女性たちが力をつける活動

女性たちが地域やコミュニティ、社会的事業で力を発揮するために、
必要な知識を学び、仲間とつながり、視野を広げる機会を作っています。

地域女性リーダー、
コーディネーターの育成

2015年3月、国連防災世界会議のプレイベントで世界各国の草の根コミュニティリーダーが集う「国際地域女性アカデミー」を南三陸町に誘致。 当アカデミーに参加する東北被災3県の次世代女性たちへの研修を実施しました。コミュニティ・レジリエンスを支えるネットワークを作っています。

[東京] 3月7日 (火) シアトル研修報告会
@新宿ロクシタンカフェ


2月1日から一週間、リーダーシップ研修に行って参りました。
東北からの参加者を招いて、どんなことを得てきたのか、発表します。

3月7日(火)15-17時 ロクシタンカフェ新宿店3階
デザート・飲み物付、500円
ご予約は
womensacademyintohoku@gmail.com
までメールでお願いします。
詳細は下記をご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1827868047480597/

開催要項

[日時]2017年3月7日(火) 15:00-17:00
[場所]ロクシタンカフェ新宿店3階
(東京都新宿区新宿3-17-5 盛成堂ビル 3階 各線新宿駅 B6出口すぐ)
[入場料]500円(デザート・飲み物付)


「グラスルーツ・アカデミー東北」2016 in 福島
8/5, 6, 7に開催しました

アカデミー福島2016
「グラスルーツ・アカデミー東北」は、東北3県(宮城、岩手、福島)の次世代を担う女性が集い、学び合い、ネットワークを構築する場。
国連防災世界会議(2015年3月)のプレイベントとして東北3県40名、アジア、中南米など世界10カ国から15名の女性リーダーの為の国際研修を南三陸町で開催したのを機に東北でスタートしました。

8月5日(金)

  • 参加者の活動紹介(3グループに分かれて)
  •  

      
    8月6日(土)

  • レクチャー&ファシリテーション 大崎麻子さん「地域での人の巻き込み方について」
  • グループワーク①課題・原因・解決法を整理
  • グループワーク②解決策を考える
  • グループワーク③アクションプランの作成
  • 全体報告
  •  

    8月7日(日)

  • 鎌田千瑛美 「蓮笑庵の取り組みについて」
  • 田島誠 「世界と日本の再生可能エネルギーへの取り組み事例」
  • 3日間の振り返り、学び・感想のシェア
  •  

    参加者:岩手7人、宮城4人、福島6人、子ども3人、講師・スタッフ19人

     

    • 詳しいレポートはこちらをご覧下さい。

     

  • International Grassroots Women’s Academy in Tohoku Facebookはこちら。
  •  

    【主催】特定非営利活動法人ウィメンズアイ
    【助成】特定非営利活動法人JEN、特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン
    【調査・研究協力】若希スティール(東京大学社会科学研究所)

    「グラスルーツ・アカデミー東北」2016
    in 福島 合宿セミナー 8月5日(金)〜7日(日)

    academy_group

    地域で活動する若い世代の女性のためのネットワークづくりと学びの場

    1)20〜30代の地域女性向けプログラム

  •  チラシダウンロード
  •  

     

    2)高校生向けプログラム

  •  チラシダウンロード
  •  

     

    開催要項

    [日時]2016年8月5日(金)〜7日(日)
    [場所]福島県田村市 アトリエ蓮笑庵
    [対象]宮城県、岩手県、福島県の地域で活動をしている20〜30代の女性、高校生
    [定員]20名(高校生は5名程)
    [お問い合わせ]womensacademyintohoku@gmail.com

     

    [主催]特定非営利活動法人ウィメンズアイ
    [協力]特定非営利活動法人JEN(ジェン)


    国際地域女性アカデミー「グラスルーツ岩手
    アカデミー2016」2/12, 13に開催しました

    academy6
    グラスルーツ東北アカデミーは、東北3県(宮城、岩手、福島)の次世代を担う女性たちが集い、他者から学び、自分の経験を他者への貢献とし、みずからの成長につなげる場です。2015年3月の国連防災世界会議のプレイベントとして東北3県40名、アジア、中南米など世界10カ国から15名の女性リーダーの為の国際研修を国際NGOホワイロウ・コミッションと南三陸町で開催したのを機にスタートしました。

    国際地域女性アカデミーin Tohoku 2016-2019
    International Grassroots Women’s Academy in Tohoku 2016-2019

    2016年
    2月12日(金) 岩手県 住田町役場にて 事例発表
      

  • 住田町役場企画財政課課長補佐 横澤則子さん
       震災直後の状況と役場の対応、その後の役場とNPO の連携について。
  • 住田町役場集落支援員 佐々木淳代さん
       町の活性化、未来の子どもに関わる事業。つながりづくりイベント、運営企画。
  • NPO 法人 wiz 佐々木里奈さん
       若手のネットワークで岩手を盛り上げる。“岩手に住む”を選択肢にする。UIターン促進事業。
  • 2月13日 岩手県 陸前高田市 箱根山テラスにて

  • 午前のプログラム:ブーストーク〜活動紹介
  •  

    Academy4

     

    academy1

     

    Academy3

    ランチタイム:この日ちょうど誕生日を迎えた
    ルーシー・ジョーンズ博士にサプライズのケーキを!

