コミュニティをサポートする活動

コミュニティの小さな種を育てます。
地域に求められる「集まり」を、ヒアリング、声かけ、場づくりでスタート。
自主運営までをサポートしています。

南三陸手づくりと
クラフトのネットワーク

南三陸町や近郊で、手芸品やクラフト雑貨、食品などを製造し、小規模に販売している方々を、勉強会や交流会の開催などを通じてつなぐ活動を行っています。南三陸町観光協会とともに、南三陸手づくりマルシェのバックアップも行っています。

[東京] 7月19日 (木) 南三陸×女川 3団体連携報告会
人とひとを紡ぐ — 今被災地で求められている事 —

WEが南三陸町に事務所&拠点をかまえて1年半。復興の「発展期」と位置付けられている今、現地はどんな課題を抱え、どんなことが求められているのか。南三陸町の「さとうみファーム」、女川町の「コミュニティスペースうみねこ」さんとともに合同報告会を開催することになりました。WEからは、栗林が登壇します。

7/19 @東京 南三陸町・女川町での活動を報告します

当時、東北へボランティアに行かれた方、気にはなっているけれど足を運べていないという方、
その後の現地の情報がなかなか見えなくなっている今、ぜひわたしたちの話を聞きにいらしてください。

 

今、東北の被災地で求められていること

「人とひとを紡ぐ」

東日本大震災から8年目の被災地、宮城県女川町、南三陸町。
緊急支援から立ち上がった3団体は今、地域に根ざし、困難に向き合いながら新たな役目を果たしつつあります。求められているのは、知恵を共有し、人とひとの力をより合わせていくこと。ぜひ現場からの声に耳を傾け、東北の今を知り、新たな縁を紡いでください。そして、わたしたちを訪ねてきてください。

 

【当日プログラム】

18:00 開場、各団体販売ブースオープン
18:30 開会のごあいさつ
    団体からの報告(各15分)
19:15 パネルディスカッション
    「8年目の夏を迎え、東北の被災地でもとめられていること」
     ファシリテーター:田尻佳史(日本NPOセンター特任理事)
20:10 各団体ブースにて、質問と販売
20:30 閉会のごあいさつ

 

  • Facebookのイベントページ
  •  

     

     

  • チラシダウンロード
  •  

    お問い合わせは、こちらの主催3団体にお願いいたします。
    会場には、各団体の各団体の販売コーナー、写真展示コーナーもございます。

    【主催団体】

    ————————————————————–
    一般社団法人さとうみファーム(南三陸)
    http://satoumifarm.org
    「わかめ羊」の牧場で、今まで地域にないあたらしい仕事と子どもの遊び場をつくっています
    登壇者
    代表理事 金藤克也
    販売ブース:南三陸羊毛グッズ、羊グッズなど
    ————————————————————-
    一般社団法人コミュニティスペースうみねこ(女川)
    http://onagawa-umineko.jp/
    果樹園と加工品・手工芸で、シニアの元気と交流の場づくり、地元の雇用をつくっています
    登壇者
    代表理事 八木純子
    販売ブース:草履、ゆめ玉、唐辛子、いちじく茶ほか
    ————————————————————-
    NPO法人ウィメンズアイ(南三陸)
    http://womenseye.net
    女性が力をつける講座と悩み相談、パン菓子シェア工房とマルシェでの小さな仕事作り等を行っています
    登壇者
    事務局長 栗林美知子
    販売ブース:菓子、ジャム、草木染めグッズなど

    開催要項

    [日時]2018年7月19日(木)18:30〜20:30
    [場所]アーツ千代田3331 (東京都千代田区外神田6-11-14)
       銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分、千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
       


    [南三陸町] 6月3日 (日) ひころマルシェ 2018 初夏開催します

    おいしい・楽しい・すこやかなくらしをこの土地で。
    緑豊かな南三陸町入谷(いりや)「ひころの里」で、オーガニック志向のマルシェを開催します。
    おいしいランチ、いっぱい走れる子どもあそび場、太陽光電源のライブステージなどなど、心も体ものびやかにピクニック気分で1日のんびり楽しめます。

    日時: 2018年6月3日(日) 10:00〜15:00
    場所: ひころの里野外(宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)
     

