2月19日 防災ワークショップ
携行する防災グッズライフポーチをつくろう

photo_event

まだ記憶に新しい冬の記録的な降雪で孤立状態になった山梨。
平時から自分と大切な家族を守るためできることが「備え」です。
ワークショップでは、通勤・通学や休日のお出かけ時にも、普段持ち歩くカバンにプラスする、非常時対応グッズをつめこんだコンパクトなポーチ”ライフポーチ”づくりを体験します。

東日本大震災の災害ボランティアを経験し、被災地で出会った人たちから学んだ非常時の工夫などを紹介します。
[ファシリテーター]
栗林 美知子
特定非営利活動法人ウィメンズアイ事務局長

東日本大震災後に三陸沿岸部の災害ボランティアに参加したことをきっかけに、現在は南三陸町にて女性たちが地域や社会につながる場づくりや、関東などで被災地の学びを活かした防災ワークショップを開催している。

 

  • ちらしダウンロード
  •  

    image013

     

    image015

     

    image017

    開催要項

    [日時]2016年2月19日(金)18:30~20:30
    [場所]山梨県生涯学習推進センター 交流室c
    [参加費用]社会人 1,500円、学生 1,000円(材料費、講師の交通費など)
    [定員]15名
    [持ち物]使っていない小さなポーチがあればご持参下さい
    [申込み」メール: info@bondplace.org 電話: 080-1274-1593(小笠原)

     

    主催: NPO法人 bond place