コミュニティをサポートする活動

コミュニティの小さな種を育てます。
地域に求められる「集まり」を、ヒアリング、声かけ、場づくりでスタート。
自主運営までをサポートしています。

地域で子育てを支える
コミュニティづくり

当事者同士がつながり、支えあう仕組みを。震災後に孤立を感じているママたちを多世代で支える子育て勉強会や、ママたちの集いを開催し、コミュニティづくりをサポートしています。実例として、2012年に先輩ママの呼びかけではじまった登米・南三陸町シングルマザーの会は任意団体「wawawa」となり活動しています。

[南三陸町] 6月4日(日)ひころマルシェ2017 初夏
開催しました。

おいしく・楽しく・すこやかな暮らしをこの土地で
ひころマルシェ2017初夏、6月4日(日)に開催しました。

 

「ひころマルシェ」は、『この土地でつづく暮らし』にこだわるオーガニック志向のマルシェです。子どもたちがいっぱい走って遊べるひろばもあります。南三陸町内や近郊、そして少し遠いところからもマルシェに共感してくれたすてきな出店があつまりました。4回目の今回から野外ステージでのライブも登場しました。

 

【会場全体の様子】

当日、なんとかお天気が持ちました! 予定通り、原っぱでの開催。
手づくりの飾り付けでお迎えします。

 

 

 

【オーガニック、いろんな出会いと交流がありました】

おいしい食事をめがけて、食事の時間帯が最もにぎわいました。ウィメンズアイの運営するシェア加工場「パン・菓子工房ウィ」の利用者たちによるパンの屋台では、ウィ及び利用者3グループが地域の食材を活かしたパンを販売。青森、福島などから野菜や果物、加工品をもってかけつけてくれた出店者も。

 

 

 

【ライブステージ】

Hico ROCK(ひころっく)と名付けたステージで、4バンドが演奏、ひころの里に優しい音が響きました。電源は、登米の電気屋さんにお願いしてソーラーパネルでまかないました。ステージは、地元・入谷の竹を切り出して、大工さんに教わりながらみんなで設営しました、移住組の大工スキルがあがっていてびっくり! 

 

 

 

 

【子どもあそび場】

WEのコーディネーターを中心に、町内のお父さんやボランティアさんたちによる手づくり遊具(竹カッポ、竹馬、輪っかくぐり、竹わたり、木っ端の積み木)、お絵かき、巨大シャボン玉、フラフープ、ダンボール草すべりなどなどを準備して、自由に遊べるひろばとなりました。
近郊の若者たちによるボランティアサークル・ピースカンパニーがプレイリーダーを務めてくれたおかげで、子どもたちが走り回り、のびのび遊ぶ声が一日じゅうひびいていました。さとうみファームの羊も来てくれました。あそび場のそばでは、のんびりピクニックする家族連れの姿が。

 

 

 

 

 

【ワークショップ】

地元棟梁とせんだいヤタイのコラボで、南三陸杉を使った屋台を組み上げるワークショップ、(株)佐久さんとYES工房さんによるスタンプづくり、その他、ロケットストーブや陶芸など多彩なモノづくり体験がおこなわれました。

 

 

 

 

 

お客さんで来てくださったのは、町内のほか、登米、石巻、気仙沼などの近郊の方々。仙台からも。出店者の方や、Facebook、口コミで知ってくださった方が多かったようです。
「こんなに良い場所があるなんて知らなかった」という近郊の方の声や、「仙台に行かないとこんなイベントはないのかと思っていた」という町内の若い女性の声も嬉しかった。
初夏の1日、みんなそれぞれにゆったりした時間を楽しんでいました。
次回の「ひころマルシェ」は秋、10/8(日)を予定しています。

 

ここで続く暮らしにこだわる「ひころマルシェ」をはじめ、南三陸町を拠点にオーガニックなひとともののつながりをきずき、里山里海のめぐみを活かした暮らしをつくる人たちと「うみさと暮らしのラボ」プロジェクトをすすめています。
Facebookページはこちら。マルシェ以外にも、講座や交流会などを随時開催しています、どうぞご参加ください。

