2022年5月-7月《WEメルマ!》第65号

投稿日:2022年8月17日

2020年春のコロナ登場以来、2年延長したグラスルーツ・アカデミー東北の海外研修をようやく開催することができました。米国でのコロナ収束のタイミングを見計らって、のはずが、後から振り返ると結果的にはちょうど日本では第6波と第7波の端境期。まさか第7波が到来するとは……。万全の準備はしたものの、安全に開催できて本当に良かった。ありえないことが次第に日常になっていく。そんな時代が来ているんでしょうか。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
:::気仙沼市「アクティブウーマンズカレッジ第6期」スタート。第5期を5/20 朝日新聞取材していただきました
:::WEの年次総会を開催しました
・WEニュース短信
::: 小さなたがい市、町公式動画チャンネルで紹介
:::少額助成「コミュニティ・アクション2021」終了、シェア会を開催:::
:::  南三陸町「子育てハッピープロジェクト」、役場との話し合い、聞き取りを始めました
:::  気仙沼での拠点「神山ベース」が始動します
・WEレポート
::: グラスルーツ・アカデミー東北inバークレー、2年の延期を経てようやく開催できました

・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ〈女性と女の子の相談窓口〉開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
・COMADO更新中 インスタライブ開催しました

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::お知らせ:::
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

::: ”いつか”やってみたいを”今から”始めませんか?~気仙沼市「アクティブウーマンズカレッジ(AWC)第6期」スタートしました
2021年度に続き、2022年度も気仙沼市から委託を受け、18歳~40代の気仙沼市在住または在勤・在学女性の一歩を応援する連続講座を企画・運営することになりました。
*2021年度第5期の講座については、朝日新聞の連載記事「女性のリーダーシップ教育:2」(5月25日掲載)でも取り上げていただきました。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15304417.html

第6期は7月24日(日)に第1回講座を新月公民館で開催しました。今年度も定員を超えた応募をいただき、16名でのスタートです。
開講式では市長から、アクティブウーマンズカレッジへの想いや受講生への応援メッセージをお話いただきました。開講式後には、自己効力感(セルフ・エフィカシー)のアンケートを行いました。AWCの講座を通して、はじめと終わりで自分自身にどんな変化があるのか、みんな楽しみにしています。

:::WEの年次総会を開催しました
NPO法人ウィメンズアイはこの6月4日に9周年を迎え、去る7月29日に年次総会を開催。2021年度年次活動報告、決算報告、2022年度事業計画、予算案が承認されました。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::WEニュース短信:::
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
::: 小さなたがい市、町公式動画チャンネルで紹介
南三陸町公式「南三陸なうチャンネル」の新企画【月刊36ニュース~南三陸のキッズが町のニュースをお届け】で4月に結の里で開催した小さなたがい市の様子が紹介されています。ぜひ動画をご覧ください。
https://youtu.be/LBbAkE8VvyI

:::少額助成「コミュニティ・アクション2021」終了、シェア会を開催
6月12日(日)、WEのコミュニティ・アクション2021の助成対象となった5名の実施報告を兼ねたオンライン・シェア会を行いました。異なる分野の活動の中にも共通した課題があり、お互いのチャレンジ経験が良い刺激になりました。1年弱、伴走してきたスタッフとしても、参加者の変化の声を聞くことができた嬉しい時間でした。今年度の事業内容は以下となります。
・コスモス小さなエコマルシェ(岩手県釜石市)
・大人の学び舎29楽校【暮らしとアートと科学】(福島県会津若松市)
・アーティストインリサーチ気仙沼(宮城県気仙沼市)
・ドゥーラカフェ・ドゥーラサロン(岩手県釜石市)
・商店街内部の動画プロジェクト(宮城県蔵王町)

:::  南三陸町「子育てハッピープロジェクト」、役場との話し合い、聞き取りを始めました
復興庁の地域づくりハンズオン支援事業の採択を受け、南三陸の子育て環境の改善と子育て世代のエンパワーメントを目指します。今回のプロジェクトのきっかけとなったのは、今年2月「南三陸の子育てを考える会」の女性3人が子育てママたちに独自にアンケートを行い、子育てしやすい町にするための63の要望書を提出したことでした。当事者の声を受けて、まずは子どもの預かりサービスの実現に向け、ニーズ調査を実施するべく、役場との話し合いを進めています。