  • 入谷(いりや) 「ひころの里」へのアクセス
    お車の場合 三陸道三滝堂ICより国道398号線を志津川方面に約10分、信号をすぎ、「ひころの里」看板を左折
    公共交通機関 最寄りの公共交通機関は、BRT志津川駅(ミヤコーバス志津川)
    町内の二次交通はレンタサイクル、レンタカー、タクシーとなります。
    詳しくは(一社)南三陸町観光協会のサイトをご参照ください。https://www.m-kankou.jp/access/
  •  

     

    チラシダウンロードページ1

     

     

    チラシダウンロードページ2

     

     

     

     

     

    開催要項

    [日時]2018年6月3日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里野外
     (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)
    [主催]ひころマルシェ実行委員会
    [事務局]うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
      南三陸町入谷字山の神平10-1
      TEL/FAX: 0226-25-9517(担当:中島)
      メール:hikoromarche@womenseye.net
    [共催]ひころの里
    [協賛]AMITA(株)、飯塚電気商会、及善蒲鉾店
    [後援]南三陸町、(一社)南三陸町観光協会
    [協力]入谷公民館、校舎の宿さんさん館、YES工房、(一社)南三陸研修センター


    [南三陸町] 6月3日 (日) ひころマルシェ 2018 初夏
    ボランティア大募集/ご協賛のお願い

    おいしい・楽しい・すこやかなくらしをこの土地で
    6回目を迎えるひころマルシェ、一緒にこの場を作り上げてくださるボランティアスタッフ、支えてくださるご寄付・ご協賛を募集します!

    ボランティア募集

    開催までの準備ボランティア
     

  • 準備DAY 5/15(火)、5/20(日)
  •   ・飾りづくり/備品の準備/チラシ発送ほか
     

  • 直前準備 6/1(金)、6/2(土)
  •   ・地元の竹や南三陸杉を使った、手作りの子どもあそび場作り/竹でステージづくりほか

     

    当日のボランティア
     

  • 6/3 (日)
      ・子どもあそび場スタッフ/出店店舗サポート/誘導、案内ほか
  •  

    終了後には、楽しいアフターパーティーもあります(会費制)。旅行がてらのボランティアも大歓迎(宿泊、移動、ご相談に乗ります。)

     

    ボランティア参加のお申し込みはこちらのフォームからどうぞ

     

     

     

     

    ご寄付、ご協賛のお願い

    支えてくださるみなさまのおかげで、事務局運営、子どもたちのあそび場ほかマルシェを豊かにするサイドイベントを開催できています。こちらの要綱をご覧のうえ、なにとぞご協力をお願い申し上げます。

     

     

  • ご協賛のお願いダウンロード
  •  

    ひころマルシェに関するお問い合わせはこちらまで

     

    事務局▶うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
        TEL/FAX: 0226-25-9517(担当:中島)
        メール:hikoromarche@womenseye.net

    主催 ▶ NPO法人ウィメンズアイ(WE)
         南三陸町入谷字山の神平10-1

     

    開催要項

    [日時]2018年6月3日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里野外
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ うみさと暮らしのラボ
         


    [南三陸町] 10月8日(日)第5回 ひころマルシェ
    2017 秋開催しました。

    「この土地でつづく暮らし、いっぱい走れる子どもあそび場」を合い言葉に、10月8日、2017秋のひころマルシェを青空のもと開催することができました。支えてくださったみなさん、本当にありがとうございます。

     

     

     

    ★★★出店コーナーの内訳★★★

     

    【飲食・パン・菓子】

    ビーンズくらぶ(南三陸)/ぬくもり工房(南三陸)/NEWS STAND SATAKE(南三陸)
    ここむぎ(南三陸)/コーポ306(南三陸)/ひころの里 ふれあい茶家(南三陸)
    WE×ひころの里 おにぎり屋台(南三陸)/WEの食ラボ スープ屋台(南三陸)/みんなのカフェtetote(登米)
    峠の市(石巻)/ficelleパン工房(石巻)/禾食や Kajikiya(美里)/Sawa(大崎)
    Bagel&Bread spica(利府)/台灣喫茶 慢瑤茶(蔵王)/MIKAMIFARM(青森) 
     