 

★★★出店してくださったみなさん★★★

 

【事務局出店】

WEのスープラボ
そめらぼ  
せんだいヤタイ×WE ひころ屋台をつくろう 
 

【事務局企画イベント】

HicoROCK ライブステージ 
子どもあそび場  
羊とあそぼう

【南三陸】

ロケットストーブキッチン  
ワーカーズコープ南三陸  
ふれあい茶家  
わたあめコーナー  
株)佐久&YES工房  
さとうみファーム  
atelier cocozera
  

【登米】

tetote  
紬-Tumugu-  
ソトヨガ  
Nicconico  
薬膳体質改善

【気仙沼】

ほどーる  
ゆりらく  
ボアラズ  
ファーマーズシフォン屋
  

【石巻】

峠の市  
月日工作舎  
りばあす陶房
  

【大崎】

森と草花
Sawa    
るりは
  

【栗原】

十文字商店  

【美里】

まーどれ  

【利府】

Bagel&Bread spica

【秋保】

御独楽處廣井  

【松島】

kamenoki natural soap  

【仙台】

森のようちえん 虹の森  
BAR&EVENT HOLE Tiki-Poto

【蔵王】

台灣喫茶 慢瑤茶 

【丸森】

スローバブックス
天然藍染 伽藍

【亘理】

IRia

【福島】

きぼうのたねカンパニー

【青森】

MIKAMI FARM

【東京】

こすみ郵便局  

【神奈川】

よっしーのお芋屋さん 

 

開催日時:2017年6月4日(日) 10:00〜15:00
場所:南三陸町入谷 ひころの里 野外会場
主催:NPO法人ウィメンズアイ
共催:南三陸町ひころの里管理事務所
事務局:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内プロジェクト)
後援:(一社)南三陸町観光協会
協賛:飯塚電気商会、さかい内科・胃腸科クリニック

来場者数:930名 総数1030名(スタッフ、出店者含む)

当日ブース数 計43
スタッフ:事務局WEスタッフ4名、ボランティアスタッフ28名(うち、ピースカンパニー7名、UE3名)


[南三陸町] 6月4日 (日) ひころマルシェ 2017 初夏


今年も開催いたします。
「この土地でつづく暮らし」をコンセプトに、里山・里海のめぐみをいかして、おいしく・楽しく・すこやかな暮らしをつくろうというマルシェです。
4回目の今回から野外ステージでの生演奏も登場です。

カラダによい美味しい食べもの、有機農法や減農薬の野菜や果物、天然素材・循環型のモノづくり、体験ワークショップ、癒しの空間、環境にやさしい知恵の展示、こどもたちがわくわくできる子どもあそび場など魅力的な出店が今年も集まってきました!

子どもも大人も出店者もみんなが心から楽しめるマルシェです。
ぜひ遊びにきてください。

 

  • おいしい食べ物
  • ピクニック広場
  • 癒しの時間
  • 暮らしとおしゃれ
  • つくるたのしみ
  • いっぱい走れる子どもあそび場
  • 森のようちえん
  • あおぞらライブ
  •  

     

     

  • ちらし表面ダウンロード
  • ちらし裏面ダウンロード
  •  

    開催要項

    [日時]2017年6月4日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ うみさと暮らしのラボ
         


    [東京] 3月22日 (水) シンポジウム 「復興の先を見据えた支援
    ~住民もNPOも“育つ”復興支援のあり方~」

    災害復興の先を見越して、地域の未来をつくるために忘れてはならないものとは何なのでしょうか?