:::  気仙沼での拠点「神山ベース」が始動します
WE気仙沼プロジェクトでは、NPO法人「人間の安全保障フォーラム(HSF)」の【誰一人取り残されない気仙沼】の一環である気仙沼市内での居場所づくり事業に参画しています。7月に市内中心地神山地区にある1軒家の賃貸契約をHSFが行いました。小中学生が誰でも気軽に立ち寄れる居場所として、気仙沼での女性のエンパワーメントの拠点として、神山ベースのこれからに期待してください。
*NPO法人「人間の安全保障フォーラム」の【誰一人取り残されない気仙沼】についてhttps://bit.ly/3MrVQfT

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::WEレポート:::
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
::: グラスルーツ・アカデミー東北inバークレー、2年の延期を経てようやく開催できました
2015年の第3回国連防災世界会議のプレイベントをきっかけに、岩手、宮城、 福島の若手女性のエンパワーメントを目的として開催してきたウィメンズアイの研修プログラム「グラスルーツ・アカデミー東北」。本来、2020年度の事業として企画していた3度目の海外研修は、猛威を振るうCOVID-19により度々の延期を強いられてきました。
しかし、日本での蔓延が小康状態となり、欧米がウィズコロナ政策を鮮明にし始めた2022年春に、6月の開催を決断。今回の研修テーマ「社会変革と地域民主主義」およびサブテーマとなる環境問題からの学びを得るにふさわしい参加者を、過去のアカデミー参加者と参加者からの推薦で一人一人地道に声かけするところから始めました。
この状況下での海外研修参加には、ただでさえ家族や身近な人たちの理解を得る難しさがあるところに、地域の人たちからの視線、米国入国に必須のワクチン接種回数、そして、最終的には決断の結果を自分が引き受ける責任を負うという、過去回の海外研修以上のハードルがありました。それを越えて「学びたい」という純粋な意図で参加を決めてくれたみなさんには感謝と尊敬の念でいっぱいです。

国内研修と合わせ通算11回目となるこの研修では、第10回研修グラスルーツ・アカデミー東北in福島で「つながりを取り戻すワーク」*のプログラム設計とファシリテーションを行なってくれた齊藤由香さんの拠点であるバークレーで、教育、食、環境、共生、差別、起業などの分野での市民による自発的な活動の現場を訪ね、対話を行いました。地域での活動と市民の参加意識がやがて、政策を動かし、システムを少しずつ変えてきたベイエリアでの成功体験を見聞きする一方、混迷を深める世界で新たに生まれ続ける問題、自分の地域でどうしていきたいのか。ワークを通して深く語り合い、仲間を見つけ、歩み続ける力を得た1週間となりました。

*つながりを取り戻すワーク
仏教学者・環境哲学者でありアクティビストのジョアンナ・メイシーによって開発されたワークショップ。生命持続型社会を目指す世界中の人々に影響を与えている。

〈概要〉
日程:2022年6月19日(日)― 6月26日(日)
研修地:米国カリフォルニア州バークレーおよびベイエリア
テーマ:社会変革と地域民主主義
参加者:岩手・宮城・福島で活動する20代~40代の女性11名
*過去のグラスルーツ・アカデミー東北参加者および、推薦による
ウィメンズアイ同行スタッフ:2名(石本めぐみ、塩本美紀)
助成:米日財団、シャネル財団
プログラム設計:NPO法人ウィメンズアイ、齊藤由香

近日中に、レポートをウィメンズアイのHPに順次アップしていく予定です。私たちがベイエリアで受け取ってきた熱を、レポートから是非感じてください。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
~南三陸町・登米市・気仙沼圏域にお住まいの方へ~
〈女性と女の子の相談窓口〉
心に抱えているものを安心できる場で話してみませんか。
専任の女性相談員が応じます。 相談無料です。
?電話相談
ホットダイヤル  TEL 080-9256-0035 (相談窓口専用)
通常相談 利用時間 13:00-18:00 (平日のみ。日・祝日除く)
夜間相談 第2・第4火曜のみ18:30~21:00 (祝祭日は除く)
?出張相談(気仙沼市・登米市) ※事前予約制 まずはホットダイヤルまで
?助産師さんによる相談 ※事前予約制 まずはホットダイヤルまで
協力:にじのわ助産院
?生理用品の無料配布

