災害に備える活動

災害救復興の現場から学んだことを未来に活かしたい。
備えをそれぞれの【わたしごと】にするために活動しています。

講演、セミナー

東日本大震災の教訓を活かし、「災害に強いしなやかな社会をつくる」ことなどをテーマに講演、セミナーを企画立案、開催いたしております。開催実績:首都圏各所のほか、福岡県北九州市、愛知県稲沢市(ユニー(株))、など。

ローカル女子と未来をひらくプロジェクト

投稿日:2020年5月10日

ローカル女子と未来をひらくプロジェクト

先の読めない時代。ウィはローカルで周りの課題にゆっくりと確実に向き合う女性たちとともに歩んできました。岩手・宮城・福島での学びとネットワーク「グラスルーツ・アカデミー東北」の経験を引き継ぎ、地域の暮らしを良くしたいと草の根活動を行う女性たちを力づける「根っこ」のエンパワーメントに取り組むプロジェクトを開始しました。コロナ危機の折、予定したプログラムの一部をオンラインに切り替えながら実施していきます。

プレスリリース

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(宮城県本吉郡南三陸町、代表理事 石本めぐみ)は、2019年7月より、東北をはじめとした日本各地のローカルで活動する女性を対象とした3年間の「ローカル女子と未来をひらくプロジェクト」を開始しました。

課題先進国といわれ、既存の構造が揺らいでいる現代日本。なかでも近年頻発している自然災害は、平時の問題をあぶり出し、課題を一歩先の困難に直面させます。
一方、危機に際して女性がその視点を生かしてリーダーシップを発揮し、課題に取り組むケースも増えてきました。わたしたちウィメンズアイが、東日本大震災後の被災地で出会い、ともに歩んできたのも、ローカルで一歩踏み出した「日常のアントレプレナー」女性たちでした。

行動する彼女たちは、同時に問題も抱えています。
ローカルではジェンダー問題は根強く、今も多くの女性たちがみずからの潜在能力をいかせずにいます。また、家族をはじめとする周囲との関係性に悩むのも特徴です。

私たちウィメンズアイは、すでにアクションを開始している若い世代(16歳〜45歳)の女性たちを支援するプログラムとして、

*自ら導く力
*影響を与える力
*レジリエンス

を身につける「根っこ」のエンパワーメントに取り組みます。具体的には、

1:2019年7月〜2022年6月にかけて3年間にわたるエンパワーメント・プログラム実施
2:これまでの活動から得た知見を整理し、webコンテンツとして発信
3:ロールモデルの発信と、次世代へつなぐため子どもたちへの出前授業

を行います。活動の範囲は、宮城県、福島県、岩手県の3県を皮切りに、日本の各地域へ広げていく予定です。

世界経済フォーラムが2019年に発表した「ジェンダー・ギャップ指数」では、調査対象の世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)と過去最低になりました。特に、各界でのリーダー女性不在が大きく響いています。

社会の構造的な問題と文化との葛藤によって活躍を阻まれている女性たちが、自ら考えて決め、怖れを乗り越え、凹んでもしなやかに戻る力を持つことが、意思決定の場に参加する女性たちの裾野を広げ、閉塞感のある日本社会を変えていくと確信しています。

 


[南三陸]11月30日 (土) 男女共同参画セミナーを開催します

投稿日:2019年11月18日

高知の山奥での暮らし、起業、子育てなどを通じて、
自分らしい暮らしづくりを探求してきた講師ヒビノさんを迎え、
これからの田舎暮らしの工夫を一緒に考えてみませんか。
みなさまのご参加をお待ちしています。
(続きを読む)

[東京] 10月6日 (金) 第4回みやぎ移住フェア
秋の夜長の移住おしゃべりカフェ

投稿日:2017年9月21日


~ なぜ「みやぎ」だったのか 珈琲を飲みながら聴いてみる ~
WE事務局長 栗林美知子が第4回みやぎ移住フェアで、移住までの経緯や地方での「暮らし」・「仕事」等についてお話しいたします。
(続きを読む)

[埼玉] 6月9日 (金) 地域における男女共同参画推進リーダー研修

投稿日:2017年5月13日


WE事務局長 栗林が分科会にて報告を行います。
(続きを読む)

[東京] 3月22日 (水) シンポジウム 「復興の先を見据えた支援
~住民もNPOも“育つ”復興支援のあり方~」

投稿日:2017年3月12日

災害復興の先を見越して、地域の未来をつくるために忘れてはならないものとは何なのでしょうか?

これからの東北には、「必要な時に支えてもらえる場があること(居場所)」と同時に、「自分の力と役割を発揮できること(出番)」の両方が必要かもしれません。
なぜなら、住民一人ひとりが役割を持ち元気であることが、コミュニティが元気になる循環を生み出すと考えるからです。
ウィメンズアイは、2014年2月から取り組んできた「子育てしやすいまちのためのつながりづくり」、この活動報告をさせて頂きます。
(続きを読む)


[宮城] 2月9日 (木) 新しい東北 交流会
仙台シアタートーク

投稿日:2017年2月2日

わたしたちは、あの「分かち合う」かんじを持ち続けていくことができるのだろうか?
(続きを読む)

公開シンポジウム 手しごとと復興
名古屋 1月24日(日)

投稿日:2016年1月22日

長い間受け継がれてきた手しごと、被災地で新たに生まれた手しごと、それらを通じて人びとはいかに復興と向き合っているのでしょうか。

名古屋での公開シンポジウムに代表・石本が登壇し、「女性支援の活動を通して見えてきたこと〜被災地と手しごと〜」と題してお話しします。お近くのかた、ぜひいらしてください。
(続きを読む)


ひとり親サポーター養成講座
宮城 11月28日(土)

投稿日:2015年10月28日

Single_Mom1

日本のひとり親家庭は貧困率が高いだけでなく様々な課題を抱えています。仕事・生活・離婚前後の状況・子育て・教育・メンタルケア・社会資源…広範囲にわたる情報を知り、支援を行うために、最も現場をよく知る講師陣による養成講座入門編です。当事者の体験を聞き、ひとり親がエンパワーできる支援を行っていきましょう。
(写真:専門の講師を招いての講座で学び合うwawawaメンバー)
(続きを読む)


投稿日:2015年8月17日

鎌倉の自治会で防災講演会
「日頃のコミュニティが違いをつくる」

Kamakura1
6月24日、鎌倉の浄明寺地区にある「鎌倉ハイランド」自治会で、2時間の講演をさせて頂きました。

(続きを読む)


7月19日[日]1000年後の未来へ
3.11保健師たちの証言(仙台)

投稿日:2015年7月9日

we20140621large_41s

「1000年後の未来へ──3.11保健師たちの証言」
 仙台上映会&トークセッション

地域看護の現場を支える保健師たちの3.11。東北大学で行われる記録映画の上映会後、岩手の保健師さんたちとのトークセッションにWE事務局長の栗林も参加します。
(続きを読む)