  • 午後のプログラム 1:世界の防災事情(田島誠氏 JANIC防災アドバイザー)
  • 午後のプログラム 2:ルーシー・ジョーンズ博士(米国地質調査所(USGS)、地震学者)との対話
  •  

    参加者:岩手12名、宮城3名、福島4名、子ども2名、講師・スタッフ11名

    academy5

     

    • 詳しいレポートはこちらをご覧下さい。

     

  • International Grassroots Women’s Academy in Tohoku Facebookはこちら。
  •  

    【主催】(特定非営利活動法人)ウィメンズアイ
    【助成】みやぎ地域復興支援助成金、Fish Family財団
    【協力】米国地質調査所(USGS)、ロクシタン・ジャポン、若希スティール(東京大学社会科学研究所)、いわて連携復興センター、通訳:光永奏者

    ひとり親サポーター養成講座 in 宮城
    2015年11月28〜29日に開催しました

    singleparent_e-5
    日本のひとり親家庭は貧困率が高いだけでなく様々な課題を抱えています。仕事・生活・離婚前後の状況・子育て・教育・メンタルケア・社会資源…広範囲にわたる情報を知り、支援を行うために、最も現場をよく知る講師陣による養成講座入門編です。本講座の目的は、ひとり親家庭をエンパワーできる支援を行うことで、そのために、当事者の体験を聞き、ひとり親家庭の現状をまなびました。

    2015年11月28日(土)

  • オリエンテーション
  • シングルマザーの現状と支援 -母子福祉施策と子育て支援
  • ひとり親が語る「わたしたちの体験」
  • 日本のひとり親に関する法律手続き
  • DV被害者への支援
  •  

      
    2015年11月29日(日)

  • オリエンテーション
  • シングルマザーの就業支援とライフキャリア
  • ひとり親が語る「わたしたちの体験」
  • ひとり親家庭の子どもの心と関わり方
  • 相談事例検討
  • ふりかえり
  •  

    受講者:1日目22人、2日目25人

     

    詳しいレポートはこちらをご覧ください。

  • 日本語版
  • 英語版(Report in English)
  •  

    【主催】NPO法人ウィメンズアイ、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
    【協力】wawawa(登米市・南三陸町を中心としたシングルマザー親子の任意団体)
    【助成】みやぎ地域復興支援助成金、NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所、JWLIの会
    【寄付】ロサンゼルス日系アメリカ人Ohata Family

    ひとり親サポーター養成講座
    宮城 11月28日(土)

    Single_Mom1

    日本のひとり親家庭は貧困率が高いだけでなく様々な課題を抱えています。仕事・生活・離婚前後の状況・子育て・教育・メンタルケア・社会資源…広範囲にわたる情報を知り、支援を行うために、最も現場をよく知る講師陣による養成講座入門編です。当事者の体験を聞き、ひとり親がエンパワーできる支援を行っていきましょう。
    (写真:専門の講師を招いての講座で学び合うwawawaメンバー)

    【内容】

    第1回 2015年11月28日(土)

    9:15 開場
    9:30 オリエンテーション (石本めぐみ NPO法人ウィメンズアイ代表理事
    9:45~11:30 シングルマザーの現状と支援
    (赤石千衣子 NPO法人しんぐるまざあず・ ふぉーらむ理事長)
    11:30~12:00 ひとり親が語る「わたしたちの体験」(ひとり親当事者)
    13:00~14:50 日本のひとり親に関する法律手続き
    (佐藤由紀子弁護士)
    15:00~17:00 DV被害者への支援 (鈴木えみ子 シングルマザーのWindys Club)

    第2回 2015年11月29日(日)

    9:15 開場
    9:30 オリエンテーション (石本めぐみ)
    10:00~12:00 シングルマザーの就業支援とライフキャリア
    (行場麻衣子 仙台市母子家庭相談支援センター)
    12:00~12:30 ひとり親が語る「わたしたちの体験」(村上吉宣 全国父子家庭支援ネットワーク代表理事
    13:30~15:20 ひとり親家庭の子どもの心と関わり方
    (小林純子 特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ代表理事)
    15:30~16:30 相談事例検討 (赤石千衣子)
    16:30~17:00 ふりかえり・交流会

     

    ●講師紹介●

     

    佐藤由紀子
    仙台弁護士会所属。佐藤由紀子法律事務所。労働、セクシャル・ハラスメント、離婚、DVなどの問題について、主に女性の権利の確立のために活動。日弁連・仙台弁護士会の両性の平等に関する委員会のほか日弁連障がい者差別禁止法に関する特別部会にも所属。微力ながら、差別のない社会の実現に力を尽くしたい。

