コミュニティをサポートする活動

コミュニティの小さな種を育てます。
地域に求められる「集まり」を、ヒアリング、声かけ、場づくりでスタート。
自主運営までをサポートしています。

地域の課題を考える、
まなびの会の開催

復興していく町が「こうあってほしい姿」を、地域で活躍している女性たちが自分の目で見て感じ、考え、言葉にして伝えるまなびの会を開催しています。震災から10年を経た中越の視察からはじめた「南三陸まなびの女子会」ほか、地域にあった婦人会やネットワークとも連携し、ワクワクする町をめざしチャレンジしています。

ローカル女子と未来をひらくプロジェクト

投稿日:2020年5月10日

ローカル女子と未来をひらくプロジェクト

先の読めない時代。ウィはローカルで周りの課題にゆっくりと確実に向き合う女性たちとともに歩んできました。岩手・宮城・福島での学びとネットワーク「グラスルーツ・アカデミー東北」の経験を引き継ぎ、地域の暮らしを良くしたいと草の根活動を行う女性たちを力づける「根っこ」のエンパワーメントに取り組むプロジェクトを開始しました。コロナ危機の折、予定したプログラムの一部をオンラインに切り替えながら実施していきます。

プレスリリース

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(宮城県本吉郡南三陸町、代表理事 石本めぐみ)は、2019年7月より、東北をはじめとした日本各地のローカルで活動する女性を対象とした3年間の「ローカル女子と未来をひらくプロジェクト」を開始しました。

課題先進国といわれ、既存の構造が揺らいでいる現代日本。なかでも近年頻発している自然災害は、平時の問題をあぶり出し、課題を一歩先の困難に直面させます。
一方、危機に際して女性がその視点を生かしてリーダーシップを発揮し、課題に取り組むケースも増えてきました。わたしたちウィメンズアイが、東日本大震災後の被災地で出会い、ともに歩んできたのも、ローカルで一歩踏み出した「日常のアントレプレナー」女性たちでした。

行動する彼女たちは、同時に問題も抱えています。
ローカルではジェンダー問題は根強く、今も多くの女性たちがみずからの潜在能力をいかせずにいます。また、家族をはじめとする周囲との関係性に悩むのも特徴です。

私たちウィメンズアイは、すでにアクションを開始している若い世代(16歳〜45歳)の女性たちを支援するプログラムとして、

*自ら導く力
*影響を与える力
*レジリエンス

を身につける「根っこ」のエンパワーメントに取り組みます。具体的には、

1:2019年7月〜2022年6月にかけて3年間にわたるエンパワーメント・プログラム実施
2:これまでの活動から得た知見を整理し、webコンテンツとして発信
3:ロールモデルの発信と、次世代へつなぐため子どもたちへの出前授業

を行います。活動の範囲は、宮城県、福島県、岩手県の3県を皮切りに、日本の各地域へ広げていく予定です。

世界経済フォーラムが2019年に発表した「ジェンダー・ギャップ指数」では、調査対象の世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)と過去最低になりました。特に、各界でのリーダー女性不在が大きく響いています。

社会の構造的な問題と文化との葛藤によって活躍を阻まれている女性たちが、自ら考えて決め、怖れを乗り越え、凹んでもしなやかに戻る力を持つことが、意思決定の場に参加する女性たちの裾野を広げ、閉塞感のある日本社会を変えていくと確信しています。

 


投稿日:2020年2月24日

[南三陸町] 2月9日(日)第5回 みんなの子そだてフェスタin南三陸

2月9日(日)、志津川の市街地に昨年新しく完成した生涯学習センターで「みんなの子そだてフェスタ」を開催しました。
会場がぎゅうぎゅうになるほどの方にお越しいただきました。
まれにみる暖冬、と油断していたら当日はまさかの最高気温1℃
大丈夫かな…こどもたちは来てくれるだろうか…パパママも寒かったらお家から出たくないよね…というスタッフの心配をよそに、たくさんの来場者で会場は大にぎわい。

