2019年6月-7月「WEメルマ!」第51号 WEマンスリーサポーター絶賛募集中!

2019年 6月-7月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第51号
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

∴∴∴∴∴ウィメンズアイはこの6月4日で6周年を迎えました。∴∴∴∴∴
灼熱の8月、いかがお過ごしでしょう。南三陸町も短い夏。お祭りがあちこちでにぎやかに開催され、サンオーレ袖浜の浜辺ではみなさんSUPやビーチスポーツなど楽しんでいる様子ですよ。

*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::WEマンスリーサポーター絶賛募集中 毎月500円から:::
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
6月に新年度を迎えたウィメンズアイ(WE)。張り切っている一方、厳しいスタートになっています。みなさまのご支援が私たちの活動の力です。
女性のまなざしで地域を元気に!
東日本大震災被災地で一歩踏み出す女性たちが
学び、力をつけ、つながり、力を発揮できる機会をつくり、
復興途上の町の、村の、未来をともにつくっています

 

マンスリーサポーター(毎月定額寄付)は毎月500円から。
クレジットカードでお支払いできます。
詳しくはこちらのページから http://womenseye.net/support

 

*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::お知らせ:::
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

 

ひころマルシェ2019秋~開催日決定しました!

出店者さん、ボランティアさん大募集

おいしい・楽しい・すこやかなくらしをこの土地で&いっぱい走れる子どもあそび場
緑豊かな南三陸町入谷「ひころの里」で、オーガニックマルシェを開催します。

 

マルシェのめざすところをご理解のうえ、出店してくださる方、お手伝いくださる方を大募集しています。いま、ひころマルシェ実行委員でもある地域おこし協力隊員とのぞみ福祉作業所のみなさんや地域の方々にも参加していただき、日除けのタープを作っていますよ、こうした準備のお手伝いボランティアも募集しています。
出店募集はこちらをご覧ください http://womenseye.net/event/3277
ボランティアさん随時募集しています。info@womenseye.netまで

 

日時: 2019年10月6日(日) 10:00~15:00
場所: ひころの里野外(宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)
[主催]ひころマルシェ実行委員会
[事務局]うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
メール:hikoromarche@womenseye.net
[共催]ひころの里

 

ウィメンズアイの運営するパン菓子工房ウィ

パンで応援してみませんか?

2017年に立ち上がった女性たちのスタートアップを応援するシェア工房「パン菓子工房ウィ」。これまでに、このシェア工房利用を経て2人が小さく独立開業し、そして今また一人がパン工房の起業準備中です!
工房を安定的に運営するために、「パン菓子工房oui」「うみさと工舎」のレーベルでウィのアルバイトスタッフ(3人子育て真っ只中の地元のパン職人ママがリーダーです!)によるパン、菓子、ジャムなどを製造・販売しています。今年度からは助成金等を使わず、自主運営にチャレンジしています。イベントや集まり、お遣い物などでWEのパンを使うことでこの工房を応援してもらえませんか?
週末の工房直販のほか、予約発送でのご注文にも対応しています。これまでも、お土産の詰め合わせや、古希のお祝いなどで喜ばれています。国産小麦と天然酵母、バター、乳製品、卵不使用(一部製品には卵やチーズを使用しています)のもっちりした美味しさが地元でも人気です。工房前の畑で、自然栽培の小麦も作っています。今年は、草取りのボランティアさんのおかげもあって豊作でした。特別なパンにはこちらの粉も使用できます。
・定番商品 食パン、カンパーニュ、フランスパン/丸パン、あんぱん など
・海藻のパン ひじきパン、のりとチーズのパン、ワカメとチーズのパン など
・季節のパンとジャム
お問い合わせはinfo@womenseye.net 担当:栗林まで

*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::WEニュース短信:::
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

 

高台災害公営住宅の買い物難民のみなさんのもとへ!

小さなたがい市、10月まで開催しています

昨年度、南三陸町社会福祉協議会と一緒に開催した「小さなたがい市」がお困りのシニアたちに大変好評だったので、今年度、みやぎ地域復興支援助成金を活用して町内の高台移転団地を回る毎月1回の定期開催を始めました。WEくらぶ南三陸町サークルの仲間たちや、ひころマルシェにも出店してくださっている農産加工場の女性たちとともに、美味しいもの、暮らしを楽しくするものをお持ちして、社協さんのフリマ、お茶っこコーナー、などとともにひとときの賑わいを作っています。「あんたも来てたの~」と普段顔を合わせない住民同志の交流の場面や、なかなか行事に参加しない高齢男性も買い物を楽しんでいる様子が見られます。9月には、工藤真弓さんのおられる上山八幡宮の宵宮祭でのたがい市、歌津伊里前にようやく新設された「のぞみ福祉作業所」の駐車場でのたがい市の予定です。

 

赤ちゃんとわたしの井戸端会議

参加者のアイデアで進化中

ママになっても自分の言葉で語り、学び合うひとときを。そんな思いからはじまった井戸端会議は、集まってくるお母さんたちのアイデアで進化しつつあります。6月はアロマ講座、7月は幼児期からの性教育の講座を行いました。
「興味があるものの、子どもがいて手を出さなかった」、「子どもと離れる時間がなかなかないので、久しぶりに自分と向き合って楽しい時間を過ごすことができた」と参加者から感想をもらいました。母としてだけでなく、大人の女性として、つながる場がある喜びが伝わってきます。

 

*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
:::WE レポート:::
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
グラスルーツ・アカデミー東北 2019 in 福島

 

2016年よりおよそ3か年計画で続けてきたこの企画は、各県2回ずつで実施、一旦ここで区切りとなります。最後の回にあたり、様々なご縁が私たちの想いと重なって、前回のメルマガで広報した通り、ジョアンナ・メイシー『アクティブ・ホープ』の「つながりを取り戻すワーク」を実施することができました。本来一週間前後の内容ですが、3日間で十分な効果を出すために他の2つの要素を組み入れ、スペシャルなプログラムに。イギリス発祥のムーブメント・メディスンを宮田恵さんが、クリスタル・ボウルによるバイブレーション・メディスンを高野山の阿闍梨でもある伊藤マナさんが受け持ち、メインファシリテーターの齊藤由香さんと共に素晴らしい時空間を作り上げてくださいました。

 

受講者15名はそれぞれ段階を踏んで自分自身の内面とつながり、安心な場所を確保しながら感情の起伏を体感し、未来へ向かって自分を方向付け、ここに来る前とは明らに変化しました。いつものアカデミーでもそうですが、事前事後の表情が違うのです。今回は特に、自身の内側に確信を持てた方が多く、アンケートからは「女性のエンパワメントのために私も何かしたい」「自分は無力な存在と思いこんでいたが、それは可能性が含まれているということを知った」「一人一人が自信を保つために大きな意味のある回だった」「心にあった深い塊から自分が解放された。仕事にも余裕が出、母との対話でもイライラしなくなり、すごい効果です」という声が聞かれました。それはWEのスタッフにも言えることで、WE自体もパワーアップしたと実感します! アカデミーの約一か月後に、岩手の参加者を訪ねる機会がありました。その上司の方と話した時に「アカデミーから帰ってきて、輝いているんですよ。いったい何をしたんですか?」と興味を持って尋ねられたことが何とも印象深く、若手女性のエンパワメントを目的に続けてきたグラスルーツ・アカデミーが、意味のあるプロジェクトだったと改めて確信できました。この場のすべてに関わった、ファシリテーター、飯坂温泉伊勢屋の方々、WEスタッフと参加してくれた女性たちに感謝しかありません。 (田浦佐知子)

 

アクティブ・ホープについてはこちら
http://activehope.jp/

 

ムーブメント・メディスンについてはこちら
http://studiogracia.web.fc2.com/movement.html

 

*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
女性のしごと相談窓口~開設中
ホットダイヤル  TEL 080-9256-0035 (相談窓口専用)
電話相談 利用時間: 毎水曜日 13:00-18:00、毎月第1・第3日曜日 10:00-13:00
対面相談:まずは電話でご予約ください。
電話相談利用時間以外にも応じますので、希望日時をお伝えください。
月1で気仙沼出張いたします!
ハローワーク気仙沼のご協力により、月に一度、気仙沼にて対面相談をお受けします。
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

 

〔5月~7月の活動報告〕
宮城・東北(場所の特記のないものは南三陸町)
5/10-12(金-日)グラスルーツ・アカデミー東北2019in 福島
5/13(月)リアンの会
5/18(土)アンガーマネジメント講座(気仙沼)
5/19(日)JA南三陸朝市出店
5/20(月)ヨガ
5/21(火)赤ちゃんとわたしの井戸端会議(アロマ)/WEしゃいん食堂
5/24(金)こころとカラダのトリセツセミナー(更年期講座)
5/25(土)こころとカラダのトリセツセミナー(更年期講座)気仙沼
5/27(月)リアンの会、ヨガ
6/1(土)赤ちゃんとわたしの井戸端会議(幼児の性教育)
6/3(月)リアンの会、ヨガ
6/9(日)ひころマルシェ初夏
6/13(金)ストレスのないコミュニケーション講座(気仙沼)
6/17(月)リアンの会/ヨガ
6/21(金)たがい市/南三陸の中世・志津川編
6/22(土)パン菓子工房oui パンの共同販売会
6/24(月)(株)佐久 FSCの森モニター
6/25(火)しゃいん食堂
7/6 (土)東洋英和女学院桜井ゼミ視察受入
7/13(土)ストレスのないコミュニケーション講座(気仙沼)
7/16(火)しゃいん食堂
7/17(水)ホンダカーズ研修受入
7/18(木)WEくらぶ旅するごはん会~南インド編~
7/19(金)たがい市/南三陸の中世勉強会・入谷編
7/21-23(日-火)岩手・田野畑村フィールドワーク
7/22(月)リアンの会/ヨガ

 

東京、その他
6/19 (水)成蹊大学ボランティアまつり出展
7/9-10(火-水)駒込大観音ほおずき千成り市

 

〔8月からの活動予定〕
宮城・東北(場所の特記のないものは南三陸町)
8/10 (土)戸倉おきなぐら納涼まつり出店
8/12 (月)ヨガ
8/13-16(火-金) WE夏休み
8/16 (金)南三陸の中世勉強会・歌津編
8/20 (火)しゃいん食堂
8/25 (日)架け橋マルシェ出店(気仙沼階上)
8/26 (水)ヨガ
9/3 (火)ひころマルシェタープ制作
9/8(日)お寺マルシェ出店(登米)
9/9(月)りあんの会(刺し子)
9/14(火)上山八幡秋祭りでの宵宮祭たがい市
9/15(水)アースデイ富谷出店
9/20(金)たがい市@歌津伊里前/南三陸の中世勉強会最終回
9/29(日)福祉まつり
9/30(月)りあんの会(刺し子)

 

*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
編集後記
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*
ひころマルシェにもご協賛いただいている地元の林業会社(株)佐久のFSC認証の森で行われたモニターツアーに参加してきました。
今回のモニターツアーは香りの良い葉っぱや花を摘んで、アロマの瓶詰め(ティンクトリー)を作ろうという企画。今年から佐久に加わった植物学者のぼたんちゃんこと大渕香菜子さんの説明を聞きながら、しっとりふかふかの森を歩きました。ぼたんちゃんは、目に入るどんな植物のことを尋ねても名前から特徴からいろんなこと教えてくれます。
震災後に南三陸町の事業者たちが協力しあって取得したFSC認証は、環境と社会に配慮した持続可能な森を育てる仕組みだとはぼんやり知っていましたが、そもそも森の見た目が全然違う。適正に間伐された森は光が入って明るいし、生物多様性に配慮して杉の森だけれども下草や灌木、わりと高さのある広葉樹まで一緒に残してあるのです。なので植物の種類がとても豊富で、そこに集まってくる鳥や虫たちも多種多様。自然といのちの豊かさをうたう、南三陸の復興を特徴づけているなあと感じます。今後いろいろな森ツアーが企画・催行されるようです。ぼたんちゃんのおかげで生まれる、森ガールたちも喜ぶ森ツアー楽しみですね。(塩本美紀)
*—*—*—*—*—*—*—*-–*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

 

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net

 

facebookで情報発信しています。FBページのイイね!が2500に到達しました!
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/
みなさんからのいいね!ありがとうございます。


2019年3月-4月「WEメルマ!」第50号
GW明けはグラスルーツ・アカデミー、6月はひころマルシェ!

2019年3月-4月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第50号————
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

風薫る5月の到来とともに、新元号「令和」の時代になりました。ウィのメルマガも記念すべき第50号です。

 

【お知らせ】
◆◆◆グラスルーツ・アカデミー東北in福島〔特別編〕
『つながりを取り戻すワーク』◆◆◆
社会の変革を願いつつも悲しみや怒り、悼み、嘆き、不安を抱えたまま立ち止まってしまう女性たちが、前進する力を取り戻していくことを目的として、『つながりを取り戻すワーク』を開催します。
このワークは、ジョアンナ・メイシー(米国のディープ・エコロジスト/仏教哲学者 著書「アクティブ・ホープ」など)が生み出し、長年実践され、世界に大きな希望をもたらしてきました。過去の社会変革ムーブメントの中には社会への不満や怒りから起こったものが多く見られます。一方で、目的を成し遂げた多くの社会変革は、痛みを「大切なものを守りたい」「大事にしたい」という強い願いとして捉え直し、それを活動の核としています。自分の中にある痛みに触れ、深くつながることで、逆にそこから私たちは力を得ることができます。
今回は、ジョアンナの直弟子で、米国バークレー在住の齊藤由香さんが講師をしてくださる貴重な機会になります。まだ若干の空きがあります。関心のある方には募集要項をお送りしますので、info@womenseye.netまでお問い合わせください。
〈対象〉岩手・宮城・福島在住25歳~45歳女性 社会人経験があり、コミュニティや社会課題に対して何らかの活動をしている方(どんな小さな活動でもOK)。または、25歳~45歳女性で福島からの広域避難者の方。
*こういう思いを持っている方へ
・生活環境、社会に怒りや不満を持っていて、何とかしたいと思っている。
・何らかの活動をしているが、壁が大きいと感じて諦めたくなることがある。
・活動をする中で、不安を安心して分かち合える人がいなくて辛い。
・「アクティブ・ホープ」に興味がある。
〈日程〉 2019年5月10日(金)13:00集合~ 5月12(日)16:00 2泊3日
〈会場〉 福島市内
〈参加費〉1万円(研修費・宿泊費・食事含む)
*この活動に対する特定寄付・ご協賛を募集しております。なにとぞお願いいたします。資料をお送りいたします、info@womenseye.netまでお問い合わせください。

 

◆◆◆ひころマルシェ2019初夏開催します!
ご協賛とボランティアスタッフ募集のお願い◆◆◆

 

おいしい・楽しい・すこやかなくらしをこの土地で。
緑豊かな南三陸町入谷(いりや)「ひころの里」で開催する、オーガニックマルシェです。いっぱい走れる子どもあそび場、太陽光電源のライブステージなどなど、地域での循環やエコに関心を高めながら、心も体ものびやかにピクニック気分で1日のんびり楽しめるマルシェとして定着してきましたが、運営は毎回綱渡りです。

 

なにとぞ、マルシェの趣旨をご理解のうえ、ご寄付、ご協賛にご協力お願いいたします。
また、事前準備、前日・当日のボランティアを大募集しています。アフターパーティーもありますよ、地元の方々とも交流でき楽しい体験ができます。
こちらまでお問い合わせください。
info@womenseye.net

 

日時: 2019年6月9日(日) 10:00~15:00
場所: ひころの里野外(宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)

 

[主催]ひころマルシェ実行委員会
[事務局]うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
宮城県本吉郡南三陸町入谷字山の神平10-1
TEL/FAX: 0226-25-9517(担当:中島)
メール:hikoromarche@womenseye.net
[共催]ひころの里

 

———————————————————————-
【WEニュース短信】
◆◆◆[南三陸]ナリワイ塾生発表イベント~さんさん館deひなマルシェ開催しました◆◆◆
「WEと一緒に~小さなナリワイ塾」第2期塾生たちによるナリワイ実践の場としてひなまつりの日の小さなイベントを、便乗企画の皆さんとともに、賑やかに開催することができました。
寄せ植え販売、気功&無痛整体、洋服お直しカフェ、妄想リレー小説WS、個性とスキルとアイデアを生かしたナリワイ塾生のチャレンジをお客さんたちも喜んでくださいました。食堂では、ル・ボワ・タンのデトックスランチ、かもしか堂のカフェ営業と、パン菓子工房ouiのパンもおいしく大好評。そのほか、装飾屋ventによる磯のハーバリウムWSとAtellier Cocozeraのアクセサリー販売、アロマのハンドマッサージ、古着のエクスチェンジなど、お客様は思い思いの楽しみをみつけてゆったりとした時間を過ごされていました。会場の木造校舎の宿がもつ懐かしい雰囲気は人々を温かく迎え、のんびりさせてくれる力があるようです。ナリワイ塾生たちとは、これからも南三陸サークル「WEくらぶ」を通じてつながりながら、みんなのマイペースを応援していきます。