     

    小林純子
    (特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ代表理事)子育て中にNPO活動に関わり、1998年、米国でNPO研修を受けたのを機に、子ども・家庭支援のNPO団体を設立、仙台市の子育て支援施設や児童館の指定管理などを手掛けた。2001年に子ども電話「チャイルドラインみやぎ」を設立、現在に至る。この間、ひとり親の調査や支援、東日本大震災被災沿岸部の支援を行っている。

     

    行場麻衣子
    仙台市母子家庭相談支援センター所長。シングルマザーを含めたシングル女性の経済的自由・自立がライフワーク。

     

    小林 美樹
    仙台市母子家庭相談支援センター 母子相談支援員としてシングルマザーの就労・自立相談及びセミナー講師に従事。2級キャリア・コンサルティング技能士。23年勤務した人材サービス会社で7000人以上の方の就職相談を経験。

     

    鈴木えみこ
    「シングルマザーのWindys Club」を主宰し、仙台市内で15年にわたり語り合いの場を継続してきた。他に、フェミニストカウンセリング技法に基づくCRグループや自己主張トレーニングにも携わってきた。「ウィメンズカウンセリングいずみ」所属のカウンセラー。
    行政の社会福祉部門にて、14年のケースワーカー経験がある。

     

    赤石千衣子
    非婚シングルマザー。NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長。反貧困ネットワーク世話人。社会保障審議会ひとり親家庭の支援の在り方に関わる専門委員会参加人。朝日新聞論壇委員。著書に『ひとり親家庭』(岩波新書)、編著に『シングルマザーのあなたに 暮らしを乗り切る53の方法』(現代書館)などがある

     

  • 詳しくはチラシをごらんください。

     

    Single_Mom2

    wawawa(登米・南三陸シングルマザー親子の会)2014年ハロウィンパーティーの様子

     

  • 開催要項

    [日時]11月28日(土) 29日(日)

    [場所]エスポール宮城(一般財団法人宮城青年会館) 2階 第1会議室
        宮城県仙台市宮城野区幸町四丁目5番1号  http://www.seinenkaikan.or.jp/

    [参加費]1日3,000円、2日間通し5,000円(ひとり親当事者は1日2,000円、2日間3,000円)

     

    主催:ウィメンズアイ、しんぐるまざあず・ふぉーらむ
    協力:wawawa
    助成:みやぎ地域復興支援助成、JWLIの会、登米子育て支援ネットワーク
     *wawawaは、登米市・南三陸町を中心としたシングルマザー親子のグループです。


    「国際地域女性アカデミーin Tohoku」を
    南三陸町で開催しました

    image017
    3/9〜12、「国連防災世界会議」のプレイベントとして、WEと、NY本部の国際NGOホワイロウ・コミッションが共催し、世界の地域コミュニティで活躍する女性たちと東北被災3県で地域に根ざした復興に取り組む若い女性達が集い、ともに学んだ「国際地域女性アカデミー」。国連会議を期に海外から訪れたゲスト達が津波被害を受けた三陸沿岸を訪れる、数少ない機会の一つとなりました。研修の合間には、南三陸町でコミュニティ活動や新しい事業に取り組む女性たちのもとを訪問。温かい交流の輪が生まれました。
     海外メンバー達は、南三陸町の女性たちが作った椿のブローチを胸に国連防災世界会議へ。開会式のでは、ホワイロウ・コミッションのメンバーが7分間のスピーチを行い、南三陸町での国際地域女性アカデミーでの学びについても熱く語ってくれました。
    ★「国際地域女性アカデミー」の成果、その後の国連防災世界会議の石本レポートはこちらをご覧下さい。
    https://www.facebook.com/womensadacemyintohoku

     

    ★「国際地域女性アカデミー」最終日の「オープンフォーラム」には、スペシャルゲストの安藤美姫さんも来てくださいました。WE代表石本との対談の様子が、安藤美姫さんの公式ファンサイトに掲載されています。
    http://reborn-garden.org/

     

    ★最終日の「オープンフォーラム」で、アカデミー参加者、町のみなさん、ともに宣言した「わたしコミット 災害時にわたし、家族、地域を守るために、今わたしがやること、できること」が、「国連防災世界会議」会期中にピープルズパビリオンに展示され、わたしコミットFacebookサイトでも広がりをみせました。
    みんなの声を聞くと、さて自分は? と実感がわきますね。
    https://www.facebook.com/watashicomitto

     

    ★「国連防災世界会議in仙台」は、「仙台防災枠組」および、参加各国による「枠組み」実施への参画と防災への決意をこめた「仙台宣言」を採択して終了しました。採択文書の内容は、以下の外務省サイトをご覧下さい。
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page4_001062.html

     

    image015

     

    image019

     

    image021