 

 

会場は昨年、新しくできた生涯学習センター。南三陸産のFSC認証材をふんだんに使った温かみのある素敵な建物で、完成以来町民に愛されています。
毎年、地域のママたちと一緒につくってきた子そだてフェスタも5回目。今回はおもにウィの「赤ちゃんとわたしの井戸端会議」に参加してくれたみんなとアイディアを出し合い、準備し、開催することができました。

 

 

ママの提案で今回は新しく「はたらく車コーナー」が登場!
南三陸消防署と図書館にご協力いただき、消防車と救急車と移動図書館車が。

 

 

 

消防車に乗り込んだ姿は消防士さん顔負け、こどもたちも得意気でした。
途中、出動がかかり、まさかのここから発進!無線の音で颯爽と出ていく消防士さんたちはとてもかっこよかったです。その姿を胸に未来の消防士さんが出てくるかも。

 

 

会場内では気仙沼から来てくれたにんぎょう劇サークル「おはなしたんたん」さんが子どもたちの心をぎゅ~っと掴んでいました。おうたの手あそびや劇「ねずみのよめいり」にみんな夢中!

 

 

 

癒しのコーナー(マッサージなど)では、大人たちが15分の短時間でちょっとだけリフレッシュ。
パン教室では、みんなかわいいバレンタインパンをつくりました。

 

 

いつもかわいい文房具を持ってきてくれる「niccher」さん、わざわざ仙台から毎年来てくれます。

 

 

楽しみながら学べる「親子でワークショップコーナー」も大人気。

 

 

こだわりの卵を使った人気のクレープやさんや、たこやきやさんには常時人の列が。

 

 

 

楽しい、学べるだけではなく、子そだての事をもっとみんなで考えたい!と、会場には現在募集中の南三陸町の子そだて支援計画についての意見(パブリックコメント)に気軽に参加できるコーナーを設けました。
ママたちだけでなく、パパもたくさんご意見をくださり、後日まとめて南三陸町へ提出します。

 

 

毎年町内で場所を転々としながら開催してきた子そだてフェスタも5回目。子どもたちの成長と、町の景色の変化が印象的でした。
こうしたイベントや取り組みをたくさんの方と重ね、一人でも多くの人が「この地域での子育てが楽しい、いいね」と思える一助になることがWEの願いです。

 

 

【開催内容】
*パン教室~ポリパンでバレンタインパンを作ろう~ いずみぱん
*森のようちえん・しょうがっこう 藤田岳
*ステージ にんぎょう劇「ねずみのよめいり」 おはなしサークルたんたん
*親子でワークショップ
 ・ガラスタイルコースターづくり Atelier Cocozera
 ・森の木の実のリースづくり キノミノ
 ・メッセージカードづくり でんでんむしカンパニー
*ほっとスペース(軽食提供、販売、ほか)
 ・自然卵のクレープfrom大沼農園
 ・たこやき Oct-VIN369
 ・カフェ ひころマルシェ実行委員会
 ・雑貨 移動雑貨店nicher/Non’s/stock;room
*キッズフォトコーナー
*いやしコーナー
 ・カイロプラクティック ネージュ
 ・温熱療法イトオテルミー はしばみテルミー療養所
*はたらくくるまコーナー
 ・消防車/救急車 南三陸消防署
 ・移動図書館車 南三陸町図書館

※この事業は「みやぎ地域復興支援助成金」を受け実施しています。

開催日時:2020年2月9日(日)
場所:南三陸町志津川 生涯学習センター
主催:NPO法人ウィメンズアイ
後援:南三陸町
協力:南三陸消防署/佐長商店/遊電館/ウジエースーパー(順不同)

 

