Grassroots Academy
Tohoku in Berkeley
Social Change and Local Democracy

グラスルーツ・アカデミー東北 in バークレー

〜社会変革と地域民主主義〜 まなびのレポート

2015年の第3回国連防災世界会議のプレイベント「国際地域女性アカデミー in Tohoku」を皮切りに、岩手、宮城、 福島の若手女性のエンパワーメントを目的として開催してきたグラスルーツ・アカデミー東北。2022年6月に、3度目となる海外研修をアメリカ西海岸、バークレーで開催しました。

国内研修と合わせ通算11回目となるこの研修では、第10回研修グラスルーツ・アカデミー東北in福島で「つながりを取り戻すワーク」*のプログラム設計とファシリテーションを行なってくれた齊藤由香さんの拠点であるバークレーで、教育、食、環境、共生、差別、起業などの分野での市民による自発的な活動の現場を訪ね、対話を行いました。地域での活動と市民の参加意識がやがて、政策を動かし、システムを少しずつ変えてきたベイエリアでの成功体験を見聞きする一方、混迷を深める世界で新たに生まれ続ける問題、自分の地域でどうしていきたいのか。ワークを通して深く語り合い、仲間を見つけ、歩み続ける力を得た1週間となりました。

*つながりを取り戻すワーク 仏教学者・環境哲学者でありアクティビストのジョアンナ・メイシーによって開発されたワーク。生命持続型社会を目指す世界中の人々に影響を与えている。

概要

日程:2022年6月19日(日)〜 6月26日(日)

研修地:米国カリフォルニア州バークレーおよびベイエリア

テーマ:社会変革と地域民主主義

参加者:岩手・宮城・福島で活動する20代〜40代の女性11名

*過去のグラスルーツ・アカデミー東北参加者および、推薦による

同行スタッフ:2名 石本めぐみ(ウィメンズアイ代表理事)、塩本美紀(ウィメンズアイ理事)

助成:米日財団、シャネル財団

プログラム設計:NPO法人ウィメンズアイ、齊藤由香

齊藤由香さんプロフィールと、バークレー研修事前案内文を見る

世界中のあらゆるところ、さまざまな領域で、社会やシステムを変えようとする動きが活発になっていますが、中でもアメリカ西海岸にあるサンフランシスコ・ベイエリアと呼ばれる地域は、とびきりその気風に溢れた場所です。 特定の個人や団体ではなく、地域そのものに社会変革へのエネルギーがある。 ということは、街中のちょっとしたところに「おや?」「もしかして、これって…?」と思わせる工夫や取り組みが見つかる、ということでもあります。ちょっとした宝探しのような気分で街中を散策してみると、思わぬ発見があることもしばしば。

 また、政策やシステムに対する住民たちの参加意識も高い場所。というのも、自分たちの意見がシステム作りに影響を及ぼすという成功体験をいくつも重ねてきているから。

 そんな歴史をもつサンフランシスコ・ベイエリアの中で、今回、みなさんが楽しみながら学べる場所をいくつか訪問します。それぞれの地域で実践してみたくなるような取り組みや、新しい社会のモデルケースとなるような場所、環境問題への取り組みに対するアイデア溢れるショップなどに実際に足を運び、話を聞いたり、触れてみたり。 さらには、国立公園がすぐそこにある土地柄を活かし、じっくりと自然散策する時間も予定しています。

齊藤由香(さいとう ゆか)

アクティビスト・翻訳家・通訳・ワークショップ・ファシリテーター。現在は日本およびアメリカで平和・環境・社会正義運動に積極的に関わるとともに、関連書籍および映像の日本語翻訳を行う。2011年より米国の仏教学者・環境哲学者でありアクティビストのジョアンナ・メイシーに師事し、2014年以降彼女が生んだ「つながりを取り戻すワーク」のワークショップを日本で開催。社会や世界の痛みに対する気づきと行動をうながし、新しい世界観や価値観にもとづいたコミュニティ作りを目指している。米国カリフォルニア州バークレーに在住。訳書に、カミング・バック・トゥ・ライフ 生命への回帰〜つながりを取り戻すワークの手引き(ジョアンナ・メイシー、モリー・ヤング・ブラウン著/発行 サンガ/2020年10月刊)。