    【体験、販売】

    株)佐久&Yes工房(南三陸)/ロケットストーブキッチン(南三陸)
    みなみさんりくブックス(南三陸)/ワーカーズコープ南三陸(南三陸)
    Atelier  Cocozera&佐藤工務店(南三陸)/漁師の似顔絵屋さん(南三陸)/南三陸里の家halo(南三陸)
    さとうみファーム(南三陸)/株)山建重機(南三陸)/ダーニング講座(事務局)
    Tシャツヤーンで遊ぼう(事務局)/落ち葉ガーランド(事務局)/紬 - tumugu -(登米)
    奏海の杜 みんなの広場にこま〜る(登米)/ラズモネ里山(登米)/新田地区活性化協議会(登米)
    バルーンたかしくん(気仙沼)/森と草花(大崎)/heidi(大崎)/IRia(亘理)
    10Ma editing of the earth(仙台)/にがおえりんご(仙台)/工房虹波(東松島)

    【広場とステージ】

  • ヨガ
  • 子どもあそび場
  • ダンボール草すべり、藁でトトロの迷路、シャボン玉、竹カッポ、竹馬、フラフープ、縄跳び、木っ端の積み木

  • HiCO ROCK ステージ
  • 出演者(加藤一行、亀井桃 from プリマドンナ、佐藤亮平+平林真百合、ずるやすみバンド)
    ダンス(奏海の杜 みんなのひろばにこま〜る)
      

     

    里山のまんなかにぽこっと広がるひころの原っぱ。ここに、たくさんの楽しい、おいしい笑顔が溢れ、草滑りで遊ぶ子どもたちの歓声、ステージプログラム「HiCO ROCK」の音楽が心地よく響きわたる1日でした。
    みんなの力があってはじめて生まれる場です。準備段階から実行委員に名乗りをあげてくれたメンバー、大正大学地域創生学科の学生たちをはじめとした多くのボランティア、出店者の方々、地域の方々の力を感じました。出店者に環境や循環への意識の高い方が集まってくださっていること、この地域で一歩を踏み出した女性たち・若者たちの姿が多く見られること、お客さんに子育て世代が多く集まっていることも特徴です。この土地で暮らしていく未来をみつめながら、次回、2018年の春〜初夏に第6回を開催できることをめざします。

     

     

     

     

     

  • ひころマルシェ2017秋開催報告ダウンロード
  •  

     

  • ひころマルシェ2017秋開催報告写真編ダウンロード
  •  

    開催日時:2017年10月8日(日) 10:00〜15:00
    場所:南三陸町入谷 ひころの里 野外会場
    主催:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
    共催:南三陸町ひころの里(入谷ふるさと振興会)
    事務局:(NPO法人ウィメンズアイ内プロジェクト)
    後援:南三陸町、(一社)南三陸町観光協会
    協力:入谷公民館、YES工房、(一社)南三陸研修センター
    協賛:飯塚電気商会様(ステージ太陽光発電)、(株)及善商店様(来場者用駐車場)
    (有)三浦ガス設備様、(株)佐久様、(株)山建重機様、(株)山藤運輸様、デザイン・バル 太齋様
    (株)佐広自動車様、さかい内科・胃腸科クリニック様/高橋昌希様

    来場者数:総数1182名(スタッフ77名、当日ボランティアスタッフ37名 含む)
    出店コーナー: 43


    [南三陸町] 10月8日 (日) ひころマルシェ 2017 秋


    ひころマルシェ2017秋、出店者決定しました。
    ひころマルシェは「この土地でつづく暮らし」をコンセプトに、「ひころの里」の原っぱで毎年2回開催している、大人も子どもも楽しめる手づくりのマルシェです。

    里山里海の暮らしを楽しむお店が集まりました

  • 農産品、水産品・加工品。とくに、有機や、減農薬など、体にやさしく持続可能な生産方法をめざして、こだわっているもの。
  • 体にやさしく美味しい、カフェや、ランチのコーナー。
  • 天然繊維、木、紙、石など自然素材をいかした手工芸品や衣料品、生活用品など。
  • 「自然にふれる」「天然素材を使う」「もったいない、エコ、リサイクル」などを形にする手づくりワークショップ。
  • 心とカラダに「ほっとする」をもたらす、癒しの時間・空間。
  • 地球にやさしい知恵の実践。なるべくゴミになるものを出さず、環境負荷の低い出店。
  •  

     

     

    ひころマルシェの出店に関するお問い合わせはこちらまで
    [事務局]
    うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
        TEL/FAX: 0226-25-9517(担当:中島)
        メール:hikoromarche@womenseye.net

     

     

  • ポスターダウンロード
  •  

    協賛のお願い

     

    開催要項

    [日時]2017年10月8日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里野外
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ うみさと暮らしのラボ
         