    これからの東北には、「必要な時に支えてもらえる場があること(居場所)」と同時に、「自分の力と役割を発揮できること(出番)」の両方が必要かもしれません。
    なぜなら、住民一人ひとりが役割を持ち元気であることが、コミュニティが元気になる循環を生み出すと考えるからです。
    ウィメンズアイは、2014年2月から取り組んできた「子育てしやすいまちのためのつながりづくり」、この活動報告をさせて頂きます。


    3月22日(水)プログラム

    3年間の取り組み紹介

  • なぜ、復興に住民主体が必要なのか
  • 住民とコミュニティの「変化」をどのように振り返ったか
  • 現地NPOによる活動報告「復興活動の現場で見えること、学んできたこと、伝えたいこと」
  • パネルディスカッション「復興の先を見据えた支援のあり方」
  •  

     

    申し込み方法、詳細はこちらのちらしをご参照下さい。

  • ちらしダウンロード
  •  

    ・本シンポジウムは、「Johnson & Johnson 東北被災地での市民・コミュニティのエンパワメントプログラム」の一環として行います。

    開催要項

    [日時]2017年3月22日(水) 14:00~17:00 
    [場所]TKP東京駅前カンファレンスセンター 5F カンファレンスルーム5A
        (東京都中央区八重洲1丁目5-20 石塚八重洲ビル5F ※1F本間ゴルフ)
        http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-ekimae/access/
    [参加費]無料
    [参加対象]企業の社会貢献事業担当者、NPO支援組織など、ご関心のある方はどなたでも
    [定員]30名(先着順)

     

    [主催]特定非営利活動法人日本NPOセンター
        特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンター(釜石市)
        特定非営利活動法人陸前たがだ八起プロジェクト(陸前高田市)
        特定非営利活動法人ウィメンズアイ(南三陸町)


    [宮城] 1月20日 (金) シンポジウム 「復興の先を見据えた地域 づくり
    ~住民の主体性を考えた復興支援のあり方~」@仙台

    ウィメンズアイは、2014年2月から取り組んできた「子育てしやすいまちのためのつながりづくり」、この活動報告をさせて頂きます。


    1月20日(金)プログラム

  • キーノートスピーチ「なぜ、復興に住民主体が必要なのか」
  • 現地NPOによる活動報告「復興活動の現場で見えること、学んできたこと、伝えたいこと」
  • パネルディスカッション「地域の課題解決と住民主体 <災害復興>×<地域生活>」
  • メッセージ
  •  

     

    申し込み方法、詳細はこちらのちらしをご参照下さい。

  • ちらしダウンロード
  • 開催要項

    [日時]2017年1月20日(金) 13:30~16:30 
    [場所]TKPガーデンシティ仙台 ホール21A
        (宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER 21階)
    [参加費]無料
    [参加対象]地域づくりに関わる組織、NPO支援組織など、ご関心のある方はどなたでも
    [定員]50名(先着順)

     

    [主催]特定非営利活動法人日本NPOセンター
        特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンター
        特定非営利活動法人陸前たがだ八起プロジェクト
        特定非営利活動法人ウィメンズアイ


    [宮城] 12月17日 (土) 人形劇とワークショップ
    みて、つくって、楽しもう!@南三陸町

    グラシオブルオの人形劇を見て、自分でも紙人形を作って、からだを動かし、声を出して、パペット劇を体験しましょう。


    12月17日(土)

  • 第一部 11:00〜 人形劇上映
  • 休憩、ランチ 11:30~12:30
  • 第二部 12:30~15:30 手作り人形劇ワークショップ
  •    「マジックブック」
       ペーパパペット(紙人形)を作って、からだを動かし、声を出してパペット劇を体験します。

     

    人形劇チラシ

     

  • ちらしダウンロード
  • NPO法人シアター&パペットアンサンブル グラシオブルオ
  •  

    出演者プロフィール

  • 清水博志(パーカッショニスト)
  • コンガをはじめ主に打楽器(民族楽器、エレクトリック、玩具など)
    の演奏を通じて時間や人や人以外のものと関わっている。
    フィールドレコーディングやアナログな手法を駆使した楽曲、舞台音響の制作も行なう。

     

