WE × L’OCCITANE 国際女性デーキャンペーン2023
Bright Women Bright Future

投稿日:2023年2月7日

対象商品販売利益の一部がWEの女性リーダー育成プログラム「グラスルーツ・アカデミー」に寄付されます
3月8日は国際女性デー。
1975年に国連によって定められた国際女性デー。世界中でミモザの花を贈り女性をお祝いするとともに、女性たちの功績と勇気をたたえる日です。この日はまた、女性の権利とジェンダー平等を見つめる機会でもあります。


このたび、植物由来の自然派化粧品の会社ロクシタンの国際女性デーキャンペーンに際し、販売利益の一部をWEの女性リーダー育成プログラム「グラスルーツ・アカデミー」にご寄付いただけることになりました。
グラスルーツ・アカデミーは2015年の国際地域女性アカデミーを皮切りに、ローカルで暮らす女性たちが地域をよくする活動を続けるために、互いの経験を分かち合い、共に学び、成長するエンパワーメントの場です。WEのこのプログラムにご賛同いただき、女性のエンパワーメント活動を継続していけること、感謝にたえません。
キャンペーン期間は約1か月半、ぜひとも応援してください。

チャリティ期間:2023年2月15日(水)〜3月28日(火)
対象商品:レーヌブランシュ全商品(単品・キット)


「レーヌブランシュ」
プロヴァンスの太陽を浴びるほどに白さを増す純白花「レーヌデプレ」エキス配合、アジア人女性の肌に合わせて開発した美白シリーズです。
クレンジングフォームは、キャンペーンに合わせ”EMPOWERING WOMAN”をテーマにした日本限定デザイン(2/15(水)発売)
 

 


「南三陸子そだてハッピープロジェクト」を開始しました。

投稿日:2022年12月16日

東日本大震災後、多くの被災地で生活再建・産業再生など復興事業が優先されるなか、行政による子育て支援事業は見送られがちでした。結果、子育て環境の改善がみられず、民間による復興支援事業が撤退・縮小した後は、子どもや子育てに関わる地域活動が減少していると言わざるをえません。COVID-19も、その傾向に拍車をかけました。


私たちウィメンズアイ が事務所を置く南三陸町も例外ではありません。
南三陸子そだてハッピープロジェクトは、南三陸町に暮らす子育て世代が一緒に学んだり、話し合ったりしながら、「子育てしやすいまちにしたい」を地域のみんなで実現していく取り組みです。

昨年、南三陸町に暮らすママたち自身がアンケートを実施。子育てに関する300を超える意見をとりまとめて要望書を作成し、町に提出しました。そのことを受け、ウィメンズアイでも、ママたちに個別にヒアリングを行い、まずは当事者が集まって話し合える場を設けていくことにしました。

具体的には次のことに取り組みます。

①南三陸町の子育て世代のニーズを確認する調査の実施
②子どもの預かりサービスに関するパイロット事業の実施
③南三陸町の子育て世代のエンパワーメント

一緒に見て、聞いて、考えるところから始めるべく、近隣へのスタディツアーや、勉強会も予定しています。
復興のまちに、まちぐるみでの優しい子育て環境が生まれ、続いていくこと。私たちが見たいそんな景色をつくる一助になりたいと思います。

*復興庁令和4年度地域づくりハンズオン支援事業を通じて、本プロジェクトの伴走支援をいただいています。期間:2022年6月-2023年3月
*本プロジェクトは、Yahoo!基金2022年度被災地復興調査助成のご支援をいただいています。期間:2022年10月-2023年9月

 

 


受講生募集! ”いつかやってみたい”を”今から”始めませんか?
アクティブ・ウーマンズ・カレッジ 第5期

投稿日:2021年10月7日

この度、気仙沼市から委託を受け、女性の一歩を応援する連続講座を企画・運営することになりました。講師は、地域で活躍する女性たちです。普段の暮らしから自分の暮らす地域に関心を広げ、自分で考え、参加者同士で学び合うことを大切にします。
この機会に一緒に学んでみませんか。



(さらに…)


WEのブックレット「ローカル女子と未来をひらく
〜災害復興と女性のエンパワーメントの記録 2011-2020」を刊行しました

投稿日:2021年10月1日

東日本大震災を機に生まれたNPO法人ウィメンズアイの10年の活動を、1冊のブックレットにまとめました。タイトルは、「ローカル女子と未来をひらく〜災害復興と女性のエンパワーメントの記録 2011-2020」。
執筆は、WEのスターティングメンバーである石本、栗林、塩本、そして2015年のグラスルーツ・アカデミー開催から加わった田浦の4名が担当しました。



市民として参加した災害救援ボランティアたちがなぜ、女性のエンパワーメント活動に舵を切ることになったのか。WEの考えるエンパワーメントとは何なのか。地域の女性たちの話を聞き、ともに活動する中で見えてきた課題と問題意識、そこから考え、工夫しながらつくり出してきた取り組みを振り返っています。ローカルで活動しながら同時に外の世界とつながることで、「変化を作る」にコミットし続ける私たちの歩みを知ってください。

*ご希望の方に有償(1冊500円+送料)でお分けいたします。資料として、読み物として、あるいは勉強会などでぜひご活用ください。タイトルに「ブックレット希望」と明記の上、お問い合わせフォームでご連絡ください。南三陸町のWE事務所で取り扱っております。
(さらに…)


岩手・宮城・福島でローカル女子の小さな一歩を応援
「コミュニティ・アクション2021」助成金応募10/10まで受付中

投稿日:2021年9月10日

ウィメンズアイは、少額の助成事業「コミュニティ・アクション」を通して、岩手・宮城・福島のローカル女子による地域をよくする小さな一歩を支援しています。応募者全員に、アイデアが事業として実現するためのサポートを目的としたオンライン相談・面談があるのが特徴です。助成枠の審査に通過した場合は、10万円までの助成金を支給し、事業完了まで伴走支援します。



(さらに…)


この町で暮らす私に踏み出す勇気を
~COMADOのウェブサイトをオープンしました。

投稿日:2021年8月25日

comado

7月15日に「ローカル女子と未来をひらくプロジェクト」のWEBサイトをオープンしました。
COMADO(小窓)と言います。
小窓を開いて外の世界とつながりをつくり、何かしたいと思ったときに自分らしく踏み出す勇気をもらえるサイト、互いに励まされるサイトになったらと願っています。
また、ローカル女子を支える人たち、エンパワーメントに取り組む人たちと、知恵を分かち合うことも目的の一つです。ABOUTに込めた、私たちの思いを知ってください。



コンテンツは、ローカル女子100人インタビューからスタートしています。コロナ渦中、なかなか動きが取れないまま、昨年10月から少しずつ貯めてきたインタビューを公開しています。

素敵なサイトデザインをしてくれたのは、気仙沼のデザイン会社penseaさん。蜂蜜色の優しさが、ローカル女子を新しい未来に導いてくれそうです。

https://comado.womenseye.net/