    [南三陸町] 6月4日(日)ひころマルシェ2017 初夏
    開催しました。

    おいしく・楽しく・すこやかな暮らしをこの土地で
    ひころマルシェ2017初夏、6月4日(日)に開催しました。

     

    「ひころマルシェ」は、『この土地でつづく暮らし』にこだわるオーガニック志向のマルシェです。子どもたちがいっぱい走って遊べるひろばもあります。南三陸町内や近郊、そして少し遠いところからもマルシェに共感してくれたすてきな出店があつまりました。4回目の今回から野外ステージでのライブも登場しました。

     

    【会場全体の様子】

    当日、なんとかお天気が持ちました! 予定通り、原っぱでの開催。
    手づくりの飾り付けでお迎えします。

     

     

     

    【オーガニック、いろんな出会いと交流がありました】

    おいしい食事をめがけて、食事の時間帯が最もにぎわいました。ウィメンズアイの運営するシェア加工場「パン・菓子工房ウィ」の利用者たちによるパンの屋台では、ウィ及び利用者3グループが地域の食材を活かしたパンを販売。青森、福島などから野菜や果物、加工品をもってかけつけてくれた出店者も。

     

     

     

    【ライブステージ】

    Hico ROCK(ひころっく)と名付けたステージで、4バンドが演奏、ひころの里に優しい音が響きました。電源は、登米の電気屋さんにお願いしてソーラーパネルでまかないました。ステージは、地元・入谷の竹を切り出して、大工さんに教わりながらみんなで設営しました、移住組の大工スキルがあがっていてびっくり! 

     

     

     

     

    【子どもあそび場】

    WEのコーディネーターを中心に、町内のお父さんやボランティアさんたちによる手づくり遊具(竹カッポ、竹馬、輪っかくぐり、竹わたり、木っ端の積み木)、お絵かき、巨大シャボン玉、フラフープ、ダンボール草すべりなどなどを準備して、自由に遊べるひろばとなりました。
    近郊の若者たちによるボランティアサークル・ピースカンパニーがプレイリーダーを務めてくれたおかげで、子どもたちが走り回り、のびのび遊ぶ声が一日じゅうひびいていました。さとうみファームの羊も来てくれました。あそび場のそばでは、のんびりピクニックする家族連れの姿が。

     

     

     

     

     

    【ワークショップ】

    地元棟梁とせんだいヤタイのコラボで、南三陸杉を使った屋台を組み上げるワークショップ、(株)佐久さんとYES工房さんによるスタンプづくり、その他、ロケットストーブや陶芸など多彩なモノづくり体験がおこなわれました。

     

     

     

     

     

    お客さんで来てくださったのは、町内のほか、登米、石巻、気仙沼などの近郊の方々。仙台からも。出店者の方や、Facebook、口コミで知ってくださった方が多かったようです。
    「こんなに良い場所があるなんて知らなかった」という近郊の方の声や、「仙台に行かないとこんなイベントはないのかと思っていた」という町内の若い女性の声も嬉しかった。
    初夏の1日、みんなそれぞれにゆったりした時間を楽しんでいました。
    次回の「ひころマルシェ」は秋、10/8(日)を予定しています。

     

    ここで続く暮らしにこだわる「ひころマルシェ」をはじめ、南三陸町を拠点にオーガニックなひとともののつながりをきずき、里山里海のめぐみを活かした暮らしをつくる人たちと「うみさと暮らしのラボ」プロジェクトをすすめています。
    Facebookページはこちら。マルシェ以外にも、講座や交流会などを随時開催しています、どうぞご参加ください。

     

    ★★★出店してくださったみなさん★★★

     

    【事務局出店】

    WEのスープラボ
    そめらぼ  
    せんだいヤタイ×WE ひころ屋台をつくろう 
     

    【事務局企画イベント】

    HicoROCK ライブステージ 
    子どもあそび場  
    羊とあそぼう

    【南三陸】

    ロケットストーブキッチン  
    ワーカーズコープ南三陸  
    ふれあい茶家  
    わたあめコーナー  
    株)佐久&YES工房  
    さとうみファーム  
    atelier cocozera
      