詳しくはこちらのページをご覧ください。メール相談(南三陸町・登米市・気仙沼にお住まいの方)の受付もしています。
https://womenseye.net/joseitojoshi
※この事業は、宮城県から受託して実施しています。

相談員の紹介
中村雪子(産業カウンセラー、コミュニケーションスキルアップ講座)
栗林美知子(国家資格キャリアコンサルタント)
菊田あや(産業カウンセラー)相談員からの通信「yukimichiだより」発行しています。WEのウェブサイトからどうぞ
https://womenseye.net/

こちらの活動に対してのご寄付は、個人・法人とも寄付金控除等の税制優遇の対象となります。なにとぞ、みなさまの温かいお気持ちをお寄せください。
寄付サイトはこちらです。
https://giveone.net/supporter/project_display.html?project_id=20337

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
パン・菓子工房oui(ウィ)だより

7月の大雨の被害で、予定していた仙台のイベント出店を中止したことで、早朝から焼き上げたパンを急遽通販することに決め、SNSで呼びかけたところ、沢山の方から連絡をいただきました。普段SNSをしない地元のお客様も工房にかけつけて下さり、スタッフが驚いていると、町外にいるご家族がSNSを見て、ご実家に連絡を入れて下さり、そのあとはお友達に電話をかけて下さったとか。海外に暮らしている方からも日本の友人に送れますか、と連絡いただいたりと、朝の心配が杞憂に終わって安堵すると同時に、改めて応援して下さっている方とのつながりにスタッフみんなで感謝する一日となりました。ありがとうございました。

(栗林美知子)

【うみさと工舎 オンラインストア】
通パンことオンラインストアでパンの通販を行なっています。
パンの定期便では、毎月、焼きたてパンを冷凍してお届けします。
通常の「ウィのパンセット」は、定番パンセット2000円、ワカメとパンのセット3000円、お試しパンセット3000円(全て、送料別)
https://umisatokosha.thebase.in/categories/2512064

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
/////ローカル女子と未来をひらく~COMADO~/////
ローカル女子100人インタビュー、現在50名のインタビューを掲載中
https://comado.womenseye.net/interview/
7/3、初めてのインスタライブ「ローカル女子と未来をひらくプロジェクト~COMADOサイトでの、ローカル女子100人インタビュー、50人達成のお祝いしよう!」を開催。福島の取材とコーディネーターをお願いしている鎌田千瑛美さんによるインタビューで、編集長の塩本と、南三陸所長の栗林がお話ししました。近日、テキスト公開予定。
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
〔5月~の活動報告〕
5/12 LA日本領事館主催Roundtable Discussion for the LA Next Generation women & diversity group登壇(石本)
5/16 りあんの会/ヨガ
5/19 小さなたがい市@入谷大船/さんサンポートプロジェクトmtg
5/23、24 事務所の天井ペイント
5/27 相談事業勉強会
5/30 りあんの会/ヨガ
5/31 被災者支援CD事業気仙沼エリアミーティング
6/2 麗澤大学 NPO論 講師(石本)
6/8 地域づくりハンズオン支援事業オンラインmtg
6/12 NPO学会「NPO・市民活動は女性・ジェンダー にどのように向きあうべきか」登壇(石本)/コミュニティ・アクションのシェア会
6/13 りあんの会/ヨガ6/16 小さなたがい市@戸倉
6/19-26 グラスルーツ・アカデミー東北inバークレー
6/27 りあんの会/ヨガ
6/29 ラジオ気仙沼電話出演
7/5 福島大学 オンライン講師(栗林)
7/6 宮城大学 講師(栗林)
7/11日 青森県男女共同参画センター主催「まちづくりセミナー・公開講座」@五戸町 講師(栗林)/りあんの会/ヨガ
7/13 出張相談(志翔学園)
7/16-18 気仙沼インタビュー調査(石本・米倉)
7/19 モーリーン先生
7/20 出張相談(志翔学園)
7/21 Workshop on Diversity in Disasters including participants@東北大学(栗林)
7/21 小さなたがい市@歌津伊里前
7/24気仙沼アクティブウーマンズカレッジ第6期第1回
7/25 りあんの会/ヨガ
7/27 東洋英和 オンライン講師(栗林)
7/29 ウィメンズアイ年次総会
7/30 こ・あきない市出店@tsumiki利府

