授業

    を行います。活動の範囲は、宮城県、福島県、岩手県の3県を皮切りに、日本の各地域へ広げていく予定です。

    世界経済フォーラムが2019年に発表した「ジェンダー・ギャップ指数」では、調査対象の世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)と過去最低になりました。特に、各界でのリーダー女性不在が大きく響いています。

    社会の構造的な問題と文化との葛藤によって活躍を阻まれている女性たちが、自ら考えて決め、怖れを乗り越え、凹んでもしなやかに戻る力を持つことが、意思決定の場に参加する女性たちの裾野を広げ、閉塞感のある日本社会を変えていくと確信しています。

     


    [仙台]12月21日 (金) W20Japan〜対話集会と意見提出のご案内

    投稿日:2018年12月13日


    来年3月のG20に向けて、ウィメンズアイ代表の石本めぐみがW20の委員のひとりをつとめています。
    東北では特に、女性による起業、中小企業、地方格差に関するご意見を収集いたしております。
    (続きを読む)

    [南三陸] グラスルーツ・アカデミー東北 2018 in 宮城
    11月9日(金)〜11日(日)開催 一般聴講枠のご案内

    投稿日:2018年11月7日

    地域で活動する若い世代の女性のためのネットワークづくりと学びの場「グラスルーツ・アカデミー東北」。2018年度の今回は、主催のNPO法人ウィメンズアイの拠点である宮城県南三陸町で開催いたします。
    (続きを読む)

    投稿日:2018年2月19日

    TOMODACHI 東北グラスルーツ・リーダーシップ
    アカデミー supported by J.P. モルガン 2018 in LA

    特定非営利活動法人ウィメンズアイは、2015年2月にスタートしたグラスルーツ(草の根)・アカデミー東北事業の一環として、初の米国ロサンゼルス研修を行いました。
    東北のために活躍している、次世代をリードする女性たちが、事業継続の知識を高め、ますます地域での影響力を持てるよう、スキルアップすることを目的にしています。
    この研修は、J.P.モルガンに協賛いただき、TOMODACHI イニシアチブを通じて実現しました。

    (続きを読む)


    TOMODACHI 東北グラスルーツ・リーダーシップ・アカデミー
    supported by J.P. モルガン 2018 in ロサンゼルス

    投稿日:2018年2月9日

    2月4日から11日までTOMODACHI Tohoku Grassroots Leadership Academy by J.P. Morgan in Los Angelesを開催します。
    (続きを読む)


    [東京] 3月7日 (火) シアトル研修報告会
    @新宿ロクシタンカフェ

    投稿日:2017年3月1日


    2月1日から一週間、リーダーシップ研修に行って参りました。
    東北からの参加者を招いて、どんなことを得てきたのか、発表します。
    (続きを読む)

    投稿日:2016年9月7日

    「グラスルーツ・アカデミー東北」2016 in 福島
    8/5, 6, 7に開催しました

    アカデミー福島2016
    「グラスルーツ・アカデミー東北」は、東北3県(宮城、岩手、福島)の次世代を担う女性が集い、学び合い、ネットワークを構築する場。
    国連防災世界会議(2015年3月)のプレイベントとして東北3県40名、アジア、中南米など世界10カ国から15名の女性リーダーの為の国際研修を南三陸町で開催したのを機に東北でスタートしました。

    (続きを読む)


    「グラスルーツ・アカデミー東北」2016
    in 福島 合宿セミナー 8月5日(金)〜7日(日)

    投稿日:2016年7月9日

    academy_group

    地域で活動する若い世代の女性のためのネットワークづくりと学びの場
    (続きを読む)

    投稿日:2016年3月5日

    国際地域女性アカデミー「グラスルーツ岩手
    アカデミー2016」2/12, 13に開催しました

    academy6
    グラスルーツ東北アカデミーは、東北3県(宮城、岩手、福島)の次世代を担う女性たちが集い、他者から学び、自分の経験を他者への貢献とし、みずからの成長につなげる場です。2015年3月の国連防災世界会議のプレイベントとして東北3県40名、アジア、中南米など世界10カ国から15名の女性リーダーの為の国際研修を国際NGOホワイロウ・コミッションと南三陸町で開催したのを機にスタートしました。

    (続きを読む)