    【登米】

    tetote  
    紬-Tumugu-  
    ソトヨガ  
    Nicconico  
    薬膳体質改善

    【気仙沼】

    ほどーる  
    ゆりらく  
    ボアラズ  
    ファーマーズシフォン屋
      

    【石巻】

    峠の市  
    月日工作舎  
    りばあす陶房
      

    【大崎】

    森と草花
    Sawa    
    るりは
      

    【栗原】

    十文字商店  

    【美里】

    まーどれ  

    【利府】

    Bagel&Bread spica

    【秋保】

    御独楽處廣井  

    【松島】

    kamenoki natural soap  

    【仙台】

    森のようちえん 虹の森  
    BAR&EVENT HOLE Tiki-Poto

    【蔵王】

    台灣喫茶 慢瑤茶 

    【丸森】

    スローバブックス
    天然藍染 伽藍

    【亘理】

    IRia

    【福島】

    きぼうのたねカンパニー

    【青森】

    MIKAMI FARM

    【東京】

    こすみ郵便局  

    【神奈川】

    よっしーのお芋屋さん 

     

    開催日時:2017年6月4日(日) 10:00〜15:00
    場所:南三陸町入谷 ひころの里 野外会場
    主催:NPO法人ウィメンズアイ
    共催:南三陸町ひころの里管理事務所
    事務局:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内プロジェクト)
    後援:(一社)南三陸町観光協会
    協賛:飯塚電気商会、さかい内科・胃腸科クリニック

    来場者数:930名 総数1030名(スタッフ、出店者含む)

    当日ブース数 計43
    スタッフ:事務局WEスタッフ4名、ボランティアスタッフ28名(うち、ピースカンパニー7名、UE3名)


    [南三陸町] 6月4日 (日) ひころマルシェ 2017 初夏


    今年も開催いたします。
    「この土地でつづく暮らし」をコンセプトに、里山・里海のめぐみをいかして、おいしく・楽しく・すこやかな暮らしをつくろうというマルシェです。
    4回目の今回から野外ステージでの生演奏も登場です。

    カラダによい美味しい食べもの、有機農法や減農薬の野菜や果物、天然素材・循環型のモノづくり、体験ワークショップ、癒しの空間、環境にやさしい知恵の展示、こどもたちがわくわくできる子どもあそび場など魅力的な出店が今年も集まってきました!

    子どもも大人も出店者もみんなが心から楽しめるマルシェです。
    ぜひ遊びにきてください。

     

  • おいしい食べ物
  • ピクニック広場
  • 癒しの時間
  • 暮らしとおしゃれ
  • つくるたのしみ
  • いっぱい走れる子どもあそび場
  • 森のようちえん
  • あおぞらライブ
  •  

     

     

  • ちらし表面ダウンロード
  • ちらし裏面ダウンロード
  •  

    開催要項

    [日時]2017年6月4日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ うみさと暮らしのラボ
         


    10月9日(日)ひころマルシェ2016秋
    開催しました。

    hikororeport
    直前までの雨と曇り空にひやひやしましたが、ステキな出店者さんたちに支えられて、おいしく楽しい、にぎやかなマルシェになりました。
    設営や撤収、駐車場の誘導、事務局お手伝い、子どもあそび場のスタッフなど、縁の下の力持ちになってくださったボランティアのみなさんに本当に大感謝です。

    本部テントは前回に引き続き、アースデイ東北さんが建ててくださいました、ありがとうございます。

     

    honbu1

     

    honbu2

     

    honbu3

     

    入谷のおばあちゃんの味、手づくりの麹の甘酒はおかわりに来る子どもたちもいて大人気。おいしいパンやランチのブースも!

     

    tezukuri1

     

    tezukuri2

     

    tezukuri3

     

    手づくり品の販売、木工や草木染め、廃品をつかってのアップサイクルなど多彩なワークショップ。

     

    workshop1

     

    workshop2

     

    workshop3

     

    ひころマルシェといえば、子どもあそび場! ジュニアリーダーのお兄さんお姉さんたちもボランティアに来てくれました。ひつじふれあいコーナーでは吉田麻子さんの糸紡ぎワークショップ。

     

    kodomo1

     

    kodomo2

     

    kodomo3

     

    いちばん目を引いたのは、株式会社 鳥 さんによる、スズメバルーン! 風が強かったので短い時間でしたがみんな大興奮。肩チュンbirdのワークショップも。

     

    tori1

     

    tori2

     

    tori3

     

    ひころの里の松笠屋敷では「おらほのくらふと展」、ふれあい茶屋ではおいしい珈琲、新米おにぎり、わたあめのほか、ひころの里の裂き織りなどの手仕事品が。

     

    oraho_1

     

    oraho_2

     