〔8月~の活動予定〕
8/8 ヨガ
8/12-15 WE夏休み
8/12-18 気仙沼インタビュー調査(石本・米倉)
8/22 ヨガ

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::WEの活動をご支援ください:::
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
女性のまなざしで地域を元気に! みなさまのご支援が私たちの活動の力です。
ご寄付はこちらのページから https://syncable.biz/associate/womenseye/donate/
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
編集後記
7/11、青森県五戸町でのまちづくりセミナー・公開講座「この場所で、自分らしく、かがやく」で理事の栗林がお話しました。初めて訪れる町でしたが、なんと、5年前に開催した「WEと一緒に小さなナリワイ塾」にわざわざ青森から参加して、オープンしたばかりのシェア工房を見学に来てくれた2人が暮らす町だったのでした。当時は地域おこし協力隊だった2人が、今もさまざまなな活動を行なっていて、町を案内してくれたそう。こんな再会は本当に嬉しいですね。
そんな青森が大変な雨に見舞われて心配しています。このごろ毎年、夏になると、誰かの暮らす場所を心配してばかり……。
(塩本美紀)
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷字山の神平10-1
https://womenseye.net
info@womenseye.net

facebookで情報発信しています。ページへのいいね!が3000に達しました!
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/


2022年2月-4月《WEメルマ!》第64号

投稿日:2022年5月6日

東日本大震災から11年の3月は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻という衝撃的な出来事のさなかとなりました。
5月1日現在、ロイターによれば死亡者推定は最低でも4.6万人、避難民は最低でも1273万人を超えています。
難民の多くは女性や子どもたちです。これまでWEでは、命と暮らしを中心に据え地域女性の活動を応援してきました。いかなる理由であっても、戦争という暴力によって罪のない人々の命と暮らしを奪うことを許してはなりません。
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
::: 東北の女性たちによるストーリーテリング『災害とレジリエンス』、映像を公開しました

・WEニュース短信
::: 3月13日、オンライン報告会を開催しました
:::雑誌「うたかま」vol.66(季刊 農文協発行)に掲載していただきました
:::シングルマザー調査プロジェクト、課題別レポートをアップしました
::: WE気仙沼プロジェクト、ひとり親調査を開始しました

・WEレポート
::: 気仙沼市アクティブ・ウーマンズ・カレッジ第5期 、無事に修了しました。後半レポートダイジェスト

・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
・COMADO更新中

(さらに…)

2021年11月-2022年-1月《WEメルマ!》第63号

投稿日:2022年2月16日

年末からのオミクロン 株の流行がなかなか止まりません、予定していたイベントなどもしばらくは様子を見ながらの開催になりそうです。COVID-19に翻弄される2020年、2021年でしたが、2022年こそはもっと自由にいきいき動ける年にしたいものです。きっと、あと少し。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
:::ウィメンズアイのビジョン、ミッションを新しくしました
:::WEの相談事業へのご寄付を募集、GiveOneを通じて寄付金控除等税制優遇対象に

・WEニュース短信
女性のためのほっとスペースを毎月開設してします
::: 月に一回の助産師さんの無料相談日はじめました
::: 2021年度コミュニティアクション助成対象者(公募)を決定しました

・WEレポート
:::新理事兼南三陸所長に栗林美知子、新事務局長に五十嵐光が就任しました

・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
・COMADO更新中
(さらに…)