 

◆◆◆[南三陸]さんさん館×WEの「しゃいん食堂」はじめました◆◆◆
まわりに飲食店はほとんどなくコンビニも撤退。お弁当を持ってくる暇がなく「今日も昼ごはん難民……」そんな南三陸入谷のWE事務所スタッフの悩みと、事務所隣のグルーンツーリズムの宿「さんさん館」スタッフたちの「昼カフェ営業をやってみたい」をマッチングしたコラボ企画『しゃいん食堂』をほぼ月1ではじめました。通常は泊まり客のお食事とグループ予約のみの「さんさん館」食堂で、地元の食材をつかった旬の味をお手頃価格で提供いただきます。
初回はSNSのイベント告知だけでしたが、子育て中のママ、移住者や町内で働く若い世代、地元の方など23名が利用くださいました。「地域にコンビニも飲食店も減ってしまい、これはすごく嬉しい企画」、「こういう食事を食べられるところがないから、もっと利用したい人がいると思う」、「食事があるから(WEにも)来るきっかけになる」と好評の声をいただいています。Facebookでイベントとして発信しています。南三陸町においでの際はぜひお立ち寄りください。

 

◆◆◆[東京]ありがとう、三陸ワカメまつり2019!◆◆◆
ちょうど満開の桜のもと開催できた今年の三陸ワカメまつり。お天気にドキドキしましたが、多くのみなさんに、さまざまな南三陸の魅力を知っていただくことができました。ご来場くださったみなさん、お手伝いくださったみなさん、本当にありがとうございます。このイベントを通して毎回、新たなご縁とつながりが生まれています。
今回のワカメまつりでは共催のさとうみファームさん、そして南三陸応援団のご協力で上山八幡宮禰宜・工藤真弓さん、でんでんむしカンパニー代表中村未來さんが南三陸町から来てくださいました。
さとうみファームの糸紡ぎコーナーは子どもたちに大人気。
3/30の工藤真弓さんお話会、3/31の中村未來さんお話会ともに大勢の方に聞いていただき、会が終わってもみなさん熱心に質問を続けていらっしゃいました。こうして顔をみて直接お話できるということが本当に大事だなと感じる時間でした。
震災から9年目にはいりました。工事はまだまだ続いています。災害が「課題先進地」の時計を一歩進めたとさえ言われた三陸沿岸で、これまで人びとにどんなことが起こってきたのか。お茶を飲んで交流しながら、お互いに耳を傾ける機会を作っていけたらと思います。

 

◆◆◆[東京]日野市・黒川防災会で講演~関心を高めることが課題◆◆◆
首都直下地震等の様々な災害に備えるために、地域住民による自主防災組織は地域活動(共助)の重要な担い手になります。
今回、東京都の自主防災組織支援事業の一環で、日野市黒川防災会の皆さんに東日本大震災の被災地での活動経験から「地域のみんなで考える防災」について事務局長の栗林がお話させていただきました。行政が作成している防災計画を参照し、自主防災組織の役割を確認しながら、実際の現場ではどのようなことが発生し、問題になるのか、一緒に考える時間をつくりました。
集まって下さった皆さんはとても熱心に話を聞いて下さり、地域防災の関心の高さを感じるとともに、いかに関心の低い層にアプローチすればいいのか課題を共有する時間でもありました。
———————————————————————-
【WEレポート】
◆◆◆マララさんも登壇したWAW!/W20サミット
◆◆◆日本全国から2日間で3千人が来場
◆◆◆グローバルな目線で女性がどうハードルを超えていけるかを学びました

 

3月23、24日の2日間、東京のホテルニューオータニに、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん、元チリ大統領ミシェル・バチェレさん、車椅子のアルゼンチン副大統領ガブリエラ・ミケティさん他、女性と世界の課題に取り組む登壇者だけで90名以上が集まりました。世界レベルの女性のロールモデル、He for She(男性がジェンダー平等変革の主体者となるUN Womenの運動)を代表する男性ロールモデルたちによるセッションの内容は、現実をどう変えていくか、どう変えて来たかを学ぶイベントでした。

 

W20代表たち(男性もいます!)は、20カ国から70名以上が集まり、イベント前日の3月22日、翌日のイベント冒頭で安倍首相に手渡すW20コミュニケ(20カ国の女性たち&男性による共同提言)を完成させるため、長い話し合いを行いました。その協議は12時間続き、コミュニケ内容の全ての言葉に対して、各国代表が合意するまで続きました。W20コミュニケは、多数決で決めるのではなく、コンセンサスと呼ばれる全員の意見の合意が得られるまで話し合って決めていきます。各国間の経済、政治、文化、女性のおかれた状況は異なるため、言葉を一つ選ぶにも、様々な意見が出ますが、その意見一つひとつを聞き、どの言葉であれば納得までいかなくとも受け入れることが可能かを確認し、交渉していきます。そんな緊迫した話し合いが朝1時まで続き、公式なコミュニケを印刷し終わったのは朝3時という舞台裏がありました。ただ、一つ言えることは、全員が、女性が経済分野でも自分らしい活躍ができるよう社会を変えていきたいと願って、W20の活動を行なっていました。コミュニケ内容には、仙台でのW20東北国内対話集会で話し合われた内容も盛り込まれています。G20は6月に大阪で開催されますので、W20活動はまだまだ続いていきます。各地でのW20イベントも予定していますが、イベントを主催してW20を盛り上げていきたいという活動も歓迎ですので、その際はご連絡ください。

 

完成したW20コミュニケ(日本語版)https://w20japan.org/pdf/w20_communique_jp.pdf

 

W20Japanの活動状況
https://www.facebook.com/W20JAPAN2019/
(レポート:石本めぐみ)

 

【WEからのお願い】
ウィメンズアイの東北での以下の活動を続けて行うため、ご寄付をお願いしております。みなさまのご支援が私たちの活動の力です。なにとぞご協力をお願いいたします。
・被災地の女性のエンパワーメント事業
・復興途上の町での生活支援事業
・若手女性リーダーへの研修と起業支援事業

 

*マンスリーサポーター(毎月定額寄付)毎月500円から
*一般寄付
どちらも、クレジットカードでのお支払いが可能です。
詳しくはこちらのページから http://womenseye.net/support

 

———————————————————————-
〔3~4月の活動報告〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
3/3(日)さんさん館deひなマルシェ
3/11(月)刺し子サークル「リアンの会」@歌津
3/13(水)みやぎ地域復興助成報告会@石巻
3/15(金)南三陸の中世連続講座第2回
3/17(日)活動発表「あぐりどんとまつり」@仙台
3/18(月)ヨガ/南三陸町家庭教育支援チーム会議出席
3/25(月)ヨガ/刺し子サークル「リアンの会」@歌津、WE事務所
3/27(水)工房利用者の会
4/1(月)刺し子サークル「リアンの会」@歌津、ヨガ
4/12・20(金・土)せんまや100人女子会作戦会議
4/15(月)刺し子サークル「リアンの会」@歌津、ヨガ
4/18(木)竹テント油抜き
4/19(金)南三陸の中世連続講座第3回
4/20(土)木工講座スツール作り
4/21(日)結の里1周年イベント出店
4/23(火)WEとさんさん館のコラボ企画「しゃいん食堂」開催
4/24(水)刺し子サークル「リアンの会」@WE事務所
4/27(土)千厩 春のパンまつり出店
4/28(日)かめフェス in 亀ケ森公園出店

 

◆東京、その他
3/11(月)日経SDGsシンポジウム登壇(石本)
3/13(木)あい基金パネルディスカッション登壇(石本)
3/16(土)日野市黒川防災会講演会(栗林)
3/22-24 (金-日)WAW/W20@ホテルニューオータニ
3/30-31(土-日)三陸ワカメまつり@上野桜木あたり
4/20(土)アースデイ東京出店

 

〔5月~の活動予定〕
5/10-12(金-日)グラスルーツ・アカデミー東北2019in 福島
5/13(月)リアンの会
5/18(土)アンガーマネジメント講座(気仙沼)
5/19(日)JA南三陸朝市出店
5/20(月)ヨガ
5/21(火)赤ちゃんとわたしの井戸端会議(アロマ)/WEしゃいん食堂
5/24(金)こころとカラダのトリセツセミナー(更年期講座)南三陸町
5/25(土)こころとカラダのトリセツセミナー(更年期講座)気仙沼
5/27(月)リアンの会、ヨガ
6/1(土)赤ちゃんとわたしの井戸端会議
6/4(火)WE6周年
6/9(日)ひころマルシェ初夏
6/23(日)アンガーマネジメント講座(南三陸)

 

〔編集後記〕
日本には戦争のなかった平成。一方で平成3年の雲仙普賢岳の平成大噴火にはじまり、地震・火山活動の活発化と大規模風水害の頻発が、いのちと暮らしに脅威をもたらすことを改めて深く感じた時でもありました。令和は災害の少ない世の中になってほしいとの声がテレビでも多く紹介されています。自然と共生する知恵と工夫を磨き実践しながら、人災を減らす努力をおこたらず、人の間に「和」をもたらし平和な時代を築いていきたいものです。
(塩本美紀)

 

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています。FBページのイイね!が2500に到達しました!
みなさんからのいいね!ありがとうございます。


2019年1月-2月「WEメルマ!」第49号

2019年1月-2月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第49号————
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

もうすぐ3月がやってきます。被災した時に中学1年生だった子どもたちが今年成人を迎えました。「荒れる成人式、南三陸では考えられない」という記事が朝日新聞で配信されていました。都会の大学に進学した子ども達は、震災のことがあまりにも忘れられていることにショックを受け、震災の経験を伝え、自分の故郷へのスタディーツアーを行う団体を立ち上げ活動しています。一息に成長せざるをえなかった彼らの言葉は、深く、まわりに着実に影響を与え始めています。

 

【お知らせ】
◆◆◆今年もやります、三陸ワカメまつり
桜の季節に南三陸から~浜の便りを届けます◆◆◆
東日本大震災から8年目の3月、恒例のワカメまつりを開催します。ぜひ、会いに来てください。今年は、震災後に南三陸町歌津寄木にできた羊牧場「さとうみファーム」さんとの共催です。また、「南三陸応縁団」のご協力で、お2人の素敵な町民ゲストをお迎えします。
日時*3/30(土)、3/31(日) 11:00~17:00
会場*「上野桜木あたり」東京都台東区上野桜木2丁目15-6
JR日暮里駅南改札より徒歩10分、JR上野駅公園口より徒歩15分、東京メトロ千代田線根津駅、千駄木駅より各徒歩10分
【美味しいコーナー】
浜から直送! 旬のワカメしゃぶしゃぶ、/桜の時期にぷっくり肥えた蒸し牡蠣/東北の日本酒も!
【路地のマルシェ】
塩蔵ワカメ、海産物、農産品、加工品
パン菓子工房ouiのパン
コミュニティスペースうみねこの潮風とうがらし、いちじく茶
でんでんむしカンパニーの藍染めグッズ、あい茶
さとうみファームの羊毛グッズ、糸紡ぎ体験
【ゲストトーク】
工藤真弓さん(南三陸町志津川 上山八幡宮 禰宜)
・祈りのかたち~紙で作る神棚飾り「きりこ」の展示とご紹介
・3/30  15:30~16:30 お話会
「南三陸 椿ものがたり復興~これまでと、これから」

 

中村未來さん(南三陸町歌津)
・3/31 15:30~16:30
「古民家リノベでちいさな宿つくります~
私が移住した南三陸町『払川』のこと、藍のこと」
【移住・旅行情報】
・南三陸町ってどんなところ? 今どうなってるの? 写真展示
・3/31 南三陸町移住支援センターのコーナー

 

主催:NPO法人ウィメンズアイ、(一社)さとうみファーム
協力:復興みなさん会、南三陸応縁団、南三陸町移住支援センター
後援:(一社)南三陸町観光協会

 

タケダいのちとくらし再生プログラムの助成を受けて実施しております

 

上山八幡宮禰宜の工藤真弓さんは、ご自身も津波で自宅を失うも、仮設住宅でのサロン活動を通してみなさんとまちの未来を語る「椿の復興物語」の活動を続けてこられました。柔らかい感性を持った素晴らしい女性で、詩人であり、絵本の出版もなさっています。南三陸の繊細な紙の神棚飾り「きりこ」の展示と紹介もしてくださいます。
でんでんむしカンパニーの中村未來さんは、移住して南三陸町観光協会スタッフとして働くうち、「限界集落」と呼ばれる場所の美しさとそこにある可能性に気づき、古民家リノベーションに乗り出します。同時に、畑で藍を育て染色をはじめています。若い彼女の目に映った「被災地」はどんな場所だったのでしょうか。
またとない機会です、ぜひお二人の話を聞いてください。
———————————————————————-
【WEニュース短信】
◆◆◆東松島市野蒜にて「のびるママのほっとすぺーす」を開催◆◆◆
復興庁「地域づくりハンズオン支援事業」の一環で、子育て世代を対象とした取り組みのアドバイザーとして東松島市の野蒜まちづくり協議会とのご縁をいただきました。何度かのミーティングを経て、1/24(木)と1/26(土)の2回、まち協主催で「のびるママのほっとすぺーす」を開催してみることに。アロマのハンドマッサージと温かい飲み物でほっと癒されつつ、のんびりおしゃべりできる場を準備し、見守り保育スタッフとして子育て支援センターの保育士さんや保健師さん、地域の保育士OGさんにも入っていただけました。自然な雰囲気に、ママたちのお困りごとがホロリと出てきたり、高台団地での人のつながりはこれからだという野蒜の今が見えたりスタッフ振り返りでは今後のまちを考える大事な視点がたくさん出てきました。嬉しすぎる誤算は、土曜日に子どもたちを連れたパパたちが来てくれたこと! 保育士さんともゆっくり話ができたそうです。まち協役員のみなさんの野蒜愛とやる気にうたれました。きっと、ますます、いい町になりそうです。

 

◆◆◆せんまや100人女子会にお声がけいただき、交流してきました◆◆◆
南三陸町から1時間足らず。岩手県南部、一関市の「千厩(せんまや)」で昨年から、町を元気にしたいと「せんまや100人女子会」プロジェクトが始まっています。鶴岡のナリワイプロジェクトを通じて、WEの小さなナリワイ塾にも興味を持っていただき交流が始まりました。自営業の方、商工会、まちづくり会社、行政職員などのコアメンバー女性たちとの話し合いから、2/17(日)の女子会に参加。高校生からシニアまで50人を超える参加者で熱気溢れるなか、ファシリテーターからこれまでの取り組みの解説がありました。WEからは「女性のまなざしで地域を元気にする」パン菓子シェア工房やマルシェなどの取り組みをお伝えし、WEが研修などに取り入れている共同作業体験(=チームビルディング)を提供しました。参加者全員が楽しく一生懸命取り組み、自分ができる、貢献できることに気づいてグループでの振り返りが止まりません。みなさんの地元・千厩の美しさを表現した言葉たちを聞いていると、自分の町を良くしたいという気持ちがまっすぐで思わず胸が熱くなりました。夏に予定されている駅前での社会実験プロジェクト、そして、そこを通過点に地元女子の力が良い形でいかされていく、千厩の未来を応援しています!