    次回の開催は、2017年5月ごろを予定しています。3月ごろから出店説明会などをはじめていきまので、ホームページ、Facebookページ、配布のチラシなどでご確認ください。

     

  • ひころマルシェとは?
     南三陸町入谷のひころの里で開催する里山マルシェ。
     テーマは「おいしく、楽しく、すこやかな暮らしをこの土地で」
     ここには、みどりがいっぱいの原っぱと、森があります。気持ちいいそよ風が吹き抜けます。
     「ひころマルシェ」を通じてつくっていきたいこと
     ・自然のめぐみを活かしたくらしの知恵を見直し、伝えること
     ・いろんな世代のみんなが子どもたちを見守るやさしい空気
     ・近くや遠くの町との知恵のやりとり、行ったり来たり、人のつながり
  •  

    てづくりの食べもの、オーガニックの野菜やくだもの、天然素材をいかしたクラフトやワークショップ、癒しマッサージなどの出店を歓迎しています。

     

    ★★★出店してくださったみなさん★★★

     

    【事務局Presents】

    株式会社 鳥 スズメバルーン、鳥バッチ、肩チュンbirdワークショップ
    吉田麻子 羊毛糸紡ぎワークショップ&さとうみファームの「ふれあいひつじコーナー」
    油搾りコーナー

    【ひころの里】

    松笠屋敷 手芸 さき織り体験、くらふと展
    ふれあい茶家 ごはん 新米のおにぎり
    ふれあい茶家外 スイーツ わたあめ

    【登米】

    tetote スイーツ・サンドイッチ
    紬-Tumugu- 刺し子・野菜
    手しごと屋kaori 暮らしの布もの
    ラズモネ里山 草木染めワークショップ
    手づくりのお店sowaka 手づくり雑貨
    伊豆沼農産 フランクフルトほか
    HAIJI 米粉スイーツ
    癒し空間〜和(あい)〜 癒し マッサージ

    【南三陸】

    WE×ぴかぴか 野菜たっぷりスープ
    ぬくもり工房 甘酒、麹
    ロケットストーブキッチン 焼き芋、焼き野菜
    佐武商店 本屋さん、古本屋さん
    Coccinella 布小物、お直しカフェ
    Mon Pays Natal クロワッサン
    aimaki タイ料理
    泰東丸 ホタテごはん
    いろいろ箱 木工ワークショップ
    南三陸里の家Halo 森のようちえん
    おとうふワーカーズ とうふ
    ハンドメイドmamoi 布小物
    ヨガ 佐々木さん ヨガワークショップ

    【石巻】

    まっはの写真やさん 記念写真
    アトリエArt-2 ステンドグラスワークショップ
    U.C.P アップサイクルワークショップ
    ficelleパン工房  パン
    Chez Setta スイーツ 焼き菓子

    【気仙沼】

    ほどーる 着物生地小もの
    ゆりらく 編み物、クリスタルボウル

    【東松島】

    工房虹波 手芸・手しごと

    【栗原】

    結(ゆい) 手芸・子ども用雑貨

    【大崎】

    Sawa パン、サンドイッチ、玄米おにぎり

    ひころマルシェ 2016秋
    日時:2016年10月9日(日)10:00〜15:00
    場所:南三陸町入谷 ひころの里 野外会場
    主催:NPO法人ウィメンズアイ
    共催:南三陸町ひころの里管理事務所(入谷ふるさと振興会)
    事務局:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ)
    入場者数: 543名
    当日出店数: 計38
    事務局スタッフ: 24名(うち、WEメンバー6名、南三陸応縁団ボランティア4名、志津川高校ボランティア1名)
    子ども遊び場スタッフ20名(うち、登米ジュニアリーダー14名、シニアリーダー2名)

    10月9日 (日) ひころマルシェ @南三陸町入谷

    hikoro1

    おいしい、楽しい、すこやかなくらしを、この土地で
    緑ゆたかな「ひころの里」で開催する里山マルシェです。

    からだにやさしいとれたての野菜、発酵食品、
    手塩にかけた地産品でつくる手づくりのごはん、パンや焼き菓子
    昔の知恵と新しい工夫でつくる、天然素材の服や雑貨、道具、おもちゃ
    リサイクルやリメイクで大事に楽しく使う知恵
    陶芸や羊毛のワークショップ、草木染め、ステンドグラス、などなど