  • 踊るラッキーボーイ☆想真
  • 地球を愛する宇宙人。感情表現の踊り手。
    発達障害、性同一障害(無性)をもつ。自然・魂を感じながら、
    世界の真の笑顔をつむぐため、現在ベトナムやパレスチナなど
    アジア各国に舞台出演や、孤児院や村をまわる活動を続ける。

     

  • 秋葉よりえ
  • 舞台演出家。国際演劇協会会員。幼少より絵画に目覚め、
    16歳の時オレゴン州に留学中、演劇の魅力に出逢う。
    NYの美大を1年で辞退、21歳より本格的に演劇を始める。
    国内外で身体表現を使った共感スキルを習得・鍛錬し、ヴォイスパフォーマンスや心身の解放ワークを始める。

     


     

    当日、同じ会場内にて、「みなみなフリーマーケット」が開催されます。
    ウィサポーターが出店しますので、掘り出し物を探しにぜひお立寄りください。

     

    「みなみなフリーマーケット」

    日時:12月17日(土)9:00-15:00
    会場:南三陸ポータルセンター大型テント内

     

    開催要項

    [日時]2016年12月17日(土) 11:00~15:30 
    [場所]南三陸ポータルセンター
    [参加費]600円 (ランチ付き)300円(ランチなし)
    [参加対象]小学生〜大人まで(親子で参加可)
    [定員]20名(事前申込優先、当日申込可)
    [お問い合わせ]NPO法人ウィメンズアイお問い合わせフォーム

     

    [主催] NPO法人ウィメンズアイ
    [共催] 南三陸町観光協会


    10月9日(日)ひころマルシェ2016秋
    開催しました。

    hikororeport
    直前までの雨と曇り空にひやひやしましたが、ステキな出店者さんたちに支えられて、おいしく楽しい、にぎやかなマルシェになりました。
    設営や撤収、駐車場の誘導、事務局お手伝い、子どもあそび場のスタッフなど、縁の下の力持ちになってくださったボランティアのみなさんに本当に大感謝です。

    本部テントは前回に引き続き、アースデイ東北さんが建ててくださいました、ありがとうございます。

     

    honbu1

     

    honbu2

     

    honbu3

     

    入谷のおばあちゃんの味、手づくりの麹の甘酒はおかわりに来る子どもたちもいて大人気。おいしいパンやランチのブースも!

     

    tezukuri1

     

    tezukuri2

     

    tezukuri3

     

    手づくり品の販売、木工や草木染め、廃品をつかってのアップサイクルなど多彩なワークショップ。

     

    workshop1

     

    workshop2

     

    workshop3

     

    ひころマルシェといえば、子どもあそび場! ジュニアリーダーのお兄さんお姉さんたちもボランティアに来てくれました。ひつじふれあいコーナーでは吉田麻子さんの糸紡ぎワークショップ。

     

    kodomo1

     

    kodomo2

     

    kodomo3

     

    いちばん目を引いたのは、株式会社 鳥 さんによる、スズメバルーン! 風が強かったので短い時間でしたがみんな大興奮。肩チュンbirdのワークショップも。

     

    tori1

     

    tori2

     

    tori3

     

    ひころの里の松笠屋敷では「おらほのくらふと展」、ふれあい茶屋ではおいしい珈琲、新米おにぎり、わたあめのほか、ひころの里の裂き織りなどの手仕事品が。

     

    oraho_1

     

    oraho_2

     

    次回の開催は、2017年5月ごろを予定しています。3月ごろから出店説明会などをはじめていきまので、ホームページ、Facebookページ、配布のチラシなどでご確認ください。

     

  • ひころマルシェとは?
     南三陸町入谷のひころの里で開催する里山マルシェ。
     テーマは「おいしく、楽しく、すこやかな暮らしをこの土地で」
     ここには、みどりがいっぱいの原っぱと、森があります。気持ちいいそよ風が吹き抜けます。
     「ひころマルシェ」を通じてつくっていきたいこと
     ・自然のめぐみを活かしたくらしの知恵を見直し、伝えること
     ・いろんな世代のみんなが子どもたちを見守るやさしい空気
     ・近くや遠くの町との知恵のやりとり、行ったり来たり、人のつながり
  •  