2021年7-10月 《WEメルマ!》第62号

投稿日:2021年10月28日

吹き荒れたCOVID-19の嵐もようやく下火となりつつあります。この間、コロナ禍で悩みや不安を抱える女性・女の子に向けての宮城県の「みやぎの女性つながりサポート型支援事業」が立ち上がり、宮城県内を5つの地区に分け相談窓口を設けました。WEはその中で県北地域(気仙沼市、登米市、南三陸町)を担当しています。深刻な相談が次々に寄せられています。これまで行ってきたシングルマザー調査プロジェクトと合わせ、今後、社会がコロナから回復していく過程で置き去りにされる人たちのないよう目を配っていく必要があるようです。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
・・気仙沼市アクティブ・ウーマンズ・カレッジ第5期、WEが企画運営します
・・ WEのブックレット刊行しました
・・建築家・隈研吾さんによるチャリティプロジェクトの支援先に選んでいただきました
・・「世界津波の日」にちなみ、映画「TSUNAMI LADIES」のオンライン上映イベント
・・11/14ひころマルシェ、オンライン併用で小規模開催

・WEニュース短信
・・シングルマザー調査プロジェクト、1年間の調査を終え、続行の計画
・・コミュニティアクション、初めての一般募集
・・「みやぎの女性つながりサポート型支援事業」を受託しました
・・南三陸所長の栗林が社会教育研究会で発表いたしました
・・書籍「復興から学ぶ市民参加型のまちづくり?」が刊行されました

・WEレポート
・・新理事兼南三陸所長に栗林美知子、新事務局長に五十嵐光が就任しました
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
・COMADO更新中

(さらに…)


2021年5-7月 《WEメルマ!》第61号

投稿日:2021年7月17日

2021年5-7月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 61号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

この6月4日で8歳を迎えたウィメンズアイです。前身のRQ被災地女性支援センターから数えると10年。まさかこの時を、世界的なパンデミックの最中、オリンピック「以前」に迎えるとは思いもよりませんでした。コロナ蔓延の影響で対面の活動が制限され、ブックレットやウェブサイトの制作を通じて、来し方を振り返る時間の多いアニバーサリーとなりました。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
・・ウェブサイトCOMADOオープンしました
・・WEのブックレット、近日刊行予定
・WEニュース短信
・・シングルマザー調査プロジェクト、記者発表を行いました
・・NWEC「地域における男女共同参画推進 リーダー研修」講師
・・WEサポーターのオンラインイベント開催しました
・・「地域人」第69号に石本のインタビューが掲載されました
・・ACADEMIAに寄稿 ご希望の方にお送りします
・WEレポート
・・落合恵子さんオンライン講演会「明るい覚悟。そして……」
・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
(さらに…)


2021年4月 《WEメルマ!》第60号 日曜日にオンラインイベント開催!
東北の女性たちがストーリーを語ります

投稿日:2021年4月13日

2021年4月

特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第60号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

全国的に早かった桜、南三陸町ではいつも4月中~下旬に咲く桜がもう開花しました。桜の時期にあわせて毎年開催していた、東日本大震災の被災地の今を伝えるWEのイベント、今年はコロナウイルスの蔓延と、震災から10年の3月ということで慌ただしく、残念ながら全て見あわせました。
4月に入り落ち着いてきたところで、満を辞して「伝えるイベント」を企画しました。どうぞ、ふるってご参加ください。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
・・参加者募集中! 4.11東北の女性たちによるストーリーテリング 「災害とレジリエンス」~オンラインで開催します
・・三陸ワカメまつりオンライン
・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
(さらに…)


2021年2月-3月 《WEメルマ!》第59号 7(日)朝8時よりオンライン上映会! 南三陸とチリの女性のドキュメンタリーです

投稿日:2021年3月8日

2021年2月- 3月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第59号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