     

    広いはらっぱには、森のようちえんや、子どもあそび場が登場。竹馬や、竹かっぽなど懐かしい遊びも。
    おじいちゃんおばあちゃん世代から、ママパパ世代、ワカモノ、子どもたちまで、みんなが楽しめるマルシェです。
    hikoro3

     

    hikoro2
    WEのプロジェクト「うみさと暮らしのラボ」が事務局を担当しています。

     

     

     

  • ちらし表面ダウンロード
  • ちらし裏面ダウンロード
  •  

    事務局PRESENTS その1

    鳥、鳥、鳥で遊ぼう!

     

  • 10:00~ワークショップ①
  •  「革でつくろう! ポンポン♪チョキチョキ♪ 鳥バッチ」 参加費500円

  • 11:00~ワークショップ②
  •  「肩チュンbird」 参加費:1500円 定員4名

  • 12:00~ワークショップ①
  • 13:00~パフォーマンス スズメバルーン
  • 14:00~ワークショップ②
  •  

    suzume

     

  • 教えるひと:株式会社 鳥
  • 鳥に興味を持つ人が増えてほしい!という思いから2010年に株式会社 鳥を設立。
    『鳥ならなんでも、なんでも鳥に。』がモットー。
    製品やワークショップを中心に、何でも鳥に結びつけて提案中。

     

    事務局PRESENTS その2

    羊毛体験コーナー

  • ワークショップ
  •  「くるくるコマで初めての糸つむぎ」
      11:00~、14:00〜
      参加費:1000円

     

    spindle

     

    世界各地で行われているごくごくシンプルな糸紡ぎの方法です。
    このほか、紡ぎ車での糸紡ぎなども体験できます。

     

  • 教えるひと:吉田麻子さん
  •  羊毛作家、織物作家。新潟在住。

     

    hitsuji

     

    歌津さとうみファームから羊もやってきますよ。

    開催要項

    [日時]2016年10月9日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ うみさと暮らしのラボ
         この事業は平成28年度みやぎ地域復興支援助成金を受けています


    5月22日 (日) ひころマルシェ @南三陸町入谷

    HikoroPhoto

    おいしい、楽しい、すこやかなくらしを、この土地で
    緑ゆたかな「ひころの里」で開催する里山マルシェです。

    からだにやさしい、とれたての野菜やくだもの
    手塩にかけた手づくり食品、パンや焼き菓子
    昔の知恵と新しい工夫でつくる、天然素材の服や雑貨、道具
    リサイクルやリメイクで大事に楽しく使う知恵
    陶芸ワークショップ、草木染め、藍染め、ハーブのワークショップなどなど

     

    広いはらっぱには、森のようちえんや、子どもあそび場が登場。竹馬や、竹かっぽなど懐かしい遊びも。
    歌津の牧場からは、子羊たちもやってきます。
    おじいちゃんおばあちゃん世代から、ママパパ世代、ワカモノ、子どもたちまで、みんなが楽しめるマルシェです。

     

    事務局のWEは、不用な傘の生地を使うCASA PROJECTのワークショップと、熊本震災応援チャリティブースを担当します。

     

    Hikoro

     

  • ちらしダウンロード
  •  

  • 事務局 PRESENTS
    ワークショップ
    CASA PROJECT
  •  傘の生地でヘアゴムをつくろう!

     *好きな色で作れます
     *蝶ネクタイにもできます
     *親子で参加できます

     

     参加費: 500円 30分程度
     10:00〜12:00、13:00〜15:00
     予約は不要です

     

  • CASA PROJECTは「不用になった傘を新しく生まれ変わらせるプロジェクト」
  •  不用になった傘を集めています。
     当日、会場にお持ちください。

     

  • 教えるひと:HOUKO
     京都生まれ、東京造形大学大学院デザイン研究領域修了大学時代からCASA PROJECTを行なう。
     気仙沼在住。
     http://casaproject.com
  •  

    CASAProject

     

  • 熊本震災応援チャリティブース

     今回の売り上げは経費を除き、WEとご縁のある南阿蘇村「たねまきハウス」の活動に寄付します。
     http://tanemakihousett.greenwebs.net

  •  

    Facebookのイベントページで、出店者情報を発信中です。
    https://www.facebook.com/events/221528898220412/

    開催要項

    [日時]2016年5月22日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