    てづくりの食べもの、オーガニックの野菜やくだもの、天然素材をいかしたクラフトやワークショップ、癒しマッサージなどの出店を歓迎しています。

     

    ★★★出店してくださったみなさん★★★

     

    【事務局Presents】

    株式会社 鳥 スズメバルーン、鳥バッチ、肩チュンbirdワークショップ
    吉田麻子 羊毛糸紡ぎワークショップ&さとうみファームの「ふれあいひつじコーナー」
    油搾りコーナー

    【ひころの里】

    松笠屋敷 手芸 さき織り体験、くらふと展
    ふれあい茶家 ごはん 新米のおにぎり
    ふれあい茶家外 スイーツ わたあめ

    【登米】

    tetote スイーツ・サンドイッチ
    紬-Tumugu- 刺し子・野菜
    手しごと屋kaori 暮らしの布もの
    ラズモネ里山 草木染めワークショップ
    手づくりのお店sowaka 手づくり雑貨
    伊豆沼農産 フランクフルトほか
    HAIJI 米粉スイーツ
    癒し空間〜和(あい)〜 癒し マッサージ

    【南三陸】

    WE×ぴかぴか 野菜たっぷりスープ
    ぬくもり工房 甘酒、麹
    ロケットストーブキッチン 焼き芋、焼き野菜
    佐武商店 本屋さん、古本屋さん
    Coccinella 布小物、お直しカフェ
    Mon Pays Natal クロワッサン
    aimaki タイ料理
    泰東丸 ホタテごはん
    いろいろ箱 木工ワークショップ
    南三陸里の家Halo 森のようちえん
    おとうふワーカーズ とうふ
    ハンドメイドmamoi 布小物
    ヨガ 佐々木さん ヨガワークショップ

    【石巻】

    まっはの写真やさん 記念写真
    アトリエArt-2 ステンドグラスワークショップ
    U.C.P アップサイクルワークショップ
    ficelleパン工房  パン
    Chez Setta スイーツ 焼き菓子

    【気仙沼】

    ほどーる 着物生地小もの
    ゆりらく 編み物、クリスタルボウル

    【東松島】

    工房虹波 手芸・手しごと

    【栗原】

    結(ゆい) 手芸・子ども用雑貨

    【大崎】

    Sawa パン、サンドイッチ、玄米おにぎり

    ひころマルシェ 2016秋
    日時:2016年10月9日(日)10:00〜15:00
    場所:南三陸町入谷 ひころの里 野外会場
    主催:NPO法人ウィメンズアイ
    共催:南三陸町ひころの里管理事務所(入谷ふるさと振興会)
    事務局:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ)
    入場者数: 543名
    当日出店数: 計38
    事務局スタッフ: 24名(うち、WEメンバー6名、南三陸応縁団ボランティア4名、志津川高校ボランティア1名)
    子ども遊び場スタッフ20名(うち、登米ジュニアリーダー14名、シニアリーダー2名)

    10月9日 (日) ひころマルシェ @南三陸町入谷

    hikoro1

    おいしい、楽しい、すこやかなくらしを、この土地で
    緑ゆたかな「ひころの里」で開催する里山マルシェです。

    からだにやさしいとれたての野菜、発酵食品、
    手塩にかけた地産品でつくる手づくりのごはん、パンや焼き菓子
    昔の知恵と新しい工夫でつくる、天然素材の服や雑貨、道具、おもちゃ
    リサイクルやリメイクで大事に楽しく使う知恵
    陶芸や羊毛のワークショップ、草木染め、ステンドグラス、などなど

     

    広いはらっぱには、森のようちえんや、子どもあそび場が登場。竹馬や、竹かっぽなど懐かしい遊びも。
    おじいちゃんおばあちゃん世代から、ママパパ世代、ワカモノ、子どもたちまで、みんなが楽しめるマルシェです。
    hikoro3

     

    hikoro2
    WEのプロジェクト「うみさと暮らしのラボ」が事務局を担当しています。

     

     

     

  • ちらし表面ダウンロード
  • ちらし裏面ダウンロード
  •  

    事務局PRESENTS その1

    鳥、鳥、鳥で遊ぼう!