 

◆◆◆コミュニケーション美人になるためのコツ講座~まわりの人と良い関係をつくる◆◆◆
宮城県の補助事業で本吉圏域(南三陸町、気仙沼市)でWEが開設している「女性のしごと相談窓口」のカウンセラーであり専門学校でコミュニケーション学の講師も務める中村雪子さんを講師に講座を行いました。伝えたいことがあるのに、うまく伝えられない。言いにくいことをどう伝えたらいいのか。とくに仕事や暮らしの場でまわりの人と良い関係をつくることは日々の気持ちに直結します。具体的なケースを想定しての実践ワークでは、参加した方から「なるほど!」の声も聞かれました。

 

◆◆◆防災をもっと身近に!~ラジオでお話ししました◆◆◆
毎週日曜日の早朝、ラジオで防災への取り組みを紹介している文化放送の番組「防災アワー」の2月ゲストとして、代表石本がお話させて頂きました。日々の生活の中で備えること、大事です。

 

◆◆◆パン菓子工房ouiが2周年を迎えました◆◆◆
多くのみなさんからのご寄付を募って立ち上げた、女性たちがシェアしながら第一歩を踏み出せる「パン菓子工房oui」が、2/25で2周年を迎えました。これも、応援してくださったみなさんのおかげです。工房利用者は現在15人。利用用途はパンだけでなく、お饅頭や、ジャムなどにも広がっています。うち一人の女性がついに、気仙沼でのパン屋さんの独立開業に向けて動き出しました。また、町内で3人の子どもを育てている元パン職人のママが社会復帰の第一歩として週末工房販売のWEのパンをつくるスタッフになりました。工房はみんなのあゆみとともにゆっくり、着実に歩を進めています。
———————————————————————-
【WEレポート】
◆◆◆W20パリ会合、ローカルとグローバルで考える、女性が自分らしく生きるための仕組みづくり◆◆◆

 

2月4、5日の2日間、パリのOECD本部で開催されたW20パリ会合へ行ってきました。はじめての国際会合でドキドキしすぎて眠れません!!! 20カ国の中でパリに集まれたW20代表たちは、イギリス、アメリカ、EU、サウジアラビア、メキシコ、アルゼンチン、韓国、トルコ、フランスそして日本など。議題は、無償家事労働、賃金格差、年金格差、STEAM、AI、デジタル業界の女性不足、教育格差、性暴力、女性の起業支援、金融アクセス、ジェンダー/ESG投資、公正な制度、公約の実施のモニタリングなどなど幅広いです。どの国の女性も、自国の女性だけでなく、世界の女性が、女だからという性差別や制度に縛られることなく、公正な社会を自分たちの手でつくるために行動しています。そのためには、日本も含めて世界の女性たちが手を取り合うことが大事なのだと思いました。そして、東北の各地域で女性たちが活動していることは世界で女性たちが向かっている方向へとまっすぐにつながっていると感じた瞬間でした。W20の最新情報は、ぜひfacebookで追ってください。https://www.facebook.com/W20JAPAN2019/

 

(レポート:石本めぐみ)
———————————————————————-
【WEからのお願い】
ウィメンズアイの東北での以下の活動を続けて行うため、ご寄付をお願いしております。みなさまのご支援が私たちの活動の支えです。なにとぞご協力をお願いいたします。
・被災地の女性のエンパワーメント事業
・復興途上の町での生活支援事業
・若手女性リーダーへの研修と起業支援事業

 

*マンスリーサポーター(毎月定額寄付)毎月500円から
*一般寄付
どちらも、クレジットカードでのお支払いが可能です。
詳しくはこちらのページから http://womenseye.net/support

 

———————————————————————-
〔1~2月の活動報告〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
1/7(月)ヨガ
1/8(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
1/9(水)ストレスのないコミュニケーション集中講座特別編/WEくらぶごはん会
1/11(金)ストレスのないコミュニケーション講座2回目
1/21(月)刺し子サークル「リアンの会」/ヨガ
1/22(火)千厩100人女子会コアWS
1/24(木)ママのほっとすぺーす@野蒜
1/26(土)JA婦人部講演会/ママのほっとすぺーす@野蒜
1/27(日)コミュニケーション美人になるためのコツ講座(南三陸)
2/2(土)カラダゴト講座
2/3(日)パンのスキルアップ講座
2/5(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
2/8(金)ストレスのないコミュニケーション講座3回目
2/10(日)コミュニケーション美人になるためのコツ講座(気仙沼)
2/15(金)南三陸の中世
2/16(土)千厩ひなまつり1DAYマルシェ出店
2/17(日)千厩100人女子会

 

◆東京、その他
2/1(金)-5(土)W20会合@パリ出席(石本)

 

〔3月~の活動予定〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
3/3(日)さんさん館deひなマルシェ
3/13(水)みやぎ地域復興助成報告会@石巻
3/15(金)南三陸の中世
3/17(日)あぐりどんとまつり@仙台
3/18(月)ヨガ
3/25(月)ヨガ/刺し子サークル「リアンの会」

 

◆東京、その他
3/30(土), 31(日) 三陸ワカメまつり@上野桜木あたり
——————————————————–
〔編集後記〕
いつも活動している南三陸町とその周辺から一歩外の地域での活動に声がけいただけるようになりました。改めて、地域の事情はそれぞれに違うこと、最初のヒアリングや事前調査の感度を高くすることが重要だと感じました。
まちの主だった女性たち自身が手を携えて動き出した千厩での取り組みに関わることではっとしたのは、被災地が復興過程で抱えてきた難しさでした。
域内に使える恒久的な場所がなく、予想のつかない未来にむかっているところに外部人材が流入。あちこちで生まれる仮の計画、空想上のワークショップ。期待の高まりと、がっかりの連続がある種の疲弊を生んだ可能性は否めません。待ったなしのまちづくりを急かされながら、そもそもみんな、自分の暮らし、自分の商売を立て直すことに必死で歩んで来たのです。自戒も含め、人々のペースに本当に見合う活動を行えていたのかと考えさせられました。
今ようやく、志津川に待望の生涯学習センターと図書館、消防署が建設中です。市街地はまだほとんど更地、商業エリアと公園エリアはこれからです。
(塩本美紀)
——————————————————-
特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています! FBページのイイね!が2000に到達しました。あと少しで2500!
みなさんからのいいね!ありがとうございます。


2018年11月-12月「WEメルマ!」第48号

2018年11月-12月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第48号————
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております。

 

暮れも押し迫りました。2018年は年明けの豪雪から始まり、西日本豪雨による広域水害、相次ぐ台風、大阪北部地震、北海道胆振東部地震、その他日本各地で絶え間なく自然の猛威に襲われた年になりました。過ぎる日々と新たな災害の報に、つい先だっての被災地の様子にさえ疎くなり、今年の漢字が「災」と発表されて初めてあれもこれも今年の出来事かと噛みしめました。どこにいても備えを忘れないようにしたいものです。
本年もまことにお世話になりました。来たる年が皆様にとって穏やかで明るいものとなりますようお祈りいたします。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】
◆◆◆年末年始休業のお知らせ◆◆◆
2018年12月28日(金)より2019年1月6日(日)までNPO法人ウィメンズアイは年末年始のお休みをいただきます。年明けは1月7日(月)が仕事始めとなります。何卒宜しくお願い申し上げます。

 

◆◆◆《2019年より》ご寄付にクレジット決済がご利用いただけます◆◆◆
ウィメンズアイへのご寄付が簡単にできるようになります。年明けから、「一般寄付」および、毎月500円から任意の金額でご利用いただける「毎月定額寄付」に、(株)ROBOT PAYMENTのクレジット決済システムを導入します。従来通りのお振込みによるご寄付もお申し受けいたします。
ウィメンズアイの活動はサポートしてくださるみなさまのあたたかいご支援なくしては成り立ちません。
誰もがいきいきと暮らせる「しなやかな社会」を作るために、いのちと暮らしをみつめる女性のまなざしが欠かせません。平時の課題は、非常時により大きな課題となります。東日本大震災の経験から、より一層女性の力づけ(=エンパワーメント)が
必要なことが明らかになりました。ウィメンズアイは、地方、コミュニティ、草の根で活躍する日本の女性たちに学びとつながりをつくり、成長を促し、次世代の豊かな社会をつくる人材を育てます。
なにとぞ活動の趣旨をご理解いただき、ご支援賜りますようお願い申し上げます。
ご寄付のページへ(1月よりクレジット決済運用開始予定)
http://womenseye.net/support

 

———————————————————————–
【WEニュース短信】
◆◆◆瀬地山角先生講演会
「笑って考えよう 暮らしのこと しごとのこと 子どもたちの未来のこと」◆◆◆
東京大学大学院の瀬地山角(せちやま かく)先生によるジェンダー講演会を気仙沼市・南三陸町で2日間にわたり開催しました。両会場ともに若いママたちが沢山集まって下さり、中には夫婦で参加して下さった方も。笑いあり、動画やデータを使った説明はわかりやすく、「男性の家事が社会を救う」というメッセージを女性にも男性にも納得感を持って聞いていただけました。
アンケート感想より
「もっと、『夫婦で子育て』という感覚に自信をもって感じてよいのだと思えた。」(30代、女性)
会社を経営する立場として女性の就労について前向きに考えることができました。」(30代 男性)
「働くことに意欲、意義がもてました。」(30代、女性)
「ただの意識の問題でなく、実際の必要性という点を強調されていて、印象に残る内容だった。」(20代、女性)
今まさに家事や子育てに忙しい世代に聞いてほしいと、先生のご提案でキッズプログラムを同時開催しました。ご後援頂いた団体やボランティアの皆さんにご協力頂き、今回の場をつくることができました。本当にありがとうございます。
11月17日(気仙沼会場)/共催:気仙沼市/後援:気仙沼市教育委員会、一般社団法人気仙沼青年会議所
11月18日(南三陸会場)/共催:南三陸町/後援:社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会

 

◆◆◆みんなの子そだてフェスタ~おばあちゃんの味「果報団子」に舌鼓◆◆◆
11月23日(祝・金)歌津復興交流センターにて開催しました。 園内は赤ちゃんや小さいお子さん連れの親子で大賑わい。手づくりワークショップや、駄菓子屋さんが大賑わい。ベビー&キッズフォトコーナーもカメラマンさん大忙しでした。
園庭では、飲食ブースで美味しいものを食べてほっこり、体を動かして楽しみました。
地元のおばあちゃん達による郷土食“果報団子(萩の枝が入っていたら「あたり」)”のおふるまいも大成功で、子どもたちは恐る恐る団子をほおばって、枝を見つけてにっこり笑顔に。ご協力を下さった皆さま、出店者の皆さま、本当にありがとうございました。
来場者数:217名、出店者(子ども向けプログラム含む):13組 キッズダンス:2組 、主催:やってみるもん!委員会、NPO法人ウィメンズアイ 協力:歌津地区復興支援の会 一燈、一般社団法人さとうみファーム 後援:南三陸町

 

◆◆◆JICA研修受け入れ~戸倉婦人会の震災後の取り組みを語る◆◆◆
11月25日(日)、JICA研修「ノンフォーマル教育の推進」コースに参加する7カ国の教育機関職員の皆さんが訪問してくださいました。午前中はウィの活動を紹介し、午後は戸倉婦人会から4人をゲストに招き、震災からの地域での取り組みについてお話いただきました。最後に、先日開催された「戸倉食の文化祭」と各国の食文化をお互いに紹介しあい国際交流。ミャンマーの研修生ががんづきは故郷の味だと喜んでくれたり、識字率が低い国や今も紛争がある国の状況などを聞いて世界のことを改めて知る機会にもなりました。

 

◆◆◆カラダゴト教室~今回は「菌と発酵」◆◆◆
自分のカラダのこと、お子さんや家族のカラダのこと、「食べること」を豊かにして安心して暮らしていけるよう学ぶWEのカラダゴト教室。12月13日(木)の今回はひころマルシェでもおなじみの蔵王の台湾喫茶慢瑤茶(まんようちゃ)さんによる「菌と発酵」講座でした。土にいる菌から自分のカラダの中にいる菌まで、発酵を知ることは、自然の循環を知ること。自家製発酵食を使ったお弁当を囲んで上手に「菌活」するコツも学びました。

 

◆◆◆久しぶりに「南三陸まなびの女子会」開催◆◆◆
未来の見えなかった震災後3年目の春。まちのこれからを考えようと多世代女性による震災10年後の中越視察から始まったこの会の活動をスライドで振り返りました。当時の南三陸では想像できない、想像する力を持てない状況にあった震災後10年目がすぐそこに近づいています。
参加者の近況報告の中に、中越視察で地域の女性たちから学んだ「無理しない、諦めない、楽しむ」のキーワードを自分達の取り組みの中でも大事にしていたことを改めて確認しました。美味しい食事を囲んで、笑って、励まされたり、励ましたり。どんどん平常化していく被災地でここからのまちづくりについて一緒に考えていきます。住友理工さんの「あったか切符」でお弁当をご支援いただきました、ありがとうございました。

 

◆◆◆ナリワイ塾生の「ついでカフェ」、WEのオープンデーとともに開催◆◆◆
「月3万円ビジネス」の考え方で一歩踏み出し、得意なこと、いいこと、困りごとから、楽しくすてきな複業をつくるWEと一緒に小さなナリワイ塾。事業のブラッシュアップには小さな実践とお客さんからのフィードバックが何よりと、12月8日に塾生発案のお試しイベント「ついでカフェ」を開催。さんさん館の食堂で、4つの体験・販売コーナーと、デトックスランチのカフェを出店しました。振り返りでは、次回3月の開催に向けて、さまざまな気づきを話してくれました。
この日は、隣の棟にあるWEの事務所や庭も「オープンデー」と称し、楽しい仕掛けをしてみなさんに遊びに来ていただき、普段と違った空気でゆっくりお話しできました。

 

◆◆◆ママの防災意識が高まる「大切な私と家族を守るために」@東京◆◆◆
11月30日、東京都の大田区男女平等推進センター「エセナおおた」でママ向け防災初級講座「大切な私と家族を守るために」講師を代表の石本が務めさせて頂きました。
今回は27名のママたちの学ぶ力のパワーと防災への新しいアイデアが次々出てくることに感激。防災を身近に考えるキッカケにして頂けると嬉しいです。

 

———————————————————————–
【WEレポート】
W20国内対話~仙台で開催。東北の女性たちの声を届けました
2019年6月、日本ではじめてG20首脳会合が大阪で開催されます。G20には、提言を行う公式グループがあり、女性に関する提言を行うのが『W20』です。来年のG20議長国である日本で、W20 Japan 2019運営委員会が発足し、代表の石本が運営委員に就任いたしました。
W20は、まず各地での国内対話集会を行い「女性の経済的エンパワーメント」に関する国内の意見を集め、その後、G20の国々を代表するW20代表者の女性たちと国際的な対話を行い、最終的にG20への提言となるコミュニケ(共同声明)をまとめ上げます。そのコミュニケは、来年3月に開催するW20サミットで、来年のG20議長国である日本へ手渡されます。
W20国内対話集会は東京や大阪で開催された他、12月21日に仙台で開催されました。W20共同代表の目黒依子さん(上智大学名誉教授)、W20運営委員の大崎麻子さん(Gender Action Platform理事)、C20事務局/2019 G20サミット市民社会プラットフォームの堀内葵さんがW20やC20について説明を行い、W20運営委員の石本が司会進行を行いました。当日は、宮城県大崎市、石巻市、登米市、仙台市、福島県福島市、会津若松市、山形県鶴岡市、酒田市、東京都、神奈川県横浜市など様々な地域からの参加者を得て、女性起業家、中小企業で働く女性たち、地方格差の課題を中心に意見交換が行われました。東日本大震災を経験した東北で女性たちの声を集めることができたのは大きな意味を持ちます。開催にあたっては、せんだい男女共同参画財団をはじめとした多くの方々のあたたかいサポートをいただきました。ご協力くださった皆さま、遠路からご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

 

W20 Japanホームページ
https://w20japan.org/

 

(石本めぐみ)

 

———————————————————————–
〔11~12月の活動報告〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
11/17(土)瀬地山角先生ジェンダー講演会@気仙沼
11/18(日)瀬地山角先生ジェンダー講演会@南三陸
11/23(金)みんなの子そだてフェスタ
11/25(日)JICA研修受け入れ
11/26(月)刺し子サークル「リアンの会」/ヨガ@さんさん館
12/2(日)みやぎの女性活躍促進サポーター養成研修@仙台 パネリスト(石本)
12/3(月)WEと一緒に小さなナリワイ塾/ヨガ
12/4(火)タケダ助成金報告会@仙台
12/6(木)結の里協議会/ストレスのないコミュニケーション講座
12/7(金)竹テントWS~竹の間伐体験
12/8(土)ついでカフェ@さんさん館/WEのオープンデー
12/9(日)せんまや100人女子会コアメンバー来訪
12/10(月)刺し子サークル「リアンの会」
12/11(火)南三陸まなびの女子会
12/13(木)カラダゴト講座~菌と発酵の勉強会
12/17(月)刺し子サークル「リアンの会」/ヨガ
12/21(金)W20国内対話集会・東北会場(仙台開催)
12/23(日)JA暮の市出店

 

◆東京、その他
11/18(日)横浜なごみ邸出店
11/18(日)徳島フューチャーズアカデミー(石本)
11/23(金)東京・中野哲学堂公園イベント出店
11/30(金)東京・エセナおおた防災講演(石本)
12/8(日)東京理科大Hult Prize審査員(石本)
12/15(土) 人間の安全保障インデックスシンポジウム「SDGsと日本:誰も置き去りにしないために何をすべきか」パネリスト(石本)
12/17(月)W20国内対話集会・大阪会場スピーチ(石本)