現地コーディネート:小佐野真帆

現地移動サポート:Yukie Chan, Sean Kelly 

通訳:五十嵐光、米倉京香、齊藤由香

参加者コミュニケーション:菅野瑞穂

ESY案内:西村和代(ウィメンズアイ理事、ESYJ共同代表)

企画・運営:NPO法人ウィメンズアイ

Special thanks:HIKARI FARM

Yuka Saito
Maho Osano
Yukie Chan
Sean Kelly
Megumi Ishimoto
Miki Shiomoto
Kazuyo Nishimura
スライドショー制作 菅野瑞穂

東京→バークレー

(日本時間)

18:15

成田空港発

(現地時間)

11:35

サンフランシスコ空港着

15:30

BART(電車)で移動ノースバークレー駅着

宿泊地のAir B&Bまでバークレー市内を徒歩で移動

19:00

夕食@AirB&B

テーマ

What are we made of?

わたしたちって、何でできてる?

10:00

オリエンテーション チェックイン

ワークショップ「民主主義ってなんだろう?」

12:00

昼食 ブッチャーズサン(The Butcher’s Son)のヴィーガンサンドイッチ

13:30-15:00

訪問 エディブル・スクールヤード(バークレー)

16:00-17:30

見学 モントレーマーケット(バークレー)、バークレー市内散策

19:00

夕食@AirB&B バースデイサプライズ 歌の練習

テーマ

What is needed for the first step?

「最初の一歩」に必要なものは?

9:00-10:00

ワークショップ 前日の訪問先の振り返り

キーワード→民主的/主体的/エコロジカル/決める/選択肢/選択ができる環境/共生/デザイン/循環/グランドルール/サークル/わくわく

10:30-14:00

  訪問 カンティクルファーム(オークランド)

15:00-17:00

訪問 好人庵禅堂(オークランド)

18:00

ワークショップ 訪問先の振り返り

キーワード→自分を愛する/受容/衝突/尊重/修復/トラウマ/今ここ/湧き上がる/スピリチュアル

19:30

夕食@AirB&B

テーマ

What it means to be “me”?

自分らしく生きるとは?

10:30-12:00

訪問 カストロ ウォーキングツアー(サンフランシスコ)

12:30-13:45

訪問 AEDAN(叡伝)麹キッチン(サンフランシスコ)

15:30

ワークショップ 訪問先の振り返り

キーワード→パワーウィズ/アクティビスム/アクノレッジメント/NO/継続/勇気/愛/コモンズ

19:00

夕食@AirB&B

オリジナルソング作り

テーマ

Healed by/with Nature

自然 (の/な) 治癒力

10:00

見学 Good Earth Natural Foods

訪問 NATURA ナチュラ エコロジーと医薬の研究所(ボリナス)

16:00

Whole Food’s Market、バークレー・ファーマーズマーケット

17:00

帰国前PCR検査

19:00

夕食@AirB&B

テーマ

Connected by Water-Tohoku∞SF Bay Area

-水は巡る -東北∞ SF Bay Area-

10:00

ワークショップ 「Justice正義について〜全ての行動をつなぐ言葉」

キーワード→平等と公平/災害/気候正義/立場表明/ヘイト/声を上げる/言語化・物語/アセスメント>ジャッジメント

気功

12:30

見学 ダウンタウンバークレー、昼食@La Mediterranee、Whole Food’s Market

15:00

訪問 DEN SAKE BREWERY(オークランド)

17:30

ワークショップ 映画「Planetary」鑑賞、感想シェア

クロージング

19:30

夕食@AirB&B 〜Cheese Boardのピザ

バークレー→東京

10:00

宿泊地のAir B&B出発

13:40

サンフランシスコ国際空港発

(日本時間)

6月26日18:15

成田空港着

参加者の紹介

岩手

黍原里枝(一般社団法人三陸駒舎/かまめっちょの会)

宮城

千葉可奈子(一般社団法人まるオフィス)

矢野明日香(合同会社colere)

栗林美知子(NPO法人ウィメンズアイ 南三陸事務所長)

関口雅代(東松島市移住定住コーディネーター・市民団体H×ImagineCEO)

稲村友紀(NPO法人アスイク)

福島

菅野瑞穂(農業者/きぼうのたねカンパニー)

浅野希梨(国立環境研究所 研究コーディネーター)

佐藤宏美(一般社団法人GDMふくしま代表理事)

通訳

五十嵐光(NPO法人ウィメンズアイ)

米倉京香(NPO法人ウィメンズアイ)