来場者数:総数303名  
出店者:16組


[南三陸]11月30日 (土) 男女共同参画セミナーを開催します

投稿日:2019年11月18日

高知の山奥での暮らし、起業、子育てなどを通じて、
自分らしい暮らしづくりを探求してきた講師ヒビノさんを迎え、
これからの田舎暮らしの工夫を一緒に考えてみませんか。
みなさまのご参加をお待ちしています。
(続きを読む)

[気仙沼]11月17日 (土)[南三陸] 11月18日(日) 講演会を開催します

投稿日:2018年11月2日


佐賀で400人が笑って泣いた講演会、東北にやってきます!
みなさまのご参加をお待ちしています。
(続きを読む)

[南三陸] 8月7日(火)開講、毎月ほぼ第1火曜日開催
「WEと一緒に〜小さなナリワイ塾」第2期の参加者募集

投稿日:2018年7月15日

好きや得意をいかした、自分らしい小さなしごとを作りたい
思いを磨き、一歩踏み出し、自分のペースにあわせて長く続ける
仲間と一緒に、自分の「小さなナリワイ」を考えつくるプログラムです。 (続きを読む)

[南三陸] 女性のしごと 相談窓口を始めました

投稿日:2017年11月11日


2017年11月:女性のしごと相談窓口を始めました。
2018年10月:月に一度、気仙沼にて対面相談をお受けします。
2020年4月: 「yukimichiだより」をほぼ毎月1回発行しています。
(続きを読む)


投稿日:2015年12月10日

ひとり親サポーター養成講座 in 宮城
2015年11月28〜29日に開催しました

singleparent_e-5
日本のひとり親家庭は貧困率が高いだけでなく様々な課題を抱えています。仕事・生活・離婚前後の状況・子育て・教育・メンタルケア・社会資源…広範囲にわたる情報を知り、支援を行うために、最も現場をよく知る講師陣による養成講座入門編です。本講座の目的は、ひとり親家庭をエンパワーできる支援を行うことで、そのために、当事者の体験を聞き、ひとり親家庭の現状をまなびました。

2015年11月28日(土)

  • オリエンテーション
  • シングルマザーの現状と支援 -母子福祉施策と子育て支援
  • ひとり親が語る「わたしたちの体験」
  • 日本のひとり親に関する法律手続き
  • DV被害者への支援
  •  

      
    2015年11月29日(日)

  • オリエンテーション
  • シングルマザーの就業支援とライフキャリア
  • ひとり親が語る「わたしたちの体験」
  • ひとり親家庭の子どもの心と関わり方
  • 相談事例検討
  • ふりかえり
  •  

    受講者:1日目22人、2日目25人

     

    詳しいレポートはこちらをご覧ください。

  • 日本語版
  • 英語版(Report in English)
  •  

    【主催】NPO法人ウィメンズアイ、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
    【協力】wawawa(登米市・南三陸町を中心としたシングルマザー親子の任意団体)
    【助成】みやぎ地域復興支援助成金、NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所、JWLIの会
    【寄付】ロサンゼルス日系アメリカ人Ohata Family

    投稿日:2015年9月4日

    みんなの子そだてフェスタin 南三陸
    盛況のうち「毎年あったらいいね」の声も

    kosodate1
    7月5日(日)南三陸町ポータルセンターで「みんなの子そだてフェスタ」を開催しました。
    当日は曇り空ながら、南三陸町だけでなく、遠くは陸前高田、気仙沼、登米、石巻からも、たくさんの方がいらしてくださいました。
    はじめての子そだてフェスタは、子どもだけでなく、おとなも一緒に楽しめて、しかもちょっと学べる場にしてみたい … 企画やアイデアがどんどん出てきて、
     ・あそびばとワークショップ
     ・体力測定
     ・ほっとスペース(飲食、販売)
     ・いやしとまなびのコーナー
     ・ステージ
    と、盛りだくさんの内容になりました。

     

     

    あそび場コーナーには嬉しいことにパパたちもたくさん! 紙ひこうき大会でアツくなる光景もみられました。屋外のミニステージでは、南三陸町の元気なキッズたちがダンスを元気に披露してくれました。