 

〔1月~の活動予定〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
1/7(月)ヨガ
1/8(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
1/9(水)ストレスのないコミュニケーション集中講座特別編/WEくらぶごはん会
1/11(金)ストレスのないコミュニケーション講座2回目
1/21(月)刺し子サークル「リアンの会」/ヨガ
1/22(火)千厩100人女子会コアWS
1/24(木)ママのほっとすぺーす@野蒜
1/26(土)JA婦人部講演会/ママのほっとすぺーす@野蒜
1/27(日)コミュニケーション美人講座(南三陸)
2/2(土)カラダゴト講座
2/3(日)パンのスキルアップ講座
2/5(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
2/10(日)コミュニケーション美人講座(気仙沼)
2/17(日)千厩100人女子会
———————————————————————–
〔編集後記〕
「ついでカフェ」の日にはじめてWEのオープンデーを開催してみました。これは、WEの事務所になっているさんさん館別棟音楽室と裏庭を人が集まって何かが生まれる拠点としてもっと活用したい!という知恵だしの会の参加者たちからのアイデア。当日はお天気にめぐまれたこともあり、裏庭で薪割りをしつつ薪ストーブを焚きながら思い思いにカツオの藁焼きをつくってみたり、ポップコーンを作ってみたり。WEスタッフも力作の「ダンボール製出張小窓」でパンの移動販売を。お子さんづれでのぞいてくれたご近所さん、気仙沼や仙台から訪ねてきてくれた人もあり、おしゃべりと笑いの絶えない日になりました。この場所の可能性にみんなで妄想をふくらませています。春の訪れを待ちながら。
(塩本美紀)
———————————————————————–
特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782?宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています!FBページのイイね!が2000に到達しました。
みなさんからのいいね!ありがとうございます。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/


2018年10月-11月「WEメルマ!」第47号

2018年10月-11月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第47号————
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております。

 

イベント目白押しの秋も中盤を過ぎました。南三陸町も稲刈りが終わった里では干し柿作り、少しのんびりした雰囲気です。一方、里海はワカメの種ハサミ、そしてこれから旬まっただなかの牡蠣のシーズンに向けてにわかに活気づいています。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】
◆◆◆11/18(土)は横浜・中山へ~大753市×ゆめフェスに参加◆◆◆
女川のコミュニティスペースうみねこさん、南三陸のさとうみファームさんにお声がけいただき、横浜でのゆめフェスに参ります! WEのブースはパン菓子工房ouiのパンのほか、南三陸の里山里海のおいしいもの取り揃えています。特別メニューで、コミュニティスペースうみねこさんの潮風唐辛子を使った「ホヤチリパン」も販売。ワークショップで作っている竹テントや、南三陸杉を使ったマルシェ什器もぜひ見に来てください。当日はスタッフも少ないのでもしお手伝いいただける方ありましたらぜひお願いします。
同日に、一帯では毎月第3日曜日の「753(なごみ)市」も開催されるそうで、にぎやかな1日になりそうです。詳しくはこちらのイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1812944772149813/
日時:2018年11月18日(日) 10時30分~16時
場所:なごみ邸 屋外テント(横浜市緑区中山町21-1)
*JR横浜線 中山駅から徒歩5分
☆参加団体☆
一般社団法人 コミュニティスペースうみねこ
特定非営利活動法人 ウィメンズアイ
一般社団法人 さとうみファーム
※タケダいのちとくらし再生プログラム第2期助成を活用させて頂いております。

 

◆◆◆震災復興支援 哲学堂公園チャリティーイベント2018東京・中野◆◆◆
紅葉の季節、恒例の中野区哲学堂公園のチャリティーイベントに参加します。
日時:11月23日(金・祝) 10:00~15:00
会場:哲学堂公園(中野駅北口から江古田駅行関東バスで「哲学堂」下車)
出店場所は哲学堂公園管理事務所前テント。今年は、関東バスのブースのほか、ミニ縁日、インドネシアの影絵やフォルクローレのライブなどもあるようです。詳しくはこちらをごらんください。
https://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/category/gurutto/gurutto_event/57865

 

◆◆◆11月17日気仙沼市、18日南三陸町にて ジェンダー講演会
「笑って考えよう 暮らしのこと しごとのこと 子どもたちの未来のこと」◆◆◆
毎年500人以上が受講し、立ち見がでるほどおもしろい!?
「世界一受けたい授業」東大生100人へのアンケートで東大人気講義No.1に選ばれたジェンダー論の講師 瀬地山角(せちやま かく)さんを迎え、講演会を開催します。
子育て中のパパ・ママ、プレママ・パパ世代の方、女性の活躍を応援したい企業・団体の方、行政の職員さん、地域の女性グループの方に、ぜひ聞いてほしい! 内容が沢山詰まった90分です。子育てを体験し、現在は保育所の運営にも携わっている瀬地山さん。そんな先生が考える、子どもたちの未来のこと。楽しく笑って、これからの少子高齢化社会を乗り越える暮らし方、働き方を一緒に考えてみませんか。
参加費:無料
講師:瀬地山 角さん(東京大学大学院教授)

 

▼気仙沼会場
日時:2018年11月17日(土)14:00~15:30
※キッズプログラムは13:30~/会場:市民福祉センターやすらぎ 多目的ホール/定員:100名
共催:気仙沼市
後援:気仙沼市教育委員会、一般社団法人気仙沼青年会議所

 

▼南三陸会場
日時:2018年11月18日(日)10:00~11:30
※キッズプログラムは9:30~/会場:南三陸町役場 マチドマ/定員:80名
共催:南三陸町
後援:社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会

 

お申込み方法:お名前・連絡先を下記問い合わせまで電話・FAX・メールにてお知らせください。
問い合わせ先:NPO法人ウィメンズアイ 電話・FAX 0226-25-9517 携帯 090-6065-1517 Email info@womenseye.net

 

◆◆◆11月23日(金・祝) 南三陸「みんなの子そだてフェスタ」開催します◆◆◆
南三陸町のママたちによる団体「やってみるもん!委員会」とWEの共催ではじめたこのイベントももう4回目。
家族みんなで遊びにいこう 南三陸 第4回「みんなの子そだてフェスタ」
日時:11月23日(金・祝) 11:00~14:00 雨天決行
会場:歌津復興交流センター(元伊里前保育所)
https://www.facebook.com/events/182410052635479/ご寄付のお願い

 

◆◆◆12/7(金), 8(土), 9(日) 南三陸に来ませんか~体験の週末◆◆◆
現在2期目の「WEと一緒に小さなナリワイ塾」。12/8(土)に校舎の宿さんさん館で、参加者たちが小さくナリワイをお試しするモニターイベントを開催します。
また、12/7(金)と12/9(土)は、うみさと暮らしのラボで進めてきた、竹の活用&竹テントづくりワークショップも開催。
https://www.facebook.com/events/339743489913544/
この週末WEの活動を見学に、ぜひ南三陸町に来ませんか。ご希望によって、宿泊先のご紹介もいたします。info@womenseye.net 「WE~体験の週末」係まで

 

———————————————————————–
【WEニュース短信】
◆◆◆今年度の「小さなたがい市」終了~来春またぜひお会いしましょう◆◆◆
買い物する場所がなく、お年寄りがたくさんお住まいの高台団地に小商いを持った女性たちが伺ってお店をひらく「小さなたがい市」。WEのナリワイ塾メンバーが南三陸町社会福祉協議会さんのご協力を得て、町内で4回開催しました。(1、3回目志津川「結の里」 リアスふれあい広場、2回目歌津総合支所前老人福祉センター、4回目戸倉・沖田地区集会所の駐車場)。家から歩けるとあって、団地のみなさんを中心にたくさんの方が来てくださいました。出店は、お惣菜、お弁当、園芸品、手芸小物、パン、菓子、社協さんのカフェ、フリーマーケットなど。次はいつ来るのー、と言っていただきましたが、これから寒くなる季節。またぜひ来春、お伺いできるようにがんばりたいと思います。

 

◆◆◆食の文化祭@戸倉公民館 大盛況でした◆◆◆
10月21日(日)は、戸倉公民館主催で「戸倉 食の文化祭」。当日朝早くから、続々とお母さんたち自慢の一皿が集まってきました。テーブル一杯に並んだ家庭料理や、漁協銀ザケ部会の銀ザケ押し寿司と戸倉婦人会のふのり汁は、試食タイムが始まると「美味しいね」、「綺麗だね」という声とともにあっという間になくなってしまいました。お母さんたちのパワーを実感できる一日でした。最後は、皆でバンザイして喜びあいました。
2年前に登米市新田地区の食の文化祭を一緒に視察した婦人会の女性たちから、「食をテーマにした会だけど、終わってみたら人のつながりを感じる会だった」、「やってよかった」という声を聞けてほっとしました。戸倉公民館の皆さんの力で、南三陸町で実現できたこと、本当にありがとうございました。
そして、料理を出展して下さった皆さん、ありがとうございます。お二人、男性の出展もあり、嬉しかったです!

 

◆◆◆世界各地の行政官のみなさんが訪問~JICA研修を受け入れました◆◆◆
JICA東北「災害復興支援研修」で、災害復興に携わるネパール、フィリピン、エクアドルなどの行政官のみなさんたちが来日され、東京、仙台、東松島、大槌、釜石、そして南三陸で1か月にわたり学びました。
10月31日には南三陸町でのWEの受け入れで「復興における女性の役割、女性支援」プログラムを開催しました。朝9時から夕方18時までの長丁場。まず、ウィの活動を紹介しながら、地域での女性活躍について研修員の皆さんと話し合いました。
午前は 西城 良子さんをゲストスピーカーにお迎えし、震災時の避難から避難所運営など役場職員としての経験、震災後に地域の女性たちとともに立ち上げた「ぬくもり工房」での味噌作りについてなど。素敵なお着物で登場され、おもてなしの心が研修員のみなさんにも伝わりました。
午後は、南三陸町役場で商工観光課の 宮川 舞さんに「南三陸町の観光復興」についてお話頂きました。民間のがんばりをいかに行政側がサポートするかについての話には、時間オーバーしても質問がとまりませんでした。
参加者からは、「自分の国では、震災の経験共有が十分にされていないと気づいた」「観光復興は、農村でも貴重な資源になり得るので自分の国でもぜひ取り組んでみたい」「女性が経済的な活動に関わることが重要だ」「女性への予算を確保し女性政策をすすめたい」などなどたくさんの感想を頂きました。
今回は、わたしたちがいつもお世話になっている、ウィ事務所お隣の校舎の宿・さんさん館に2泊されました。ベジタリアンのネパールの女性も、安心して美味しい料理を楽しめたそうです。

 

◆◆◆帯広市女性のエンパワメント講座に講師としてお招きいただきました◆◆◆
10月23日(火)は、帯広市で開催された男女共同参画講座「女性のまなざしを~もっときらめく町内活動を」にて事務局長の栗林がお話をさせて頂きました。9月に大きな地震を経験したばかりで、防災にも興味を持って沢山の市民の方が集まって下さいました。
今回企画して下さった帯広市市民活動部の皆さんが、講演後も熱心に話を聞いて下さり、場所は違っても地域を元気にしていくために意見交換させてもらえたのは貴重な時間でした。本当にありがとうございます。
なお、当日の様子を十勝毎日新聞に掲載いただきました。
https://kachimai.jp/article/index.php?no=2018102612590

 

———————————————————————–
【WEレポート】
速報~グラスルーツ・アカデミー東北 2018 in 宮城開催しました。

 

グラスルーツ・アカデミーは2015年の国連防災世界会議をきっかけに南三陸で始まりましたが、今年その南三陸で再度開催することができました。
11月9日(金)より11日(日)までの3日間で、岩手、宮城、福島から18名が集まりました。チームビルディングや参加者自身の活動紹介プレゼン、南三陸でまちづくりに活躍する工藤真弓さんからのお話のほか、今年2月にロサンゼルス研修の際にも講義をしていただいたクレイグ・イシイさんからのプレゼンテーションと、盛りだくさんの内容。今回は初参加が10名でしたが、初日のチームビルディングですっかり意気投合、ここに集う同世代の仲間から多くを学ぶ3日間となりました。参加者は、農家、栄養士、子供服シェアビジネス、NPOを支える中間支援、まちづくり、チーズ工房、藍生産と加工、パン製造販売、ママのための居場所づくり、などなど、多様な活動に携わる方々。活動内容は違えども、ビジョンや悩みは共感できるものばかり。地域のため、未来を受け継ぐ子どものため、女性のためなど、社会課題に小さく取り組む女性たちが、他者から、仲間から、そして自分自身から気づきを得、パワーアップして、それぞれのホームへ帰っていきました。一番の成果は、信頼して学び合える仲間を得られたことかもしれません。
(田浦佐知子)
*当研修は復興庁「新しい東北」官民連携推進協議会 連携事業に採択いただき、「東北の若手女性起業家・社会事業家ネットワーク」として開催いたしました。

 

———————————————————————–
〔10~11月の活動報告〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
10/2(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
10/3(水)志津川高校講話(栗林)
10/5-6(金-土)ひころマルシェ設営日
10/7(日)ひころマルシェ2018秋
10/8(月・祝)ひころの里映画鑑賞会「おだやかな革命」
10/15 (月) 刺し子サークル「リアンの会」
10/18(木)出張マルシェ「小さな たがい市」@結の里
10/21(日)食の文化祭@戸倉公民館
10/25 (木) WE拠点づくりの集い
10/29 (月) 刺し子サークル「リアンの会」
10/30 (火) 南三陸町福祉健康祭り振り返り会議
10/31(水)JICA東北研修受け入れ
/出張マルシェ「小さな たがい市」@歌津老人福祉センター
11/4(日)出張マルシェ「小さな たがい市」@結の里
11/6(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
11/8(木)出張マルシェ「小さな たがい市」@戸倉・沖田地区集会所前
11/8 (木) WEくらぶ懇親会
11/9-11(金-日)グラスルーツアカデミーin宮城
11/12(月)刺し子サークル「リアンの会」
11/14(水)JCNツアー受け入れ
11/15(木)WE拠点づくりの集い

 

◆東京、その他<br>
10/13(土)貝塚市ジェンダー講座(石本)
10/15(月)御坊中学校講話(石本)
10/23(火)帯広市女性のエンパワメント講座(栗林)
10/27(土)アースガーデン@東京代々木公園出店

 

〔11月~の活動予定〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
11/17(土)瀬地山角先生ジェンダー講演会@気仙沼
11/18(日)瀬地山角先生ジェンダー講演会@南三陸
11/23(金)みんなの子そだてフェスタ
11/25(日)JICA研修受け入れ
11/26(月)刺し子サークル「リアンの会」
12/2(日)みやぎの女性活躍促進サポーター養成研修@仙台 パネリスト(石本)
12/3(月)WEと一緒に小さなナリワイ塾
12/4(火)タケダ助成金報告会@仙台
12/7(金)竹テントWS~竹の間伐と油抜き体験
12/8(土)体験カフェ@さんさん館
12/9(日)竹テントWS~テントづくり
12/21(金)W20仙台会議

 

◆東京、その他<br>
11/18(日)横浜なごみ邸出店
11/18(日)徳島フューチャーズアカデミー(石本)
11/23(金)東京・中野哲学堂公園イベント出店
11/30(金)エセナおおた講演(石本)

 

———————————————————————–
〔編集後記〕
たがい市、今年度最終回の戸倉にやっと参加することができました。開始前から、集会所前の会場にはご近所のおばあちゃんたちを中心にたくさんの方々が集まって来られました。「まだですよー、いいですかー、3、2、1、開始~!」とカウントダウンとともにスタート。週末に入谷の産直に出しているお母さんがたも今日のために特別に作ってくださったそうで、預かった手づくり大福は瞬時に完売。フリーマーケットも大盛況。みなさん思い思いにカレーや栗ごはん、豚汁などのお昼を食べたり、久しぶりに会った知り合いと縁側に座っておしゃべりしたり、社協さんのカフェでコーヒーを楽しんだり。とてもおだやかな、いい空気が流れていました。
ナリワイ塾メンバーたちはお客様とお話ししながら、暮らしのお困りごとなどの聞き取りもしています。具体的な人を喜ばせることからはじまるのが、地域でまわす小さなナリワイの考え方。出店のたびに、みんなの学びも深まっています。
(塩本美紀)
———————————————————-
特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています!FBページのイイね!が2000に到達しました。
みなさんからのいいね!ありがとうございます。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/