東日本大震災から10年の3月が来ました。「区切りではなく、通過点」「節目ではなく、継ぎ目」であろうと思います。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ
・・TSUNAMI LADIES ~日本とチリ、海を越えた女性たちの物語~オンライン上映・イベント
・・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学博物館「記憶のための未来―東日本大震災後のアートと暮らし」展オンラインツアーのご案内
・・『東北の女性起業家たちのこれまでと今』~気仙椿アワード発表~に石本が登壇します
・・日経SDGsフォーラム特別シンポジウム「震災から10年~持続可能な未来へ~」に石本が登壇します
・・DIVERSITY ROCKS INNOVATION!「多様性が革新を起こす!」シリーズ第7回に石本が登壇します
・・宮城県の人間の安全保障指標発表会 -「誰も取り残されない宮城」に向かって何をすべきか?-に石本が登壇します
・・ジャパン・ソサエティのwebプログラム「Tea Time」に石本のインタビュー動画(英語)が掲載されました
・WEニュース短信
・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
(さらに…)


2020年11月-2021年1月 《WEメルマ!》第58号

投稿日:2021年1月14日

2020年11月-2021年1月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第58号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。VUCA時代の到来と言われてはいましたが、予想もつかないことが起こる時代になりました。不確実な時代に日々へのまなざしを忘れず、誰一人置き去りにしない、くらしといのちを大事にする歩みを少しずつでも進めていきたいと気持ちも引き締まります。
コロナ渦中、非正規雇用の人、シングルマザーなど、弱い立場の人たちにしわ寄せが来ています。自殺率が高まるという最悪の形で女性たちの苦境が増していることが気がかりです。WEの相談員が発行する『yukimichiだより』で、先月発行のvol.6で困った時の女性の相談窓口QRコード一覧を掲載しています。どうか、必要な方に情報が届きますように。https://womenseye.net/info/4147

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・お知らせ 2月開催 ロカ女ゼミ公開講座「子どもが学べる地域の菜園を学校に! ~エディブル・スクールヤードの挑戦」
・WEニュース短信
・・「未来を変える食卓をつくる~スローフードの可能性~取材から見えてきたこと」開催
・・南三陸みんなの子そだてフェスタ コロナ渦中、初めての分散開催
・・オトナ女子のすこやかづくりvol.2~足揉み編、盛況でした
・・「SDGsとみやぎ」女性ワーキング・グループ(仮称)立ち上がりました
・WEレポート シングルマザー調査プロジェクト続行中、調査結果から影響が生まれています
・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
(さらに…)


2020年9月-10月 《WEメルマ!》第57号 ロカ女ゼミ公開講座、12/13に開催! 

投稿日:2020年11月19日

2020年 9月-10月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第57号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

栗駒山をはじめ、宮城の山々はあっという間に紅葉真っ盛りです。新型コロナウイルスに用心しながら、南三陸町の商店街には観光客の姿も戻ってきています。ウィメンズアイ も、用心しながらそろりそろりとではありますが、小規模の人が集まるイベントを再開しています。冷え込む日も増えてきました。事務所のある入谷のそこここには干し柿が吊るされて、冬支度も始まりました。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・ひころマルシェオンライン開催しました アーカイブのご案内
・ロカ女ゼミ公開講座のお知らせ
・上智大学グローバルコンサーン研究所主催のオンラインシンポジウム
・WEニュース短信
・WEレポート~コミュニティ・アクション進行中~ローカル女子と未来をひらくプロジェクト
・パン・菓子工房oui(ウィ)だより
・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
(さらに…)


2020年5月-8月 《WEメルマ!》第56号 

投稿日:2020年9月1日

2020年 5月-8月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第56号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

こんにちは、長く続いた梅雨のジメジメから一転、猛烈な残暑、お見舞い申し上げます。
このCOVID-19騒ぎの渦中、ウィメンズアイ は6月に新年度を迎え、7歳になりました。法人としての活動は8年目、前身団体から数えると10年目に入りました。大事にしてきた、直接会う、集まる、という活動に大きな障害が立ちはだかっています。それでも、みなさんの応援をいただきながら今やるべきことに舵を切り、新たな取り組みも始めました。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
Contents
・マンスリーサポーターキャンペーンのご報告とお礼
・WE活動報告会URLのお知らせ
・オンライン講座のご紹介
・活動報告 WE短信
・WEレポート~コロナ禍のもと、しんぐるまざあずふぉーらむと共に調査を行っています
・パン菓子工房ouiだより
・南三陸町・気仙沼圏域にお住まいの方へ~女性のしごと相談窓口~開設中
(さらに…)