     

    屋内の一番奥の部屋はママやプレママたちのための場。東京から産婦人科医の吉田穂波先生が来てくださりお話をしてくださったほか、まちの助産師さんたちが、なかなか相談できる機会のない自分のからだのこと、これからのことなど相談事にのったりしてくださいました。

     

    こうしたイベントや集まりを重ねて、一人でも多くが「この地域での子そだて、いいね」と感じられる場を、地元のママたちやプレママたちの声といっしょに作っていきたい、みんなで子そだてをささえる空気を作っていきたい、WEの新しいチャレンジです。

     

    kosodate2

     

    kosodate3trim

     

    kosodate4

     

    【概要】
    来場者数:489名
     出店者:10組
    主催:やってみるもん!委員会、NPO法人ウィメンズアイ
    協力:南三陸町観光協会、とめ女性支援センター

    後援:南三陸町
    スタッフ協力:ねこのて

     

    【開催内容】

    *巨大お絵かき(やってみるもん!)
    *おとなもこどもレクリエーション体力測定(やってみるもん!)
    *紙ひこうき大会
    *親子でワークショップ
     多肉植物植え替え m☆buddy
     キャンドル 藤田岳
    *ほっとスペース(軽食提供、販売、ほか)
     cafe つむぎ
     cafe tetote
     まっはの写真屋さん 古里裕美
     キッズ玩具 M&Y
    *キッズダンス
     HOP KIDS CLUB 南三陸体操教室
     FirstEddy
    *音楽ライブ
     The こてき
    *みんなで作ろう!子どもおでかけMAP
    *ママのいやしスペース
     ハンドマッサージ 田村房子、二階堂亜紀
     カラーセラピー 本庄絵里
     ネイル Ree’s Nail
    *産婦人科医・5児の母 吉田穂波先生のお話会
     http://honami-yoshida.jimdo.com
    *まちの助産師さん相談スペース

    jj_banner


    投稿日:2015年5月17日

    南三陸まなびの女子会
    町のみなさんへの発表会を行いました

    image009
    2014年春、これから町民として、復興にどのような関わり方ができるのか。震災から10年が経過した中越地震の被災地への視察から始まった南三陸町の女性達との活動が「南三陸 まなびの女子会」です。メンバーは、WEの呼びかけに応えてくれた、婦人会、漁協婦人部のおかあさんがた、被災者支援センターの支援員さん、子育て中のママ、震災後に思い切って起業した女性、最近町に嫁いだばかりの女子、などなど、多彩な世代のみなさん。2月28日に、8か月間にまなんだこと、感じたこと、みんなで話したことを、町のみなさんに聞いていただきました。
    この先どうなっていくのか、今も見えにくい状況にあることは変わらないこと。でも、自分達のまちの未来だからこそ、話し合いまなびあえること。ひとりひとりが地域に関わることで未来はすこし変わっていくのではないかということを話しました。
    「南三陸 まなびの女子会」はそんな話し合いの場としてこれからも、 できる形で続けていきたいです。

     

    「南三陸 まなびの女子会」いままでのあゆみ

    2014年
    6月7日 初会合
    7月16日 中越視察事前説明会
    7月28~30日 中越視察(町内参加者6名、WEスタッフ3名)
    8月6日 中越視察の振り返り会
    8月27日 中越視察報告会準備1
    9月25日 中越視察報告会準備2
    10月30日 日帰りバス視察説明会
    11月8日 日帰りバス視察 大船渡・陸前高田市
    11月29日 日帰りバス視察の振り返り会1
    12月16日 日帰りバス視察の振り返り会2
    2015年
    2月7日 ワークショップ〜自分の暮らす町のスーパーに「あったらいいな、こんなスペース」を考える

     

    ★まなびの女子会の活動報告書をこちらからごらんいただけます。

  • PDF
  •  

    image011

     

    image013