2018年8月-9月「WEメルマ!」第46号

2018年8月-9月

特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第46号————
名刺交換をさせていただいたみなさまにお送りしております。

 

この8月、これまでの取り組みに対し、吉野正芳復興大臣から感謝状をいただきました。贈呈式では温かい言葉をかけていただき、大変嬉しく光栄で、身が引き締まる思いです。東日本大震災から約7年半、私たちが活動を続けてこられたのも、地域の方々をはじめ、応援してくださる大勢のみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】
◆◆◆今週末開催 ひころマルシェ秋、翌日は関連企画の映画鑑賞会も◆◆◆
おいしく、楽しく、すこやかなくらしを、この土地で。持続可能な暮らしをテーマにしたひころマルシェ、7回目を迎えます。
いつも好評な「子どもあそび場」をはじめとして、今回は、南三陸町の若者による「ひころマルシェ実行委員会」が中心になり、地元食材とエネルギーをテーマにした屋台や、ゴミゼロ、リユースなど、少しずつ地球にやさしく楽しいチャレンジに取り組んでいます。
ボランティア、ひころマルシェ実行委員会へのご寄付、ご協賛受け付けております。続けていくためにより多くの仲間を求めています。いっしょに南三陸町と近隣地域の未来をつくっていきませんか。
http://womenseye.net/event/2953

 

また、マルシェの関連企画として翌日10/8(月・祝)には、地域のエネルギー自給と持続可能な暮らしをテーマにした映画「おだやかな革命」を、ひころの里の文化財「松笠屋敷」の土間で上映いたします。監督にもご来町いただき、南三陸町での取り組みなどもご案内しながら町内出身者にもパネラーをお願いし、お話会を開催します。参加ご希望の方はinfo@womenseye.netまでお知らせください。
https://www.facebook.com/events/303855747113343/

 

[ひころマルシェ開催概要]
日時: 2018年10月7日(日) 10:00~15:00
場所: ひころの里野外 宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442

 

主催:ひころマルシェ実行委員会
共催:ひころの里
事務局:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
協賛:宮城県民共済
(株)佐久 (株)山健重機 (有)山藤運輸 (株)及善商店 阿部将己 さかい内科・胃腸科クリニック 飯塚電気商会
後援:南三陸町 (一社)南三陸町観光協会
協力:Yes工房 入谷公民館 志津川高等学校 ぴぃす★かんぱにぃ ホテルアイルーム南三陸ほか

 

[ひころの里映画鑑賞会 開催概要]
https://www.facebook.com/events/303855747113343/
10/8(月・祝)
上映スケジュール
1回目 10:00~11:40 定員30名
2回目 13:00~14:40 定員30名
お話会 15:00~16:00 定員40名
http://odayaka-kakumei.com

 

映画鑑賞チケット 500 円(お茶とお茶菓子付き)

 

お話会「これからの里山の豊かさを考える」
日時 10/8(月・祝)15:00~16:00 ひころの里 広間 定員40 名 入場無料
司会:安藤仁美(南三陸研修センター)
パネラー:渡辺智史監督
山内明美さん(宮城教育大学准教授)
佐藤太一さん((株)佐久 専務取締役)

 

◆◆◆始動! 南三陸町の高台団地で出張マルシェ「小さな たがい市」◆◆◆
高台にあたらしく復興団地ができましたが、歩いて行ける商店がほとんどありません。車で出かけるのが難しい皆さんも楽しめる場を作ろうと、出張マルシェを企画しました。南三陸町の社会福祉協議会のご協力でシニア皆さんも集まりやすい場所を会場にできました。出店・出品してくださるのは、WEのナリワイ塾メンバーや、料理上手な地元のお母さんがた。ぜひ、遊びにいらしてください。
10/18(木)@志津川 結の里
10/31(水)@歌津 老人福祉センター
11/4(日)@志津川 志津川東第2集会所
11/中 @戸倉 場所 未定

 

◆◆◆女性のしごと相談窓口~月1で気仙沼出張いたします!◆◆
ハローワーク気仙沼のご協力により10月から月に一度気仙沼にて専任カウンセラーによる対面相談をお受けします。お子さん連れでもOK、安心していらしてください。
日時 毎月第2金曜日 10:30~15:00
場所 ハローワーク気仙沼 小会議室(気仙沼駅より徒歩3分)
まずはお電話でご予約ください。当日受付も対応できますが、事前予約の方を優先させていただきますのでご了承ください。
電話 0226-25-9517 /090-6065-1517(担当:中村、栗林)

 

◆◆◆秋の首都圏イベント出店情報~ボランティア募集中◆◆◆
10/27(土)アースガーデン@東京代々木公園
→物販ボランティア募集中 ひころマルシェの仲間達と一緒に出店します。
10/28(日)にわじゃむ@東京ひばりが丘
→パン菓子工房ouiのパン販売してくださいます。
11/18(日)横浜なごみ亭 ゆめフェス出店
→中山駅近くのすてきな日本家屋です。物販、WS、ボランティア募集中
コミュニティスペースうみねこさんのイベントに参加します。
11/23(金)東京・中野哲学堂 東日本大震災復興支援イベント
→物販、WS、ボランティア募集中。
———————————————————————–
【WEニュース短信】
◆◆◆WEと一緒に小さなナリワイ塾 第2期 開講しました◆◆◆
8月7日(火)の初回講座では、講師の田浦より、これまでのビジネスと「月3万円ビジネス」の違い、地方で創る小さなナリワイの考え方、とくに誰かのお困りごとがニーズになる点をお話しし、これから8か月の講座でおこなっていくことをシェアしました。自分のはたらき方を見つめ直したい、モヤモヤを何とかしたいと参加者が集まってくれました。9月3日(月)の2回目では、小さなナリワイから出発した先輩として、「スタジオどどいち」の橋元さんのお話をうかがいました。

 

◆◆◆WE事務所を拠点にゆるやかなつながりを~「WEくらぶ」はじめました◆◆◆
WEと一緒に小さなナリワイ塾から派生して、得意なことを情報交換&シェアしあって小さな仕事や活動を一緒に探したり作ったりしていくことを目的に、女性限定の「WEくらぶ」をはじめました。これまでWEの講座に参加してくださった方や、ナリワイ塾のメンバーが登録しはじめてくれています。
希望者は講座やイベントの企画づくりに参加したり、WEから小さなお仕事のマッチングや、マルシェ出店情報などを受け取ることができます。お互いの情報交換をする社交の場としても機能していくよう、9月5日にはじめての顔合わせごはん会(ベトナム料理の会)を開催しました。

 

◆◆◆講座:山あり谷ありじぶんの仕事~山梨初*女性起業支援の現場から◆◆◆
9月25日は、山梨からNPO法人bond placeの芦澤香さんをゲストにお招きして、自分で事業を始めた女性、これから始めようとしている女性向けの講座「山あり谷あり じぶんの仕事~山梨発 未来を切りひらく女性起業支援の現場から」を行いました。これまでの芦澤さんの支援活動の経験から、失敗する人のキーワードに「わかるわかるー」と共感したり、「はっ!」とさせられたりしながら、あっという間の2時間でした。
終わってからも参加者同士の会話が大変盛り上がっていました。自分で気づけないことも、他の誰かと一緒に考えたり、悩みを共有しあったりできる。つながりは大事だと感じました。芦澤さん、貴重な時間を作っていただき、ありがとうございました。

 

◆◆◆「地域女性の働き方の未来 in 会津」◆◆◆
9月30日に福島県会津若松市にて、「地域女性の働き方の未来 in 会津」を東京ニュービジネス協議会の女性活躍推進委員会のみなさんと共催しました。基調講演はフランス人美術史家・キュレーターのアンヌ=ロール・シャンボワシエさんがフランスの地方で開催しているアートイベントを紹介。地方の観光資源としてアート、アーティストの育成へ国が投資していること、地域の資源を掘り起こし地図上に可視化することが第一歩だと話しました。イベントに先立ち開催された2日間のスタディ・ツアーでは、Uターンして地元で起業や、家業を継いだ女性たちの話を聞きました。地方ならではの困難を抱えながらも、自分の感性を信じて商品開発を行い、職場環境を変えている姿に参加者全員が元気を頂きました。

 

◆◆◆埼玉県人権啓発研修会◆◆◆
「災害における人権の配慮~女性の視点より~」というテーマで、代表の石本が7月から8月にかけて計3回の講義をさせて頂きました。対象は、埼玉県民生員・児童委員、人権擁護委員や人権問題に関わる職員のみなさんでした。どの会場でも熱心にメモを取り、特に災害後の女性が経験した困難についての関心が高かったです。埼玉県のみなさま、大変お世話になりました。

 

———————————————————————–
【WEレポート】
9月初旬、2つの団体の方々が南三陸町に視察に来て下さいました。
9月1日、2日は女性の活躍を応援する「あい基金」さん企画による東北の被災地をめぐるスタディツアー。あい基金さんには2年間にわたって助成をいただいております。さんさん館での1時間のお話とパン菓子工房oui見学のほか、女川・石巻・南三陸で女性たちの活躍する場所の訪問をコーディネートさせていただきました。2日目はWEのスタッフも同行させて頂き、まちと人々の暮らしの変化を振り返る貴重な機会となりました。ご参加くださった皆様、ご協力くださった皆様、ありがとうございました。
ご協力下さった訪問先:
一般社団法人コミュニティスペースうみねこ
一般社団法人イシノマキ・ファーム
グリーンツーリズム体験・校舎の宿さんさん館
農漁家レストラン慶明丸
たみこの海パック

 

また、9月3日には東京ワーカーズ・コレクティブ協同組合の皆さんが訪問して下さいました。パン・菓子工房ouiの見学ののち、さんさん館でのお話会。同じ思いをもった人たちが集まって協同ではたらく形を実現している皆さんと、まだ始まったばかりのシェア加工場の事業について意見交換させていただけました。お昼はさんさん館で旬の野菜いっぱいのカレーランチ。沢山応援の声をいただき、とても元気がでる時間でした。ありがとうございました。
(栗林美知子)
———————————————————————–
〔7~9月の活動報告〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
*毎週水、第1・第3日曜日は女性のしごと相談日
*毎週金、土はシェア加工場「パン菓子工房oui」でWEのパン販売日

 

7/21  土 トークサロン-彼女とワタシのこれから-奏海の杜 太齋京子さん
7/22 日 コミュニケーション力アップ講座@南三陸
7/22  日 カラダゴト教室
7/23  月 パン菓子工房oui利用者向けパンのスキルアップ教室
8/4 土 松島伊達モノ市出店
8/7 火 ナリワイ塾
8/9 木 コミュニケーション講座
8/11 土 さとうみファーム羊まつり出店
8/12 日 wawawa宮城シングルマザー親子の会
8/19 日 たけくらぶ
8/22 水 ナリワイ塾補講
8/25 土 「みなさぽ」パン菓子工房視察
8/26 日 かめフェス@石巻 出店
9/1 土 コアトリエ@仙台 出店、たけくらぶ
9/2 日 あい基金スタディツアー 視察受け入れ
9/3 月 ワーカーズコレクティブ 視察受け入れ
9/4 火 大正大学「竹の活用」プログラム受け入れ
9/5 水 WEくらぶ ごはん会
9/9 日 お寺マルシェ出店
9/16 日 ひころマルシェ出店者説明会
9/19 水 ひころマルシェ出店者説明会
9/21 金 赤ちゃんとワタシの井戸端会議
9/22 土 ひきだしマルシェ出店(仙台)
9/23 日 ストレスのないコミュニケーション講座特別編
9/25 火 講座:山あり谷ありじぶんの仕事~山梨初*女性起業支援の現場から
9/26 水 旧林際小学校音楽室ワークショップ
9/27,28 木-金 大正大学地域創生学部1年生インターン生3名受入
9/30日南三陸町福祉健康まつり

 

◆東京、その他<br>
7/19木 3団体合同 活動報告会@東京
7/18水 北海道教育大学函館校(石本)<br>
7/24火 人権啓発研修会@埼玉(石本)
7/31火 人権啓発研修会@埼玉(石本)
8/2木 人権啓発研修会@埼玉(石本)
8/6 月 年次総会
9/1-5土-水 豊岡市SDGsジェンダー指標女性ヒアリング(石本)
9/29 土 「地域フェアin大正大学」パン販売
9/30日「地域女性の働き方の未来 in 会津」

 

〔9月以降の活動予定〕
◆宮城・東北(場所の特記がないものは南三陸町)
10/2(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
10/3(水)志津川高校講話(栗林、中島)
10/5-6(金-土)ひころマルシェ設営日
10/7(日)ひころマルシェ2018秋
10/8(月・祝)ひころの里映画鑑賞会「おだやかな革命」
10/18(木)出張マルシェ「小さな たがい市」@結の里
10/21(日)食の文化祭@戸倉公民館
10/31(水)JICA東北研修受け入れ
出張マルシェ「小さな たがい市」@歌津老人福祉センター
11/4(日)出張マルシェ「小さな たがい市」@結の里
11/6(火)WEと一緒に小さなナリワイ塾
11/9-11(金-日)グラスルーツアカデミーin宮城
11/17(土)瀬地山角先生男女共同参画講演会@気仙沼
11/18(日)瀬地山角先生男女共同参画講演会@南三陸
11/23(金)みんなのこそだてフェスタ
11/25(日)JICA研修

 

◆東京、その他<br>
10/13(土)貝塚市ジェンダー講座(石本)
10/15(月)御坊中学校講話(石本)
10/23(火)帯広市女性のエンパワメント講座(栗林)
10/27(土)アースガーデン@東京代々木公園出店
10/28(日)にわじゃむ@東京ひばりが丘出店
11/18(日)横浜なごみ亭出店
11/18(日)徳島フューチャーズアカデミー(石本)
11/23(金)中野哲学堂出店
11/30(金)エセナおおた講演(石本)
———————————————————————–
〔編集後記〕
今日の南三陸は心も澄み渡るような秋晴れ、最高の稲刈り日和です。
南三陸町アリーナのある高台の新しい団地にある福祉モール「結の里」前駐車場で、今日から(株)AMITAさんによる資源ごみ分別回収実証実験がはじまりました。分別がとても細かいかわりに、参加してくれた町民のみなさんに「感謝ポイント」が貯まります。
福祉モール「結の里」では、社会福祉協議会の女性スタッフたちがきびきび明るく働いていて、誰でも気軽に来られるカフェもあります。貯まった感謝ポイントをコーヒーなどに使えるというので、気になっていた、入っていいのかわからなかったという方々も、初めて足を踏み入れておられました。
ここは、いろんな交流が生まれそうな場所です。パン菓子工房ouiの利用者「いずみぱん」さんが水曜日にパンを売っていたり、WEで先月開催したママの井戸端会議メンバーの赤ちゃん預かりあいっこもこちらのカフェの一角を使わせてもらっているとか。デイサービスのおばあちゃんたちも赤ちゃんの声がすると喜んでくださっているそうです。表に出ると、あさひ幼稚園も近いので、子ども達の歓声も聞こえてきます。
もう仮設じゃないと思ったら、しみじみ嬉しくなりました。
はじめての「小さな たがい市」もここで開催させてもらえることになりました。おたがいさまの優しいつながりを生み出せるような、あたたかい市にしていきたいですね。
(塩本美紀)
———————————————————————–
特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています!FBページのイイね!が2000に到達しました。
みなさんからのいいね!ありがとうございます。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/


2018年5月-7月「WEメルマ!」第45号

2018年5月-7月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第45号————————–——
名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしております

 

西日本豪雨の被害にあわれた地域のみなさまにお見舞い申し上げます。日本中、どこも災害とは無縁ではないと思い知らされました。お互いさまで支え合えるつながりが求められています。WEも現在、広島在住の理事を通じて物資やボランティア受入れなどの状況を見守っているところです。これ以上の大雨がやってきませんように。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】——————————————————————-
◆◆◆7/19(木)@東京 南三陸×女川 3団体連携報告会
人とひとを紡ぐ ― 今被災地で求められている事 ― ◆◆◆

 

WEが南三陸町に事務所&拠点をかまえて1年半。復興の「発展期」と位置付けられている今、現地はどんな課題を抱え、どんなことが求められているのか。わかめ羊の牧場をたちあげた南三陸町の(一社)さとうみファームさん、果樹園をコアに仕事と生きがいづくりにはげむ女川町の(一社)コミュニティスペースうみねこさんとともに、合同報告会を開催することになりました。

 