     

  • 10:00~ワークショップ①
  •  「革でつくろう! ポンポン♪チョキチョキ♪ 鳥バッチ」 参加費500円

  • 11:00~ワークショップ②
  •  「肩チュンbird」 参加費:1500円 定員4名

  • 12:00~ワークショップ①
  • 13:00~パフォーマンス スズメバルーン
  • 14:00~ワークショップ②
  •  

    suzume

     

  • 教えるひと:株式会社 鳥
  • 鳥に興味を持つ人が増えてほしい!という思いから2010年に株式会社 鳥を設立。
    『鳥ならなんでも、なんでも鳥に。』がモットー。
    製品やワークショップを中心に、何でも鳥に結びつけて提案中。

     

    事務局PRESENTS その2

    羊毛体験コーナー

  • ワークショップ
  •  「くるくるコマで初めての糸つむぎ」
      11:00~、14:00〜
      参加費:1000円

     

    spindle

     

    世界各地で行われているごくごくシンプルな糸紡ぎの方法です。
    このほか、紡ぎ車での糸紡ぎなども体験できます。

     

  • 教えるひと:吉田麻子さん
  •  羊毛作家、織物作家。新潟在住。

     

    hitsuji

     

    歌津さとうみファームから羊もやってきますよ。

    開催要項

    [日時]2016年10月9日(日) 10:00〜15:00
    [場所]南三陸町入谷 ひころの里
       (宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

    [事務局]NPO法人ウィメンズアイ うみさと暮らしのラボ
         この事業は平成28年度みやぎ地域復興支援助成金を受けています


    7月3日 (日) 第二回 みんなの子そだてフェスタ
    @南三陸町

    家族みんなで遊びにいこう 南三陸
    「みんなの子そだてフェスタ」


    2016年7月3日(日)11:00~14:00 雨天中止

    子どもあそびば

    ・お絵かき
    ・むかし遊び

    浜辺のようちえん・しょうがっこう

    親子でワークショップ

    ほっとスペース

    ライブパフォーマンス

    ・キッズダンス

    ママコーナー

    ・いやしスペース

     

    ※イベント内容は変更になることがあります。予めご了承ください。
    ※当日の子どもアソビバ・キッズサポーター、会場運営ボランティア募集中です。
     

     

    Facebookのイベントページで、情報を発信中です。
    https://www.facebook.com/events/1708323086084184/

    開催要項

    [日時]2016年7月3日(日) 11:00〜14:00(雨天中止)
    [場所]伊里前福幸商店街

    [お問い合わせ]NPO法人ウィメンズアイ info@womensyeye.net

     

    [主催]やってみるもん!実行委員会、NPO法人ウィメンズアイ
    [協力]伊里前福幸商店街 屋外テント (南三陸町歌津字伊里前29-1)
    [後援]南三陸町、南三陸町観光協会


    ひとり親サポーター養成講座 in 宮城
    2015年11月28〜29日に開催しました

    singleparent_e-5
    日本のひとり親家庭は貧困率が高いだけでなく様々な課題を抱えています。仕事・生活・離婚前後の状況・子育て・教育・メンタルケア・社会資源…広範囲にわたる情報を知り、支援を行うために、最も現場をよく知る講師陣による養成講座入門編です。本講座の目的は、ひとり親家庭をエンパワーできる支援を行うことで、そのために、当事者の体験を聞き、ひとり親家庭の現状をまなびました。

    2015年11月28日(土)