東日本大震災から8年目の被災地、宮城県女川町、南三陸町。
緊急支援から立ち上がった3団体は今、地域に根ざし、困難に向き合いながら新たな役目を果たしつつあります。求められているのは、知恵を共有し、人とひとの力をより合わせていくこと。ぜひ現場からの声に耳を傾け、東北の今を知り、新たな縁を紡いでください。そして、わたしたちを訪ねてきてください。WEからは、事務局長の栗林が登壇します。

 

[日時]2018年7月19日(木)18:30~20:30
[場所]アーツ千代田3331 (東京都千代田区外神田6-11-14)
銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分、千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
詳細および、チラシはこちらからどうぞ
http://womenseye.net/event/2842

 

◆◆◆南三陸町[WEと一緒に小さなナリワイ塾]第2期の募集をはじめました◆◆◆
好きや得意をいかした、自分らしい小さなしごとを作りたい
思いを磨き、一歩踏み出し、自分のペースにあわせて長く続ける
仲間と一緒に、自分の「小さなナリワイ」を考えつくるプログラムです。

 

昨年度、鶴岡ナリワイプロジェクトの井東敬子さんを講師に迎えて開催した、南三陸町でのナリワイ塾。今年度はいよいよ、より地元にフィットしたWEのプログラムとして開催します。 7か月間、いっしょに学び実践する参加者を募集します。
*8月7日(火)開講、毎月ほぼ第1火曜日開催。詳しくは下のイベントをごらんください。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/

 

また、鶴岡ナリワイプロジェクトさんの呼びかけで、6/8(土)@東京・入谷にて、全国で「ナリワイ講座」をおこなう仲間たちの集まり
\ しごとづくりはまちづくり/地域のしごとギャザリング2018 に参加。南三陸町での取り組みを報告してきました。
この日の模様は日経新聞東北版にも取り上げていただけたそうです
http://tsuruoka-nariwai.com/6-9地域のしごとづくりギャザリング%E3%80%80日経新聞掲/
女性たちが主体的に動き出すと、町が変わります。自分のことを安心して話す場づくりがその第1歩になると思っています。

 

◆◆◆[速報]ひころマルシェ 2018年秋~10月7日(日)開催します◆◆◆
ボランティアスタッフ大募集中です。ぜひともこの3連休は南三陸町を訪ねてきてください。出店募集はこちら「うみさと暮らしのラボ」Facebookページで近日中におこないます。マルシェのテーマと趣旨にふさわしい企画に限り、一部、遠方からの出店も受け付けております(先着順ではありません)。
なお、ひころマルシェへのご協賛を広く募集しております。復興途上のこの町で「この土地で続く暮らし」をテーマにした、エコでオーガニック&子どもあそび場のあるマルシェ。この場から、いろんなつながりが生まれます。ぜひ、なんらかの形で関わってみてください。
https://www.facebook.com/umisatokurashinolabo/
また、10/8(月・祝)には、関連企画としてひころの里で映画「おだやかな革命」http://odayaka-kakumei.com の上映会も行います。監督および、南三陸町の若者たちのトークセッションも企画しています。

 

◆◆◆WEは5周年を迎えました~メンバー(賛助会員)加入、継続メンバー新年度会費納入のお願い◆◆◆
5月末日でWEの2017年度を終え、6月からの新年度、WEは5周年を迎えます。これから南三陸町の拠点を使って町の女性たち、東北の女性たちと一緒に未来を作る活動を行っていきます。復興支援の時期がだんだん終わり、WEの活動に心を寄せてくださるみなさまの会費、ご寄付が私たちの活動を支えています。
なにとぞ、メンバー(賛助会員)へのご参加をお願い申し上げます。メンバーには、スタッフ交流会等の情報をお届けしております。
詳しくはこちらのページをごらんください。
http://womenseye.net/support
———————————————————————-
【WEニュース短信】
◆◆◆ひころマルシェ2018初夏 6月3日開催報告◆◆◆
2018年6月3日(日)はお天気に恵まれ、マルシェは過去最大規模に。今回から、主催は地元の有志の「ひころマルシェ実行委員会」となりました。実行委員長は、WEスタッフの中島綾子です。なお、WEは、うみさと暮らしのラボとして事務局をつとめています。今回は、「ゴミゼロ・チャレンジ」と銘打って、ゴミを減らす取り組みをスタートすることにしました。南三陸町でバイオガスプラントを運営するアミタ(株)様の協力でゴミのことが学べるゴミゼロステーションを設置。実行委員企画として、地元の蔵に眠る不用品をあつめた「古道具市」や、地元の竹で作ったジャングルジムとブランコの「バンブープレイグラウンド」などを設置。大人も子どもも1日楽しんでくれました。駐車場が足りず、入場できずに帰ってしまわれたお客様が多数。今後はなんとか予算を獲得してシャトルバスの運行など解決の方法を探りたいと思います。
開催日時:2018年6月3日(日) 10:00~15:00
場所:南三陸町入谷 ひころの里 野外会場
主催:ひころマルシェ実行委員会
共催:南三陸町ひころの里(入谷ふるさと振興会)
事務局:うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内プロジェクト)
後援:南三陸町、(一社)南三陸町観光協会
協力:アイルーム南三陸、Yes工房、入谷公民館、校舎の宿 さんさん館、(一社)さとうみファーム、(一社)南三陸研修センター、ぴぃす★かんぱにぃ
協賛:アミタ(株)、飯塚電気商会(ステージ太陽光発電)(株)及善蒲鉾店(来場者駐車場)、さかい内科・胃腸科クリニック
来場者数:総数1539人(うち、約600人こども)
出店コーナー: 50
*平成30年度南三陸町「おらほのまちづくり支援事業」補助事業に採択されました。

 

◆◆◆いずみパンさん、「結の里」デビュー◆◆◆
南三陸町役場がある、高台の災害復興団地の一角にオープンした、南三陸町社会福祉協議会が運営する福祉モール「結の里」。こちらで、7月から毎週水曜日に「いずみパン」の販売がはじまりました。このパンは、パン菓子工房ウィ利用者のいずみさんが焼いている、優しい味の手づくりパン。販売は、南三陸町の住民ボランティア組織「ほっとバンク」のメンバーさんが交流ラウンジ「えんがわカフェ」で行ってくださいます。高齢者のみなさん、車のない方々は、高台団地から出て下の商業地に買い物にいくのも難しい状況です。「えんがわカフェ」がみなさんの安らぎスペースになっていきそうです。
http://www.minamisanriku-syakyo.or.jp/mall/index.html

 

◆◆◆学生インターン南三陸へ ブログを更新しました◆◆◆
7月2日から10日間、埼玉大学で社会教育を専攻している若山真子さんが南三陸町のWE事務所にインターンに来てくれました。短い間でしたがありがとう。学生インターンの視点でブログを書いてくれました。南三陸町拠点での活動の様子がよくわかる内容になっていますのでぜひお読みください。
http://womenseye.blogspot.com/2018/07/we.html
7/4 WEの事務所とここで働く女性たち
7/5 女性の仕事相談員 中村雪子さんにお話を聞きました
7/10 活動報告会&説明会レポート
7/11 地域の資源を活用する取り組み「竹くらぶ」
http://womenseye.blogspot.com/2018/07/we.html

 

【WEレポート~非電化工房視察研修】
2017年度に第1期を開催した「WEと一緒に~小さなナリワイ塾」のもとになっている考え方、『月3万円ビジネス』を提唱していらっしゃるのが、工学博士で発明家の藤村靖之さん。お金やエネルギーをかけず、DIY精神とそこそこの技術でつくる豊かな暮らしを体感するテーマパーク「非電化工房」を主宰しておられます。
6月30日、ナリワイ塾第1期の参加者や、小さなナリワイを実践している仲間たちと一緒に、那須にある非電化工房の見学日にあわせて視察研修にうかがいました。
非電化工房のHP http://www.hidenka.net/indexj.htm
水辺に藤村さんが弟子たちといっしょに手造りした可愛らしいアースバッグハウス(土の家)や、ストローベイルハウス(藁と土の家)が点在する気持ちの良い場所。さまざまな非電化発明が生まれるアトリエにもお邪魔しました。
広い敷地内を見学した後、参加者たちから博士への質問が止まりません。交流会での対話では、予定終了時間を大幅にオーバーするなか、たいへん視座の高い文明の話もしてくださいました。WEからの参加者10名、みなそれぞれに背中を押していただいた気持ちになりました。
参加者の感想を紹介します。
「できるかも!という希望が持てた。誰かのお困りごと解決、誰かのための発明が多く、だれでもできるようにという工夫がされており、暮らしが豊かになることにワクワクした。」30代女性
「アングロサクソン文明の『非論理(知らせない)』『分断』『依存』に対して、女性がにない手になる新しい文明は『知ること』『つながること』『自立すること』と聞いて、自分はこのアングロサクソン文明に今までどっぷりだったと気づいた、一部からでもシフトしていきたい」30代女性
「文化、文明が変わるという話を聞いた時に、われわれの世代が変えないと、文化がひらかないと思った」50代女性

 

ナリワイ塾第2期のスタート前に、WEのスタッフにとっても非常に深い学びになりました。
———————————————————————-
〔6~7月の活動報告〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無い物は南三陸町)
*毎週水、第1、第3日曜日は女性のしごと相談日
*毎週金、土はパン菓子工房ouiでWEのパン販売日
◆宮城・東北 (場所の特記が無いものは南三陸町)
6/1 金 ひころマルシェ設営日
6/2 土 ひころマルシェ設営日
6/3 日 ひころマルシェ
6/9 土 コミュニケーションスキルアップ講座@気仙沼その2
6/11 月 刺し子サークルりあんの会
6/13 水 福祉健康まつり実行委員会
6/18 月 ヨガ
6/19 火 赤ちゃんとわたしの井戸端会議
6/20 水 ひころマルシェ実行委員会
6/23 土 コミュニケーションスキルアップ講座@気仙沼その3
6/25 月 りあんの会
6/30 土 ナリワイ塾有志~非電化工房視察勉強会
7/2 月 ヨガ
7/6 金 エンパワーメント事業報告&体験会
7/7 土 歌津夜市出店
7/15 日 うたっこぶるめ出店

 

◆東京、その他
6/9 土 地域のしごとギャザリング
6/15 金 WEの5周年パーティ(会員、賛助会員)
7/9-10 月-火 駒込大観音ほおずき市

 

〔7月以降の活動予定〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無いものは南三陸町)
7/21  土 トークサロン-彼女とワタシのこれから-
7/22 日 コミュニケーション力アップ講座@南三陸
7/22  日 カラダゴト教室
7/23  月 工房利用者向けパンのスキルアップ教室
7/30  月 ヨガ

 

◆東京、その他
7/19(木) 3団体合同 活動報告会@東京
7/18(水) 北海道教育大学函館校(石本)
7/24(火) 人権啓発講演会埼玉(石本)
7/31(火) 人権啓発講演会埼玉(石本)

 

————————————-
〔編集後記〕
6月から、WEの新年度がはじまりました。暮らしの課題や困りごとに敏感な女性のまなざしは、復興の発展期にある地域を元気にしていく力を内に秘めています。今年度のWEの大きな活動方針は、地域に暮らす女性たちの「エンパワメント」に注力すること。カタカナ語で伝わりにくいですが、インターンの若山さんがブログでレポートしてくれているように「自分で考え、自分で選択し、自分らしく生きていくための力をつける」ことだと捉えています。具体的に行うのは、エンパワメントの基礎になる心と体のすこやかさを支える活動、仲間と一緒に学び実践する活動、そのための拠点づくりをソフト面から順に進める活動。こうしたことを7/6の南三陸町での報告会・説明会でお話しました。
たとえば6/19に開催した「赤ちゃんとわたしの井戸端会議」。当初「赤ちゃんとママの井戸端会議」としていたところ、「赤ちゃんを産んで急に『ママ、ママ』と呼ばれすぎて違和感がある」と話してくれた女性がいました、なるほどそうだねと。地域には震災前からの文化的な慣習もありますが、感じたことを考えて言葉にする、丁寧にコミュニケーションする、を積み重ねることは小さいことのようだけれど確実に変化につながっていくのではないかと感じています。
(塩本美紀)

 

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています。FBページのイイね!が2000に到達しました。
みなさんからのいいね!ありがとうございます。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/


2018年3月-5月「WEメルマ!」第44号

2018年3月-5月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第44号————————–————————
名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしております

 

WEが5周年を迎えます、あっという間です。震災直後に任意団体のRQW(RQ被災地女性支援センター)を始めてからだともう7周年です。
この間、東日本大震災の「被災地」の風景の移り変わりをみてきました。この初夏、ようやく仮設住宅が撤去された小学校のグラウンドで運動会が行われました。雲仙普賢岳噴火から20年の雲仙を訪れたときにまだ工事トラックが走り回っていたことに驚きましたが、ホテルでいきいき働く若者たちが印象的でした。「僕らは物心ついたときの仮設住宅から始まって、家や町がだんだんよくなってきたところしか知らないですから」と。子どもたちの歓声は、町の希望です。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】——————————————————————-

 

◆◆◆ひころマルシェ2018初夏~いっぱい走れる子どもあそび場~今週末開催!◆◆◆
おいしい・楽しい・すこやかなくらしをこの土地で。
緑豊かな南三陸町入谷(いりや)「ひころの里」で、オーガニック志向のマルシェも、6回目となりました。今回はなんと、出店コーナーが50を越えました、嬉しい悲鳴です。趣旨に賛同してくれる仲間も徐々にふえ、今回から主催は町内の若者たちを中心とする「ひころマルシェ実行委員会」となりました。WEは事務局として一緒にマルシェの質をさらに高めていきます。
嬉しいことに、今回、町内からの出店がまた増えました。みなさん、ひころマルシェにふさわしく、添加物のない、地元のいい材料を使った手づくりで体にもやさしいメニューを考えてくださっています。
また、事務局の「ゴミゼロ★チャレンジ」企画に、AMITA(株)様がご協力くださることになりました。ゴミからバイオガスをつくるプラント「南三陸BIO」、山や海のサステナビリティ認証など、南三陸町から循環型社会をつくっていく取り組みの最前線をになっておられます。
当日は、バイオガスプラントのデモンストレーションや、ゴミを資源に生まれ変わらせる分別の知恵など、展示・啓発の活動をおこなってくださいます。実行委員会企画では、町内の蔵に眠っている古道具を蘇らせる古道具市や、地元の竹を使った本格的なあそび場づくりなども。

 

おいしいランチ、いっぱい走れる子どもあそび場、太陽光電源のライブステージなどなど、心も体ものびやかにピクニック気分で1日のんびり楽しめます。当日ボランティア、ご寄付、ご協賛も募集を続けています。

 

眺めるだけで楽しくなるイベントのチラシはこちらでご覧いただけます。
http://womenseye.net/event/2732
ボランティア、ご協賛、ご寄付はこちらから
http://womenseye.net/event/2806

 

イベント出店者などの情報はこちらで更新しています
https://www.facebook.com/umisatokurashinolabo/

 

[日時]2018年6月3日(日) 10:00~15:00
[場所]南三陸町入谷 ひころの里野外(宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442)
[主催]ひころマルシェ実行委員会
[事務局]うみさと暮らしのラボ(NPO法人ウィメンズアイ内)
[共催]ひころの里
[協賛]AMITA(株)、飯塚電気商会、及善蒲鉾店、さかい内科・胃腸科クリニック
[後援]南三陸町、(一社)南三陸町観光協会
[協力]入谷公民館、校舎の宿さんさん館、YES工房、(一社)南三陸研修センター

 

◆◆◆WEは5周年を迎えます~メンバー(賛助会員)加入、継続メンバー新年度会費納入のお願い◆◆◆
5月末日でWEの2017年度を終え、6月からの新年度、WEは5周年を迎えます。これから南三陸町の拠点を使って町の女性たち、東北の女性たちと一緒に未来を作る活動を行っていきます。復興支援の時期がだんだん終わり、WEの活動に心を寄せてくださるみなさまの会費、ご寄付が私たちの活動を支えています。
なにとぞ、メンバー(賛助会員)へのご参加をお願い申し上げます。メンバーには、スタッフ交流会等の情報をお届けしております。
詳しくはこちらのページをごらんください。
http://womenseye.net/support

 

◆◆◆速報~7/19(木)夜、3団体合同で、東北の今~現地NPO活動報告会@東京(仮称)開催します◆◆◆
東日本大震災の被災地では、WE以外にも震災後に多くのNPOが立ち上がりました。信頼しあえるNPO同志での連携も進んでいます。今回はWEも常々お世話になっている南三陸町で活動している(一社)さとうみファームさん、女川で活動する(一社)コミュニティスペースうみねこさんとご一緒します。2団体とも、地元のニーズとともに歩みながら、新エネルギッシュに活動しています。WEからは、事務局長の栗林がお話しさせていただく予定です。

 

———————————————————————-
【WEニュース短信】

 

◆◆◆バッパノオト 南三陸で教わる うみの暮らし さとの暮らし 創刊しました◆◆◆
「年寄りの話と茄子の花には無駄がねえ」
~この土地の、この海の、めぐみとともに食と暮らしを育んできた長い年月がありました。今、だんだんに忘れられてしまいそうな風土とともにある食の知恵、暮らしのならわしをバッパ=おばあちゃんたちに教わります~
南三陸町と近隣にお住まいの80歳くらいのおばあちゃんたちに、子供のころのこと、お嫁に来た頃の暮らしのことをうかがう「聞き書き」をメインにした小冊子です。イラストや題字、企画、取材など、町内・近隣の若い女性たちといっしょに作り始めました。1部300円でお分けしております。土地のめぐみや人の力を生かした昔の暮らしはどんなものなのか、ご興味ある方はぜひご一読ください。季刊で発行予定です。
お問い合わせは、info@womenseye.net

 

◆◆◆ナリワイ塾ミニ教室◆◆◆
「WEと一緒に 小さなナリワイ塾」は、2017年度、7月に開講して毎月講座と勉強会を開催してきました。今年度の締めくくりとして、4名が「ミニ教室」と呼ばれる方式で、いま考えている小さなナリワイの種のそのまた一端をモニター体験してもらうという発表会を行いました。自然体験、洋服づくり、心のケア、そしてこだわり食品など、モニターのみんなは「へー!」と感心することしきり。
発表した4人も、みんなのフィードバックからあらたな気づきを得られたそうです。少しずつ少しずつ、前に進んでいます。

 

◆◆◆パン・菓子工房oui利用者の共同販売会を開催しました◆◆◆
週末の金・土に直売を行なっている「WEのパン」以外に、工房利用者さんたちが作っている多彩な商品を知ってもらおうと、はじめての「小さなパン・菓子まつり~菓子工房ouiの共同販売会」を行いました。工房前に立てた竹テントにはWEのパンのほか、ひこばえさん、いずみぱんさん、ここむぎさんのパンとお菓子が並び、常連さんのほか遠くからもパンを求めてお客さんたちが集まって来てくださいました。
こうした「シェア工房」はニーズはあるものの運営の方法が難しく(パン・菓子工房ouiもいまだ発展途上です)、立ち上げを検討している方々からのお問い合わせをいただくこともしばしば。今月は、お隣岩手の一関地域おこし協力隊の方々が視察におみえになりました。

 

◆◆◆ストレスのないコミュニケーション講座、3回の連続講座で開催◆◆◆
WE理事の田浦が認定講師をつとめる「コネクション・プラクティス」の手法をつかって、まわりの人とのコミュニケーションを改善し、より良いつながりを深めていくためのレッスンを3回連続講座で開催しました。自分や相手をみつめるヒント、心を落ち着けるテクニックなどを手にした参加者たちはさっそく生活のなかで実践をはじめたそうです。最終回3回目には、嬉しい報告や感想をいただきました。
コネクション・プラクティスについてはこちらをごらんください。http://rasurjapan.com

 

【WEレポート~南三陸町での女性のエンパワーメント(力をつける)事業~】
南三陸町に事務所をかまえて1年と半分。
この間、
・WEがみやぎ県の「宮城県子育て女性就職支援拠点」となり女性たち対象の相談事業を開始(みやぎ県補助事業)
女性たちが真にいきいき活躍するのに欠かせないレジリエンスを身につけられるよう心と体を整える講座(定期的なヨガ講座、ストレスマネイジメント、コミュニケーションスキル講座など)
東北に暮らす女性たちが震災から今日までの日々をどのように歩み、これからの未来をどう描いていくのか。ゲストの話を聞きながら、参加者と一緒に考えていく「トークサロン」
・小さな一歩を仲間たちと踏み出すための「WEと一緒に 小さなナリワイ塾」
などの活動を行って来ました。
とくに、行動が変わればマインドが変わることに着目し、小さなことでも実践してみること、講座やワークショップで終わりではなく本人が動いてみること、仲間ができること、自主的な動きが起こって続いていくこと、を大事にしています。

 

2018年度はこの場所を単なる事務所ではなく、女性たちが学び、情報を得て、つながっていく「エンパワーメント(力をつける)」の拠点として整え、さらに仲間をつないでいこうとしています。
すでに、竹テントを自作する互助会「たけくらぶ」、ひころマルシェ実行委員会などが、拠点を使って活動の幅を広げています。20代~30代前半の女性たちが、自分たちの困りごとをシェアしあうワークショップも自主開催されました。小さなナリワイ塾の有志で、「月3万円ビジネス」の著者に会いにいく計画もしています。

 

楽しく集まる
仲間ができる
仲間ができると
何かが始まる

 

7/6(金)18:30~、南三陸町の拠点でのエンパワーメント事業を中心とした報告会、体験会を開催します。WEの南三陸町・東北での活動に興味をお持ちの方、ぜひこの機会に南三陸町を訪ねてみませんか? プログラム内容は決まり次第発表いたします。さんさん館へのお泊まりのご相談も承ります。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
〔3月~5月の活動報告〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無いものは南三陸町)
*毎週水、第1、第3日曜日は女性のしごと相談日
*毎週金、土はパン菓子工房ouiでWEのパン販売日
*第1、第3月曜日はヨガ教室、毎週月曜日(不定休)で、刺し子サークルリアンの会@歌津
3/2   金  ナリワイ塾ミニ教室
3/4  日  LAアカデミー参加者報告会@福島
3/8   木  仙台国際女性デーイベント(石本)
3/14 水  LAアカデミー参加者報告会@北上
3/18  日  木工講座中級 南三陸杉のスツール
3/20  火  ストレスのないコミュニケーション講座第1回
3/21  水  パン・菓子工房oui利用者の会
3/24  土  LAアカデミー参加者報告会@花巻
3/31  土  LAアカデミー参加者報告会@陸前高田
4/13  金  LAアカデミー参加者報告会@石巻
4/14  土  トークサロン第1回:ゲスト鎌田千瑛美さん(高校教員)
4/17  火  ストレスのないコミュニケーション講座第2回
5/12  土  パン・菓子工房oui利用者の共同販売日
5/12  土  トークサロン第2回:栗林美知子(WE事務局長)
5/14  月  ストレスのないコミュニケーション講座第3回
ひころマルシェ準備DAY ガーランドづくり
5/15  火  ひころマルシェ説明会、準備DAY
5/17  木  一関地域おこし協力隊工房視察
5/19  土  コミュニケーションスキルアップ講座@気仙沼その1
5/20  日  ひころマルシェ説明会、準備DAY

 

◆東京、その他
3/2  金  JPモルガン報告会(石本、田浦、LAアカデミー参加者3名)
3/5  月  アメリカ大使館イベントスピーカー(石本)
3/11 日  ピースオンアース@日比谷出店
3/15 木  FEW Talk session(石本)
3/24-25 土-日  三陸ワカメまつり
4/22 日  アースデイ東京
5/15  火  WE臨時総会午前中
5/24  木  東京・ワーカーズコレクティブ総会で販売会
5/27  日  埼玉・ピーチムーン祭で販売会

 

〔6月以降の活動予定〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無いものは南三陸町)
6/1    金  ひころマルシェ設営日
6/2    土  ひころマルシェ設営日
6/3    日  ひころマルシェ
6/9    土  コミュニケーションスキルアップ講座@気仙沼その2
6/10  日  コミュニケーション力アップ講座@南三陸
6/23  土  コミュニケーションスキルアップ講座@気仙沼その3
6/30  土  ナリワイ塾有志非電化工房視察勉強会
7/7   土  エンパワーメント事業報告&体験会
7/8   日  コミュニケーション力アップ講座@南三陸
7/22  日  コミュニケーション力アップ講座@南三陸

 

◆東京、その他
7/19(木) 3団体合同 活動報告会@東京
7/18(水) 北海道教育大学函館校(石本)
7/24(火) 人権啓発講演会埼玉(石本)
7/31(火) 人権啓発講演会埼玉(石本)

 

————————————-
〔編集後記〕
春はあけぼの……よりはむしろ、ワカメ。東京での「三陸ワカメまつり」もだんだん恒例化してきました。5月も終わりに近づき、ワカメの浜の忙しさもひとやま超えたところです。
この春、平成の森仮設のみんなのお茶飲み場「あずまーれ」がお別れ会を行いました。朝一番のワカメの作業を終えたおばあちゃんたちとお茶飲みした場所。ここでたくさんのつながりが生まれました。
一方、4月の終わりには、町のまんなか、災害公営住宅と防集団地の便利な場所に、デイサービスを中心に町の福祉関連のコミュニティが集う「結の里(仮称 ささえあいモール)」が誕生しました。これまでシニアの暮らしを支えてきた町の社会福祉協議会で活躍する女性たち、そして、これから町をつくっていく一員として役にたちたいと願う女性たちみんなの力をあつめて復興の町で暮らす幸せをつくっていこうと、この場所をいかそうと話し合いを続けています。WEもNPOとして、町の未来をつくっていく地元の女性たちと一緒に歩んでいます。
(塩本美紀)


2017年12月-2018年2月「WEメルマ!」第43号

2017年12月-2018年2月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第43号————————–————————
名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしております

 

2018年最初のメルマガです。震災から7年目の春が来ます。
東京でも東北でも、行事の多い時期にシーズンになりました。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】——————————————————————-

 

◆◆◆今年も開催します~三陸ワカメまつり@上野桜木あたり◆◆
恒例の、WEの東京での活動展です。
南三陸町に拠点を移して1年。土地のめぐみ、海の恵み、人の優しさに感謝しながら「自然とともに生きる知恵」を教わっています。震災から7年。見て、食べて、話して、東北の今を感じ、東北とつながってみてください。南三陸のスタッフもかけつけます。
今年はなんと、南三陸で開催しているひころマルシェでおなじみの竹テントや、南三陸杉のテーブル、ひころ屋台も出動しますよ。

 

3月24日(土) 11:00~17:00  25日(日) 11:00~16:00
会場 上野桜木あたり (東京都台東区上野桜木2-15-6)
詳しくはHPをご覧ください。
詳細情報はFacebookのイベントページにあげていきます。
https://www.facebook.com/events/805748022883054/

 

*       ボランティア募集!
準備DAY、当日の設営、販売、片付などお手伝いくださる方大募集。info@womenseye.netまでご連絡ください。

 

◆◆◆311 未来へのつどい Peace On Earth@日比谷公園 出店します!◆◆◆
東京・日比谷公園で行われる、東日本大震災の追悼イベントに出店。パン菓子工房ouiのパンなど販売します。今年も献花台が用意されています。ぜひ、お花を1本お持ちください。
[ステージイベント]C.W.ニコル、ズクナシ、ラビラビ 、ウォン・ウィンツァンほか

 

3月11日(日) 11:00~18:00
会場 日比谷公園 芝生広場・噴水広場周辺
http://peaceonearth.jp/

 

◆◆◆ハッピーウーマンシンポジウム@仙台◆◆◆
3月8日は国際女性デー
全国各地で女性の生き方を考えるイベントが開催されています。宮城会場で開催される「ハッピーウーマンシンポジウム」に代表の石本がパネリストとして参加します。当日は午前中からフェスタやマルシェも盛り沢山な内容です。お近くの方、ぜひご参加ください。

 

3月8日(木) 19:00~20:30
会場 エル・ソーラ仙台(仙台市青葉区中央1-3-1アエル 28-29階)
詳しくは主催者HPをご覧ください。
https://hwmiyagiinfo.wixsite.com/happy-woman-miyagi

 

◆◆◆3/1~3/8 女性の健康週間 期間中のWEのイベント◆◆◆
3/3のひな祭り、3/8の国際女性DAYと、女性がフィーチャーされる3月1週目。厚生労働省が定める「女性の健康週間」でもあります。
さんさん館でおこなっている平日のヨガ教室に参加したいけどできない、という方のために、3/3に朝ヨガをしてさんさん館での美味しいブランチをいただく「気持ちの良い朝をヨガでスタートしよう」開催します。また、3/4のひころの里でのシルクフラワーフェスタでは女子の心と体にきく温かいお飲み物とパン、天然素材の草木染めワークショップを開催します。

 

———————————————————————-
【WEニュース短信】
◆◆◆[うみさと暮らしのラボ]木工講座中級編、南三陸杉のテーブルを作りました◆◆◆
大工の佐藤工務店さんに教わって南三陸杉のマルシェテーブルを制作しました。定員を上回る10人が参加。10人中8人が女性で、小さいお子さんを持つママも多かったため、託児を用意し、子どもたちには「ひころの里」でおばあちゃんたちにまゆ細工を教わるなどして遊んでもらいました。今回、材料にはFSC認証の南三陸杉を使い、地域の資源について参加者も理解を深めました。「普段こういった講座に子どもがいてなかなか参加できなかったが、託児があり助かった」「南三陸の入谷という土地が好きになった。人があたたかく、自然の中にいると落ち着く。また来たい」と、寒い1日でしたが参加者にも楽しんでもらえました。
南三陸杉について
http://yamasagozain.com/minamisanrikusugi.php

 

◆◆◆[うみさと暮らしのラボ]竹の最盛期、竹テントマスター養成講座行いました◆◆◆
ひころマルシェでも好評な「竹テント」、さらに女性が扱いやすくするため、軽ワゴンに積める小さいサイズのテントを作りました。講師は竹の達人、NPO法人トージバさん。WEのスタッフもいれて10名でばっちりマスターし、これから竹テント活動をますます広げていきます。

 

◆◆◆[WEと一緒に小さなナリワイ塾]の参加者が動き始めています◆◆◆
今年の7月にスタートした「WEと一緒に小さなナリワイ塾」、鶴岡ナリワイプロジェクトによる2回の講座、参加者による勉強会などを続けてきました。参加者たちの小さな実践がはじまっています。12/22には、さんさん館でのオーダーメイドカフェ構想のトライアルとしてカフェイベント、そして2/4の立春にはさんさん館の校舎内でのウェディングをテーマにした「はるまちマルシェ」など、こだわりの企画が好評を博していました。

 

【WEレポート~グラスルーツ・アカデミー東北2018 in LA~】

 

2月4日より一週間、米国ロサンゼルスに研修へ行って参りました。岩手・宮城・福島の地域で活動している若手女性10名が参加し、東北での活動の発表、交流、視察、講義など多様な学びの場を経験してきました。ロサンゼルス市役所や市議会、赤十字などの訪問では、災害の実体験やその後の復興支援の実態をスピーチ。またリーダーシップやNPOの戦略的計画についての講義を受け、自らの人生や活動について深く考えたり。地域で社会事業をされている団体を訪問し、東北と共通の課題を認識するとともに、自分たちが活動している価値を新しい角度から評価することもできました。社会的に価値のある事業を継続するための様々なヒントを得、大きく成長して帰国いたしました。この研修は正式には「TOMODACHI東北グラスルーツ・リーダーシップ・アカデミー」と称し、TOMODACHIイニシアチブを通じてJ.P.モルガン様に協賛いただいています。
(田浦佐知子)

 

毎日の速報をレポートにあげています。詳しくはこちらをご覧下さい。
http://womenseye.net/report/2673

 

これから東北の各地で続々と報告会が行われます。参加者の感じたこと、心の変化、ナマの声をぜひ聞いてください。

 

◆鈴木歩・笠原寛子 気仙沼
2月27日(火) 18-20時 SUNNY DAY
https://www.facebook.com/events/1986692328318678/
要予約 定員15名 1000円

 

◆鎌田千瑛美・菅野瑞穂 福島市
3月4日(日)10-12時 椏久里コーヒー
https://www.facebook.com/events/523501871355096/
要予約 定員15名

 

◆瀬川加織
3月20日(火)10:30~12:00 いわて連携復興センター

 

◆佐藤美代子
3月24日(土)13時半~ 花巻市花北振興センター講義室1
https://www.facebook.com/events/163458167641909/

 

◆板林恵
3月31日(土)午前 箱根山テラス
ワンドリンクオーダー制

 