  • オリエンテーション
  • シングルマザーの現状と支援 -母子福祉施策と子育て支援
  • ひとり親が語る「わたしたちの体験」
  • 日本のひとり親に関する法律手続き
  • DV被害者への支援
  •  

      
    2015年11月29日(日)

  • オリエンテーション
  • シングルマザーの就業支援とライフキャリア
  • ひとり親が語る「わたしたちの体験」
  • ひとり親家庭の子どもの心と関わり方
  • 相談事例検討
  • ふりかえり
  •  

    受講者:1日目22人、2日目25人

     

    詳しいレポートはこちらをご覧ください。

  • 日本語版
  • 英語版(Report in English)
  •  

    【主催】NPO法人ウィメンズアイ、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
    【協力】wawawa(登米市・南三陸町を中心としたシングルマザー親子の任意団体)
    【助成】みやぎ地域復興支援助成金、NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所、JWLIの会
    【寄付】ロサンゼルス日系アメリカ人Ohata Family

    みんなの子そだてフェスタin 南三陸
    盛況のうち「毎年あったらいいね」の声も

    kosodate1
    7月5日(日)南三陸町ポータルセンターで「みんなの子そだてフェスタ」を開催しました。
    当日は曇り空ながら、南三陸町だけでなく、遠くは陸前高田、気仙沼、登米、石巻からも、たくさんの方がいらしてくださいました。
    はじめての子そだてフェスタは、子どもだけでなく、おとなも一緒に楽しめて、しかもちょっと学べる場にしてみたい … 企画やアイデアがどんどん出てきて、
     ・あそびばとワークショップ
     ・体力測定
     ・ほっとスペース(飲食、販売)
     ・いやしとまなびのコーナー
     ・ステージ
    と、盛りだくさんの内容になりました。

     

     

    あそび場コーナーには嬉しいことにパパたちもたくさん! 紙ひこうき大会でアツくなる光景もみられました。屋外のミニステージでは、南三陸町の元気なキッズたちがダンスを元気に披露してくれました。

     

    屋内の一番奥の部屋はママやプレママたちのための場。東京から産婦人科医の吉田穂波先生が来てくださりお話をしてくださったほか、まちの助産師さんたちが、なかなか相談できる機会のない自分のからだのこと、これからのことなど相談事にのったりしてくださいました。

     

    こうしたイベントや集まりを重ねて、一人でも多くが「この地域での子そだて、いいね」と感じられる場を、地元のママたちやプレママたちの声といっしょに作っていきたい、みんなで子そだてをささえる空気を作っていきたい、WEの新しいチャレンジです。

     

    kosodate2

     

    kosodate3trim

     

    kosodate4

     

    【概要】
    来場者数:489名
 出店者:10組
    主催:やってみるもん!委員会、NPO法人ウィメンズアイ
    協力:南三陸町観光協会、とめ女性支援センター

    後援:南三陸町
    スタッフ協力:ねこのて

     

    【開催内容】

    *巨大お絵かき(やってみるもん!)
    *おとなもこどもレクリエーション体力測定(やってみるもん!)
    *紙ひこうき大会
    *親子でワークショップ
     多肉植物植え替え m☆buddy
     キャンドル 藤田岳
    *ほっとスペース(軽食提供、販売、ほか)
     cafe つむぎ
     cafe tetote
     まっはの写真屋さん 古里裕美
     キッズ玩具 M&Y
    *キッズダンス
     HOP KIDS CLUB 南三陸体操教室
     FirstEddy
    *音楽ライブ
     The こてき
    *みんなで作ろう!子どもおでかけMAP
    *ママのいやしスペース
     ハンドマッサージ 田村房子、二階堂亜紀
     カラーセラピー 本庄絵里
     ネイル Ree’s Nail
    *産婦人科医・5児の母 吉田穂波先生のお話会
     http://honami-yoshida.jimdo.com
    *まちの助産師さん相談スペース

    jj_banner