———————————————————————-
〔12月~2月の活動報告〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無い物は南三陸町)
*毎週水、第2、第4日曜日は女性のしごと相談日
*毎週金、土はパン菓子工房ouiでWEのパン販売日
12/11 月 刺し子サークルリアンの会@歌津
12/13 水 アカデミーコミュニティアクション「一歩を踏み出したい女性へ」@福島市(協力:JEN)
12/14  木 ささえあいモール住民検討会
12/18 月 ヨガ@さんさん館/竹切りWS
12/22 金 アカデミーコミュニティアクション「在宅ワーク」@仙台市(協力:JEN)
12/24 日 JA暮の市
12/27 水 アカデミー「ジェンダー基礎知識」オンライン研修(協力:JEN)
1/13 土 ストレスマネイジメント講座(気仙沼)
1/14 日 ファイナンシャルプランナーに教わる講座「お金の悩み、どうしてる?」
1/15 月 刺し子サークルリアンの会@歌津、ヨガ@さんさん館
1/28 日 木工講座中級~マルシェテーブル
1/29 月 ヨガ@さんさん館
1/31 水 草木染めワークショップ(大正大学)
2/4 日 はるまちマルシェ@さんさん館
2/5 月 刺し子サークルリアンの会@歌津
2/10-11 土-日 竹テントマスター養成講座2018
2/19 月 刺し子サークルリアンの会@歌津/ヨガ@さんさん館
2/24 土 更年期講座
2/25 日 ストレスマネイジメント講座

 

◆東京、その他
1/13 土 大阪・トライセクター・リーダーシップ研修講師(石本)
1/22 月 WE中長期運営ミーティング
1/27 土 「あたりの日」出店
2/1 木 あい基金公開プレゼンテーション(栗林)
2/4-12 グラスルーツ・アカデミー東北2018 in LA
2/24 エセナおおた防災セミナー講師(石本)

 

〔3月からの活動予定〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無い物は南三陸町)
2/26 月 ヨガ@さんさん館
3/2 金 ナリワイ塾発表会「ミニ教室」
3/3 土 気持ちのよい朝をヨガでスタートさせよう
3/4 日 シルクフラワーフェスタ出店
3/8 木 仙台国際女性デーイベント
3/14 水 あずまーれ(平成の森仮設お茶のみ場)お別れ会
3/18 木工講座中級編? 南三陸杉でおしゃれなスツールをつくろう

 

◆東京、その他
3/2 金 ロサンゼルス報告会@J.P.モルガン(社内向け)
3/5 月 アメリカ大使館イベント スピーカー(石本)
3/11 土 日比谷公園Peace On Earth出店
3/15 木 FEWトークセッション スピーカー(石本)
3/24-25 土-日 三陸ワカメまつり

 

————————————-
〔編集後記〕
木工講座のあと、参加者の女性が嬉しい報告をくれました。家に持ち帰ったテーブルを見て、日曜大工好きだったお父さんが、ホームセンターで道具を買ってきて毎日磨いてくれたそうです。病気で体が思うように動かず家から出なくなっていたのに、刺激になってヤル気スイッチが入ったようです、家族も喜んでくれてありがとうと。こうしたちょっとした波及効果ってなかなか計れないものですが、地域や暮らしにとってはとても大事なことだと思います。
(塩本美紀)

 

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています!FBページのイイね!が2000に到達しました。
みなさんからのいいね!ありがとうございます。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/


2017年10月-12月「WEメルマ!」第42号

2017年10月-12月
特定非営利活動法人ウィメンズアイ WEメルマ! 第42号————————–————————
名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしております

 

メルマガ発行に少し間があいてしまいました。商店街、団地、スーパーマーケット。復興の町の目に見える姿が本格的に南三陸町に現れてきた2017年も暮れに近づいています。この12月9日に、三陸道が歌津インターまで開通。そして、歌津の小学校中学校の校庭からついに仮設住宅が撤去され始めました。2018年、春が来れば震災後に生まれた子たちが小学1年生になる年です。この年月を土地に語り継ぐ「ことば」をつむぐことの重さを感じます。

 

*当メルマガの配信が不要な方、アドレスの変更が必要な方はお手数ですが、info@womenseye.netまでお知らせください。

 

【お知らせ】——————————————————————-
◆◆◆[南三陸町、気仙沼市の方へ]~女性のしごと 相談窓口スタートしました◆◆◆
自分に向いているしごとってなんだろう?
働きに出たい気持ちはあるけれど、仕事と子育てが両立できるか不安でいっぱい。しごとをめぐる人間関係で悩んでいる。この先のこと、どうしよう。などなど。
心に抱えているものを安心できる場で話してみませんか。専任の相談員が無料で対応します。
電話相談 利用時間: 毎水曜日 13:00-18:00
第1・第3日曜日 10:00-13:00
TEL 080-9256-0035(相談窓口専用)
対面相談も可能です、まずはお電話でご予約ください。電話相談利用時間以外にも応じますので、希望日時をお伝えください

 

[相談員]中村雪子さん(産業カウンセラー/コミュニケーションスキルアップ講師)
2男2女のお母さん。4番目のお子さんが小学5年生にあがる時、専業主婦から心理学を学び始め、現職にいたる。4人の子育て経験とコミュニケーションのスキルを持って、女性や若者のカウンセリング、サポートを行っています。
*本事業は、宮城県子育て女性就職支援拠点育成補助金(本吉・気仙沼圏)を活用して実施しています

 

◆◆◆NPO法人ウィメンズアイ年末年始休暇のお知らせ◆◆◆

 

今年も残り少なくなりました。NPO法人ウィメンズアイは12/29~1/4まで年末年始休暇をいただきます。
———————————————————————-
【WEニュース短信】
◆◆◆第2のふるさとカフェ 事業評価を学ぼう◆◆◆
第2のふるさとカフェ in 南三陸は、NPO法人bondplace小笠原祐司さんにファシリテーションをお願いし、U・Iターン者、2拠点生活者、地域の若者を集めた交流と学び、スモールステップを踏み出す場として2013年にはじめた活動です。今回は少し趣を変えて、11月、12月の2回にわたり自分たちが現在行っていることのロジックモデルを見直し、社会的な評価を測る方法を学ぶワークショップを行いました。福祉や教育など町内外で活動するさまざまなセクターの方にご参加いただきました。参加者からは「革命的!」との声も。震災後、始めたこと、続いていることの振り返りが重要な時期に来ています。
協力:南三陸deお買い物

 

◆◆◆さんさん館でのヨガ、はじまっています◆◆◆
女性のカラダと心を整える「ヨガ」クラスを、ヨガノバさんとさんさん館のお部屋でおこなっています。参加をご希望の方は info@womenseye.net までお問い合わせください。

 

◆◆◆智頭町視察に参加させていただきました◆◆◆
WEの事務所のほか、パン菓子工房oui、ひころマルシェを開催する「ひころの里」そして、まなびの宿「いりやど」、校舎の宿「さんさん館」を擁する南三陸町入谷地区。この地区でのさらなる交流人口アップと活性化のため、入谷交流促進協議会が事務局となって11/14-16に鳥取県智頭町の視察が行われ、ウィメンズアイからも「ひころマルシェ」等を担当するスタッフ中島が参加させていただきました。中山間地の過疎地でありながら、地域の資源を生かした取り組みをこの20年間続け成果をあげてきた智頭町の取り組みは、バックグラウンドや規模は違えど「みたき園」をはじめてとした訪問地での「おもてなしの心」が素晴らしかったことが、参加一行による報告会で地域のみなさんに伝えられました。さっそくこの視察に刺激を受けた動きがはじまっています。

 

◆◆◆理系男子、理系女子と考える未来の働き方◆◆◆
12月3日(日)、東京理科大学主催の女性活躍シンポジウムに、衛星から流れ星を流す会社を起業した岡島礼奈さん、ウィ代表の石本めぐみ、グローバルなコンサルティング会社を起業したJunko Nagaoさんの3名が登壇しました。午後のディスカッションでは、参加者80名の半数を占めた若い男子の視点からの発言も飛び交いました。工学系の学部では女子が12%など理系女子がこんなにも少ないことへの疑問や自分たちがそれに対して何ができるかの提案、未来のパートナーとは仕事も家事も子育ても一緒にやりたい、社会に出た時に女性が活躍できない社会は男子に求められる責任も平等じゃないなどの発言が相次ぎました。大学生と高校生の女子たちも、若い世代の自分たちが未来をつくっていく、女性が活躍するには男性も家事をしてリスクの分散が必要など、自ら挙手をしてしっかり発言していました。副学長の向井千秋さんからは、医師から宇宙飛行士に挑戦した自らの体験から「If you can dream it, you can do it.(夢を描けるなら実現できる)」との言葉が送られました。若い世代の感性にワクワクしました!
————————————————————————
【WEレポート~グラスルーツ・アカデミー東北 in 岩手】
「グラスルーツ・アカデミー東北」は、東北3県:岩手・福島・宮城の次世代を担う女性たちが集い、学び合い、ネットワークを構築する場です。今回は、10月27日(金)から29日(日)までの3日間、盛岡と花巻で開催しました。今回のテーマは「チームづくり」です。
〈1日目〉
開始早々、体験型のチームビルディングに挑戦しました。はじめて会ったとは思えない結束力で不可能と思える課題に愕然としながらもチームで頭脳と身体すべてを使って取り組みました。これまで以上に多様な分野の参加者が集まり、熱量の高さに部屋が暑いほど。会場は盛岡市の南昌荘(なんしょうそう)です。明治の邸宅で調度品もすべてが非日常、お庭も見事でした。夕方からはコワーキングスペースArukokoに場所を移し、組織の中の行動特性について学びました。
〈2日目〉
朝から参加者全員の活動紹介です。一人3分で相手に伝わるよう活動アピールをするのにみんな緊張の面持ち。でも、リピーター参加者はさすがのプレゼンのうまさが引き立っていました。今回の多様な参加者全員の活動内容にみんな興味津々でした。
午後の講師は、盛岡で「あすからのくらし相談室」を運営しているNPO法人くらしのサポーターズの吉田直美さんです。生活困窮者支援に携わる中から、社会を変える活動に大事な心の持ちようについて学びました。
〈3日目〉
最終日は花巻に移動、このアカデミー参加者の先輩格である佐藤美代子さんが代表を務める[まんまるママいわて]を訪問し、震災後の活動から、今の組織と岩手県初の産前産後ケアハウス「まんまるぽっと」開所に至るまでのプロセスをお聞きしました。組織とはイコール人間関係、苦労や苦難、悲しみや辛さがたくさん詰まっての今だということを、笑いと涙を挟みながら教えていただきました。
その後、花巻で初めてのコワーキングスペース〈co-ba花巻〉へ。このスペースを作り、花巻駅前全体をリノベーションするという活動をされている小友康広さんから[花巻家守舎]についてプレゼンをしていただき、また違う刺激をいただきました。
最後に、この3日間でそれぞれが何を得たのかをふりかえり、仲間とシェア。明日から日常へ戻ることに不安だとの声に、ベテラン層から「大丈夫、絶対に元には戻らないから。自分では気づかなくても成長している」と勇気をもらって終了しました。
今回の成功も多くの方のつながりに支えられたおかげです。深く感謝申し上げます。

 

あすからのくらし相談室・盛岡 http://yorisoi.jp/mr/
まんまるママいわて http://manmaru.org/<br>
花巻家守舎 https://www.facebook.com/hanamakiyamorisha/
———————————————————————-
〔10月~12月の活動報告〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無いものは南三陸町)
10/16 月 アカデミー治部れんげさんコミュニケーション講座、ヨガ
10/18 水 WEBセミナー 被災者生活支援センター打ち合わせ
10/19 木 小さなナリワイ塾講座2
10/21 土 伊豆沼恵の感謝祭草木染め出店
10/22 日 wawawa(親子でプログラミング体験)
10/25 水 JICAダイバーシティーマネジメント(仙台)/第2のふるさとカフェ/セールスフォースWEBセミナー受講
10/27-29 金-日 グラスルーツ・アカデミー東北 in 岩手
10/30 月 リアンの会、ヨガ@さんさん館
11/1 水 女性のしごと相談日/ナリワイ勉強会
11/6 月 ヨガ@さんさん館
11/8 水 女性のしごと相談日/第2のふるさとカフェ
11/9 木 雄勝花物語草木染WS開催(中島)
11/10 金 うみさと暮らしのラボコンセプトmtg
11/12  日  ひころそばまつり出店
11/13 月 刺し子サークルリアンの会
11/15 水 女性のしごと相談日
11/18 土 ストレスマネイジメント講座
11/20 月 ヨガ@さんさん館
11/21 火 JICA研修受け入れ
11/22 水 女性のしごと相談日
11/26 日 防災ダボス会議(石本参加)
11/27 月 刺し子サークルリアンの会、智頭町視察報告会@ひころの里
11/28 火 パンのスキルアップ講座
11/29 水 女性のしごと相談日/カフェのはじめかた講座/ほっとカフェ(試行)パン販売/トリシア・ワクテンドルフ教授(デラウェア大学災害研究センター長)宮城県視察受入(石本)
11/30 木 東北学院大学地域共生推進機構主催第5回CSW公開研究会「コーディネーターが走る!」ポスターセッション参加(栗林)
12/2-3 土-日 職人さんに教わる漆喰WS
12/3 日 女性のしごと相談日
12/4 月 ヨガ@さんさん館
12/5 火 「しんきんの絆」復興応援プロジェクト第4回助成_完了報告会 (塩本、栗林)
12/8  金 日本NPOセンター主催研修「参加」を生み出す力を身につける (栗林)
12/9 土 プラネタリウム(星つむぎ村)
12/10 日 wawawa(クリスマスリース・オーナメントづくり)
12/11 月 刺し子サークルリアンの会@歌津
12/13 水 アカデミーコミュニティアクション「一歩を踏み出したい女性へ」@福島市

 

◆東京、その他
10/19 木 治部れんげさん、中小機構サイト向け取材(石本)
10/20 金 TOMODACHI Metlife(石本)
10/21 土 熊本県男女共同参画センター研修講師@大田区立男女共同参画センター(石本、田浦)
10/22 日 芸工展 「パンと海藻」
11/9 木 大阪 民博 現代手芸研究会(塩本)
11/11 リーダー養成講座講師@埼玉県男女共同参画推進センター(石本)
11/16 リーダー養成講座講師@流山市生涯学習センター(石本)
11/19 日 現代手芸研究会@大阪 国立民族学博物館(塩本)
11/21 火 LAアカデミー面接
11/23 木 哲学堂復興チャリティイベント出店
11/24 金 meet Ayako night/LAアカデミー面接
11/25 土 上野桜木あたり あたりの日出店
11/28 火 ジョンソン&ジョンソン主催NPOネットワーキング(石本参加)
11/30 木 麗沢大学NPO/NGO論講師(石本)
12/1 金 復興庁(石本)
12/2 土 JWL報告会(石本)
12/3 日 東京理科大学女性活躍シンポジウムパネリスト(石本)
12/4 月 熊本・益城町でのお話会(石本・田浦)
12/5 火 熊本・西原村でのお話会(石本・田浦)

 

〔12月からの活動予定〕
◆宮城・東北 (場所の特記が無い物は南三陸町)
12/14  木 ささえあいモール住民検討会
12/17 日 女性のしごと相談日
12/18 月 ヨガ@さんさん館/竹切りWS
12/22 金 アカデミーコミュニティアクション「在宅ワーク」@仙台市
12/24 日 JA暮の市
12/27 水 アカデミー「ジェンダー基礎知識」研修オンライン
12/29 金 WE年末年始休暇
1/5 金 仕事はじめ
1/13 土 ストレスマネイジメント講座(気仙沼)

 

◆東京、その他
1/13 土 大阪・リーダーシップ研修講師(石本)
2/1-2/12 グラスルーツ・アカデミーLA研修
————————————-
〔編集後記〕
地域の資源を活用するWEの「うみさと暮らしのラボ」プロジェクト。リノベ講座の一環で、いまWEの事務所となっている旧林際小学校音楽室の壁に漆喰を塗るワークショップを開催しました。講師として来てくださったのは、山形市で5代目を数える老舗の左官屋さん。素材としての漆喰の素晴らしさ、そして、かつての日本家屋がいかに「ゴミを出さない」循環のなかにいたのかを教えていただき、昔の人たちの暮らしの知恵に感服することしきりでした。
自然素材の壁に包まれ、心なしか空気もすっとさわやか、よい「気」が流れ始めたように思います。悩みがある人、動きたい人、もやもやした人、はじけたい人。いろんな「人」が集い、力を得る場所にしたい、そんな願いもなんだか叶いそうな予感がしています。拠点づくりはまだまだこれからですが、ぜひ、発展途上のWE拠点をのぞきに来てみてください。
(塩本美紀)

 

特定非営利活動法人ウィメンズアイ(WE)/Women’s Eye
〒986-0782 宮城県本吉郡南三陸町入谷山の神平10-1
http://womenseye.net/
info@womenseye.net
facebookで情報発信しています!FBページのイイね!が2000に到達しました。
みなさんからのいいね!ありがとうございます。
https://www.facebook.com/Womenseye20130604/